大物主の神の御

 神武天皇が皇后となさるべき嬢子(おとめ)をお求めになった時に、大久米の命が申しますのは、「神の御子と伝える嬢子があります。そのわけは三島の湟咋(みぞくい)の娘の勢夜陀多良比売(せやだたたらひめ)という方が非常に美しかったので、三輪大物主の神がこれを見て、その嬢子が厠にいる時に、赤く塗った矢になってその河を流れてきました。その嬢子が驚いてその矢を持ってきて床の辺に置きましたところ、たちまちに美しい男になって、その嬢子と結婚して生んだ子が富登多多良伊須須岐比売(ほとたたらいすすきひめ)であります。後にこの方は名を比売多多良伊須気余里比売と改めました。これは富登という事をきらって、後に改めたのです。そういう次第で、神の御子と申すのです」と申し上げました。

 ある時七人の嬢子が大和の高佐士野で遊んでいる時に、この伊須気余里比売もっていました。

そこで大久米の命が、その伊須気余里比売を見て、歌で天皇に申し上げるには、 

 倭の 高佐土野を

 七行く 嬢女ども

 誰をしまかむ 

大和の国の高佐士野を

 七人行く嬢子たち、

 その中のだれをお召しになります

 

この伊須気余里比売は、その時に嬢子たちの前に立っておりました。天皇はその嬢子たちを御覧になって、伊須気余里比売が一番前に立っていることを知られて、お歌でお答えになりますには、

 

 かつがつも いや先立てる 兄をしまかむ  

まあ一番先に立っている年長の娘を妻にしましょうよ。

 

ここに大久米の命が、天皇の仰せをその伊須気余里比売に伝えました時に、比売は大久米の命の眼の裂け目に黥(いれずみ)をしているのを見て不思議に思って、

 

 天地 ちどりましとと など黥ける利目 

天地間の千人勝りの勇士だというに、どうして目に黥をしているのです。

 

と歌いましたから、大久米の命が答えて歌うには、

 

 嬢女に 直に逢はむと 吾が黥ける利目 

お嬢さんにすぐに逢おうと思って目に黥をしております。

 

と歌いました。かくてその嬢子は「お仕え申しあげましょう」申しました。

 その伊須気余里比売のお家は狭井河のほとりにありました。この比売のもとにおいでになって一夜お寝みになりました。その河を狭井河というわけは、河のほとりに山百合草がたくさんありましたから、その名を取って名づけたのです。山百合草のもとの名は佐韋と言ったのです。後にその比売が宮中に参上した時に、天皇のお詠みになった歌は、

 

葦原のしけしき小屋に

菅畳いやさや敷きて

わが二人寝し 

葦原の韋の繁った小屋に

  菅の蓆を清らかに敷いて、

  二人で寝たことだったね。

 

かくしてお生まれになった御子は、日子八井の命・神八井耳の命・神沼河耳の命のお三方です。 

 

当芸志美美の命の変 

天皇がお隠れになってから、その庶兄の当芸志美美の命が、皇后の伊須気余理比売と結婚した時に、三人の弟たちを殺そうとして謀ったので、母君の伊須気余理比売がご心配になって、歌でこの事を御子たちにお知らせになりました。その歌は、

 狭井河よ 雲起ちわたり

 畝火山 木の葉さやぎぬ

 風吹かむと。  

狭井河の方から雲が立ち起こって、

 畝傍山の樹の葉が騒いでいる。

 風が吹き出しますよ。

 

 畝火山 昼は雲と

 夕されば 風吹かむと

 木の葉さやげる。 

 畝傍山雲が動き、

 夕暮れになれば風が吹き出そうとして

 樹の葉が騒いでいる。

 

そこで御子たちがお聞きになって、驚いて当芸志美美を殺そうとなさいました時に、神沼河耳の命(第2代綏靖天皇)が、兄君の神八井耳の命に、「あなたは武器を持ってはいって当芸志美美をお殺しなさいませ」と申しました。そこで武器を持って殺そうとされた時に、手足が振えて殺すことができませんでした。そこで弟の神沼河命が兄君の持っておられる武器を乞い取って、はいって当芸志美美を殺しました。そこでまた御名を讃えて建沼河の命と申し上げます。

かくして神八井耳の命が弟の建沼河耳の命に国を譲って申されるには、「わたしは仇を殺すことができませんのにそれをあなたは余すところなくお殺しになりました。ですからわたしは兄であっても、上にいることはできません。あなたが天皇になって天下をお治め遊ばせ。わたしはあなたを助けて祭りをする人としてお仕え申しましょう」と申しました。そこでその日子八井の命、意富の臣・小子部の連・坂合部の連・火の君・大分の君・阿蘇の君・筑紫の三家の連・雀部の臣・雀部の造・小長谷の造・都祁の直・伊予の国の造・科野の国の造・道の奥の石城の国の造・常道の仲の国の造・長狭の国の造・伊勢の船木の直・尾張の丹羽の臣・島田の臣らの祖先です。神沼河耳の命は、天下をお治めになりました。すべてこの神倭伊波礼比古の天皇は、御歳百三十七歳、御陵は畝傍山の北の方の白檮の尾の上にあります。

大物主
神武天皇
伊須気余理比売 ⇒⇒⇒ ⇒⇒⇒