第10代 祟神天皇 (すじん)地図

開化天皇(第二皇子)
伊香色謎命
誕生148年(開化10年)
御名・異称御間城入彦五十二瓊殖尊・御肇国天皇
皇后━━
立太子130年(開化天皇28年)1.5 
即位97年(祟神天皇元年)1.13  在位年数…67
崩御30年(祟神天皇68年)12.5  年令…119
皇居磯城瑞籬宮  年号━━
○これまで天照大神大国魂神を宮中の大殿に祭っていたのを、神の勢を恐れて、
天照大神を大和の笠縫邑に豊鍬入姫命に託し、大国魂神は淳名城入姫命に託して
お祭りをさせた。
しかし国内に疫病が流行し、茅原(桜井市)で八百万神を集め占った結果、託宣を受け、
国は治まった。
この時の巫女が倭迹迹日百襲姫命であり、古代社会における祭政一致の原型といえる
ものである。

○孝元天皇皇子の大彦命(おおびこのみこと)を北陸道、
その子の武淳川別命(たけぬなかわけのみこと)を東海道、
開化天皇の
孫丹波道主命(たんばのみちぬしのみこと)を丹波道、
孝霊天皇の皇子吉備津彦命(きびつひこのみこと)を西海道(山陽道)に、
憲(法)を四方に知らしめる目的で、それぞれ遣わされた。
いわゆる四道将軍である。そして、教えに従わなければ伐てとの命も発し、
天皇の地位を明確に周知させ、四道の統治をも目的としたものである。

○池溝を堀り、田畑に水を引いて農産物の増収を図り、農業に力を注ぐとともに、
初めて船を造る等事跡も多く残している。

天皇と宮の名⇒⇒⇒
天照大神、伊勢へ⇒⇒⇒
大国御魂神⇒ 
天照大神⇒
檜原神社⇒ 
穴師坐兵主神社⇒
大神神社⇒ 
豊鍬入姫宮⇒
崇神天皇⇒ 
垂仁天皇⇒
大和神社⇒
箸墓古墳⇒
大直禰子神社⇒ 
 
陵墓山辺道勾岡上陵(柳本行燈山古墳)  前方後円墳・堀
所在地奈良県天理市柳本町字アンドウ
○御陵は、竜王山西麓の緩斜面に立地し、西北面する前方後円墳で、
前方部の比較的短い柄鏡式の墳形を示し、三段築成である。
全長約242m、後円部径最大約158m、高さ30m、前方部幅102mの規模である。
葺石(古墳の外装)の存在が認められ、埴輪については未詳であるが、
存在は確実である。
後円部頂上に径約13mの盛土状高まりがあり、ここに主体部の存在が推定できる。
東接して所在する櫛山古墳が、竪穴式石室に長持形石棺を内蔵する古墳であることから
同様の主体部構造である可能性が高い。

○墳丘周囲の水濠は段々となり、墳丘が丘尾切断式であるので、
周濠は後世に付加されたと推測される。周濠幅が一定せず、前方部正面水濠内
に小円墳が存在するのは陪墳であり、西接南面する陪墳の前方部の一部を破壊して
外堤を築造している点も理由になる。

○西方約100mに、道路切断された天神山古墳がある。木棺内に多量の銅鏡と朱が
副葬されていた。

1850年(嘉永3年)の濠の改修工事中に、
内行花文が表現された特殊銅板が発見され、現在その拓影が宮内庁に保存されている。
陪墳を有し、三段築成の巨大前方後円墳であるから、大王墓である可能性が強く、
祟神天皇は実在天皇の最初の人と従前から指摘されている。


古墳⇒⇒⇒

陵墓に眠るのは誰⇒⇒⇒

 水濠は段々になっており、
土手の上にも水濠がある。
 江戸時代天皇陵の整備の名のもとに、
柳本藩は補助金を得て堤を築き、
農業用水として利用できる構造にした。
 陵は山の高台(傾斜)を利用して築かれている
ため、水豪の途中に、
仕切りとしての役目の土手を築かなければ、
構造上水の確保が難しい。
   
 水濠に浮かぶ陪塚?  左から、アンド山古墳、行燈山古墳(崇神天皇陵)櫛山古墳

三輪王朝
 崇神、垂仁景行の三帝は三輪山麓に宮居したところから、三輪王朝と呼ぶ。そして崇神の御名をミマキイリビコ、垂仁帝をイクメイリビコと言い、
皇子・皇女にイリビコ・イリヒメと入(イリ)のつく御名が多いところから、イリ王朝とも呼ぶ。この家系は第14代仲哀天皇で応神天皇(河内王朝)
へバトンタッチする。


崇神天皇陵 櫛山古墳 アンド山古墳 南アンド山古墳
 動画     崇神天皇陵⇒⇒⇒
 崇神天皇陵から景行天皇陵へ⇒⇒⇒
  全動画⇒⇒⇒    天理から桜井の順⇒⇒⇒





















,