霊禅山 久米寺

多宝塔(重文) 大門 大塔礎石
 寛政年間(1789から800)に仁和寺
から移したもの。
昔の旧跡にあたり、土壇と十数個の礎石がある。
大師像 大日如来 本堂
 藥師如来坐像の左には久米仙人坐像、右
には十四日回忌本尊勢至菩薩が安置されている。
 写真にある本堂・多宝塔・鐘楼の他、観音堂、御影堂、地蔵堂、等が建つ。
 養老二年(718)印度摩伽佗国の王善無畏三蔵という人が、帝王の位を持って我が国に来朝、720日(約2年)の間、久米寺に寄留して高さ八丈(10.9m)四方の塔を建設し、三粒の仏舎利、並びに大日経を塔中に納めた。
 当時我が国最高最大の塔として広く内外に知られた。弘法大師に延暦年間久米寺に於いて、大日経を感得、桓武天皇の勅を賜り、渡唐受伝の上、大同2年(807)多宝塔内に於いて初めて真言密教を宣布した。即ちこれが真言宗根本道場の基礎となった。
鐘楼
 5月3日には二十五菩薩練供養会式(ねりくようえしき) 行われる。
 稚児行列に続き、お面と衣装をつけ菩薩に扮した信徒らが、本堂と合掌道場を結んで架けられた橋を渡り歩く。 
 今は昔に始まる今昔物語の千を超える説話の中ににある話の一つに。
 今は昔、吉野の竜門山腹にある竜門寺に、久米という男が籠って仙人の術を修行していた。めでたく仙人となった久米が、空を飛行していると、吉野川のほとりで若い女が着物の裾をたくし上げ、洗濯しているのが見えた。その真っ白いふくらはぎに目を奪われ、あろうことか、久米は神通力を失って、女の前に落下してしまった。
 久米はやがてその女と夫婦になった。そのころ、天皇は、都を造ろうと人夫を集めていた。久米もその人夫として働いていたが、仲間が彼のことを仙人と呼ぶのを聞いた役人は、「では、多量の木材を空を飛ばせて運んでみよ」といった。
 そこで、久米は、ある静かな修行道場で、心身を清め、断食し、七日七夜、祈り続けた。八日目の朝、ついに久米の術は成功した。
 一天にわかにかき曇り、雷が鳴り、雨が降り、が、しばらくすると、空は晴れた。と、その時、夥しい数の材木が雨の山から空を飛び、こちらに向ってきた。
 それを見た役人たちは、久米を敬った。この噂は天皇に届き、免田が久米に与えられた。彼は、寺を建てた。それが久米寺であるという。
 芋洗い地蔵尊⇒⇒⇒
 行者とは、仏門修行の者をいう。仙人とは、行を終え究境に達した達人のことである。
久米仙人は実在かどうかわからないが、橿原市久米に住み、久米寺で修行したらしい。久米寺は、聖徳太子の弟久米太子がひらいた寺だと言われるので、久米太子は久米仙人のことだとも伝えられる。
しかし、久米太子は元来盲目であったのだから、空から下を見ることは出来ないので、別人と思われる。