鞍馬寺地図

木の根道
 このあたりの地質は、主に砂岩であるが、岩脉が貫入し、
その熱によって砂岩が硬化し風化しにくくなっている。
 そのため、此所に芽生えた杉の根が地下へのびることができず、
地表に近いところに根を張ってこの珍しい景観をつくっている。
 「木の根道」といわれて、くらま山の名所の一つとなっている。 
 伝説によると、この辺りで牛若丸は天狗から兵法を教わった。
 鞍馬寺は洛北鞍馬山(570m)に伽藍を備える平安京鎮護の寺である。
中尊の毘沙門天が手をかざすのは山上から帝都を偵察する所作とされる。
祭神 大己貴命 少彦名命
 木の根が張り巡らされているその先に
魔王堂がある。
 僧正ガ谷は、源義経が天狗に兵法を習ったというところで、修験者、呪術師の修行の地でもある。
 洛北の奥深くにある鞍馬山は、神秘の山と崇められている。鬱蒼とした大杉が繁る。
 延暦15年(796)に桓武天皇の勅願により平安京の北方守護の寺として鞍馬寺が創建された。
 本尊は毘沙門天(びしゃもんてん)で、平安京を見つめ守護している様子である。
 由岐神社(ゆき)は、地震などの天災や平将門の乱で騒然としていた天慶3年(940)、
朱雀天皇は都の鎮魂のために御所に祀られていた由岐大祭神を鞍馬に移した。
その遷座の行列は、道中にかがり火を焚き、鴨川の葦でつくった松明で、1キロにおよぶものだったという。
この雄壮さに感激した村人が、この模様を後世に伝えようとはじまったのが、鞍馬の火祭りである。
 由岐神社に伝わる「鞍馬の火祭」は京都三大奇祭の一つ。
氏子の男性らが巨大なたいまつかつぎ「サイレイヤ、サイリョウ」のかけ声が響く。
平安時代に御所から祭神を迎えた時の様子を伝えるものとされている。
10月22日午後9時ごろから、大きなもので長さ4m、重さ100kgもある松明が鞍馬寺の山門前に勢ぞろいする。
 おこり病を患った光源氏が、治癒のために参籠した北山の寺は、鞍馬寺がモデルという説がある。
光源氏はその北山で、雀の子のことで泣きじゃくるような、あどけなく美しい少女を目の当たりにする。
これが、光源氏の最愛の妻となる紫上との出会いであった。
 ここにある木の根道は、地盤が固くて木の根が地表から浮いている。
光源氏は北山でみかけた少女と暮らしていた尼が没したことを知り、少女と乳母を強引に二条院に連れて行く。
 大雲寺⇒⇒⇒
毘沙門天吉祥天善弐師童子(国宝 木造 橡くぬぎ 檜)
 
 鞍馬寺西門へ

護国の寺⇒⇒⇒