白毫寺(びゃくごうじ)地図  

本堂 宝蔵 御影堂
真言律宗

 勢至菩薩
 観音菩薩
 聖徳太子二歳像
 本尊 阿弥陀如来坐像(重文)
 地蔵菩薩立像(重文)
 伝・文殊菩薩坐像(重文)
 司命・司録像(重文)
 閻魔王天坐像(重文)
 太山天坐像(重文)
 興正菩薩叡尊坐像(重文)
空慶上人を安置
 当寺の草創については、天智天皇の御願によるものがあるが定かでない。
また、志貴皇子(天智天皇の第7皇子)の山荘を移して霊亀元年(715)に建てられたとも伝えられる。
 都が奈良から京都へ遷るにつれ、寺もおとろえたが、鎌倉中期に西大寺真言律宗をおこし、多くの寺を復興、
またさまざまな社会事業に関わった興正菩薩叡尊が当寺を再興・整備したとされる。
弘長元年(1261)、叡尊の弟子道照が宋より大宋一切経の摺本を持ち帰り、一切経転読の基を開いた。
一切経は墓地さえも与えられなかった奈良庶民の菩提をとむらった。以来当寺を一切経寺と呼ぶようになり、
4月8日の法要を、「寒さのはても彼岸まで、まだあるわいな一切経」ということわざがうまれ、
付近は奈良庶民の墓所となっていまにつづいている。
 白毫とは仏の眉間にあり光明を放つという毛のことであり、寺号はそれにちなむものと思われる。
再興 空慶上人、江戸時代初め(慶長年間頃)
桁行5間 梁間5間 寄棟造
向拝1間 本瓦葺  背面桟瓦葺
 奈良時代以来の伝統を引き継いだ柱3間の身舎(もや)の四方に庇をまわす「三間四面」の形式に従っており、
復古的な形式を用いた南都の寺院本堂一例。 

 高円山のふもとにあり、境内からの展望は大変すぐれています。

雲亀元年(715)志貴皇子の没後、その地を寺と

したのに始まると伝えられ、鎌倉時代に再興され

ました。とくに道照が中国から宋版一切経の摺

本を持ち帰ってからは一 切経寺とも呼ばれ、庶民信仰の場とし

て栄えた。境内には天然記念物の五色椿が植えられている。

 境内からは大和盆地と古墳群が
一望される。
不動明王、その他境内には
弥勒菩薩地蔵菩薩の石仏が点在
参道
  天然記念物 五色椿 樹齢400年
「この白毫寺五色椿は、寛永年間に興福寺塔頭、
喜多院から移植したものといわれるもので、
根廻り1m、根元から0.8mのところの幹が二分している。
 花は大輪の八重で、白色のもの、紅色のもの、
紅白絞りのものなど色とりどりで、
名木として保護すべきものである。」 
 奈良教育委員会
高圓の野邊の秋萩いたづらに
 咲きか散るらむ見る人無に
笠金村(巻2 231)
犬養孝 書
 霊亀元年(715)秋9月志貴皇子の逝去された時作られた
挽歌(巻2 230)に対する反歌である。
歌碑の延長約3kmの高円山の裏側に志貴皇子のお墓
春日宮天皇陵)がある。