安倍文殊院(あべのもんじゅいん)地図

   
 本尊文殊菩薩坐像(重文→国宝)は 日本三文殊の一つ、快慶作、座高199.9cm。
運慶の激しさとは対極にあるとされ、絵を写したようで、庶民が共感できる仏像として
受け入れられている。
 脇侍の優填王、仏陀波利、善財童子それぞれ重文。
 大化元年(645)に阿倍倉梯麻呂が創建した安倍一族の氏寺として創建された
古い寺院で、奈良時代の遣唐留学生・阿倍仲麻呂や平安時代の陰陽師・阿倍清明
の出生の寺でもある。
 追加⇒⇒⇒
 文殊菩薩坐像(重文)の脇に立つ住吉明神(維摩居士)(重文)が宗印の作で
あることが判明している。
本尊と脇侍4体が快慶の作で1体が宗印の作である。
 文殊菩薩坐像(重文)は2013−2−27文化審議会は国宝に指定するよう文部科学相
に答申した。
 東大寺大仏再興事業の総仕上げとして作られた群像。

   
安倍清明   安倍晴明⇒⇒⇒ 
 
 安倍仲麻呂
 
   百人一首⇒⇒⇒
 
 
   
   
  安倍の文殊院の境内にあり、墳形は不明であるが、本来、30m前後の墳丘規模であったと
考えられている。
 内部構造は、切石積の両袖式横穴式石室であり、石室の長さは12.5m、玄室は長さ5.1m、
高さ2.9mを測る。
 長方形に切りそろえた花崗岩を横積にし、上石の目地が下石の中央にくるように均等に割付けられ、
その一部は模擬線で表現される。
 羨道・玄室の平面プランには遠近法の 視覚効果が採用されている。
 被葬者は阿部倉梯麻呂とする説が有力である。
 国特別史跡。
 奈良の古墳⇒

 
安倍総理大臣の奉納




















安倍晴明神社 地図

当神社は平安時代に活躍された天文博士安倍晴明公を祭る神社で、
創建は社伝によれば、晴明公没後二年の寛弘四年(一00七) です。

安倍晴明公は、古代豪族阿倍氏の出で、伝説.(葛之葉子別れ伝説)
では、父安倍保名が和泉の信太明神(聖神社)に参詣の折、助けた

白狐(葛之葉姫)と結ばれて、当地阿倍野で生誕されたと伝えます。
幼名は安倍童子で、資性英明学問を好み、京都に上り陰陽家の賀
茂忠行と子息保憲に師事し、陰陽推算の術を修め、天文博士,大膳
大夫、播磨守等を歴任し、従四位上に叙されました。占いは百占奇
中神の如しと称され、花山天皇の退位を予知し、大江山の鬼退治を指導
したことは有名で、又職神(精霊)
を自在に駆使したと伝えます。

安倍晴明神社社務所


龍神様と晴明水について

龍神様は雨と水を支配される神様で、仏教では八大龍王と呼ばれますが、
陰陽道でも天の東西南北と中央に五龍神が居て,
天空を支配されております。

昔、安倍晴明公が雨乞いのご祈祷をされた時、この五龍神に祈って大雨を
降らせたと伝えられます。

古来、真清水は神として祀られ、当社でもこの井戸の水は、晴明水と呼ばれ、
地域の人々に大切にされています。

安倍晴明神社



葛之葉姫図について本図は当神社に所蔵の「葛之葉姫図」を基に作製致しました。
之葉姫は「葛之葉子別れ伝説」として有名な、和泉の信田森に住む白狐で、
平安時代に
安倍保名の妻と成って、天文博士の安倍晴明公を産んだと伝え、

安倍晴明神社は、安倍晴明公の生誕された場所とも伝えます。



もと熊野街道

阿倍王子神社の西側を通るもと熊野街道は渡辺の津とも窪津とも呼ばれた
後世の八軒家
東区京橋三丁目付近を起点に、四天王寺、阿倍王子を経て,
和泉の海岸ぞいに南下し,
紀伊路に入って熊野三山にいたる古道で、

平安朝時代から鎌倉時代にかけて盛んであった熊野信仰と深いつながりがあった。

街道筋には九十九ヶ所の遙拝所がありこれを王子と呼び、人々はその社頭に参詣し

休息をとって次の王子へ向った。

阿倍野区史跡顕彰委員会


経塚跡
上町台地には、難波宮跡をはじめ古代からの様々な遺跡が残っている。古墳につ

いては現在も墳丘が確認できるものは帝塚山古墳などわずかに過ぎないが、か

つては多数の古墳が点在していたと考えられている。熊野街道の周辺には、北畠

顕家の墓とも伝えられる「大名塚」や「小町塚」「播磨塚」など、古墳の存在をうか

がわせる「塚」がいくつか残っている。聖徳太子が一字一石経を埋めたとか、空

海が写経を埋めたとも伝えられる「経塚」もそのひとつで、江戸時代の地誌、「摂

津名所図会」には「大名塚」の北のやや離れたところに墳丘と石柱が描かれてい

る。いつのころからか石柱のみ「大名塚」のすぐ北側の宅地に移り、墳丘は消滅

してしまった。石柱の背面には「了證」とあり、願主と思われる。平成七年(一九
九五)にこの石柱を熊野街道に面した晴明丘公園に再度移転した。

平成七年三月 大阪市教育委員会


         
  安倍晴明神社  葛之葉姫図について もと熊野街道  経塚跡 
       
安倍晴明とキツネ  安倍晴明 産湯井の跡  安倍保名の妻(白狐)  葛之葉姫 
   
 安倍野街道(熊野街道)
江戸時代の阿倍野神社
 阿倍野神社 地図
安倍晴明⇒⇒⇒ 
     
 安倍王子神社 地図  もと熊野街道 地図  清明丘公園 地図



   
 経塚 地図  熊野街道沿いに建つ阿倍野王子神社の背景に
「経塚」「大名塚」「小町塚」が見える
    


熊野かいどうの碑 地図

熊野街道は熊野詣が盛んになった平安時代後期から

鎌倉時代にかけて整備された

起点は渡辺の津(現在の中央区天満橋京町江戸時代

には八軒家浜と呼ばれた)で当時ここから終点と

なる熊野本宮までの道筋には 1里塚や九十九王子

をまつった社が置かれ蟻の熊野詣と形容されるほど

賑わったという

今はもう この一里塚も市内から姿を消し社も阿倍

王子神社を残すのみとなって 往時の面影はなくなっ

が熊野街道の名は多くの人の心の中に生き続け

いる

平成二年  大阪市 











八軒屋浜地図
   
 

江戸時代八軒屋には三十石船をはじめ野崎詣で・毘羅参などのさまざまな船が発着し、
淀川流域の船着場として随一の賑わいを見せた。
船着場には京街道でもあった浜通から川岸にかけて、石の階段「雁木」が築かれ、
物資の積み下ろしや人の乗り降りに便利な工夫がされていた。

三十石船は八軒家と京・伏見の間、十一里余(約四五q)を上り1日、下り半日で運航し、
江戸時代を通して貨客輸送の中心を占めた。
明治三年( 一八七0年)に蒸気汽船が就航すると三十石船は衰退し、
明治四三年(一九一0年)に京阪電気鉄道が天満橋-京都五条間に開通して、
八軒家は淀川の貨客輸送のターミナルの役目を終えた。

しかし、現在、水の都大阪再生の核となる取り組みとして、
水上交通の拠点となる船着場が八軒家に完成し,
往時の賑やかな水上ターミナルの役目は、現代にも引き継がれている。
 

11〜15世紀ごろ、現在の天神橋付近は、

渡辺津(わたなべのつ) と呼ばれ、港として

・熊野参詣に利用されていたため、熊野古道

(世界遺産) の起点として有名にこなりました。

熊野古道には右面の図のように、 いくつも

のルートがあって特に紀伊 を 中辺路には渡

辺津から熊野三山までの間に百ヶ所近くの

熊野権現を祭祀した九十九王子がありました

一の王子(窪津王子)があった場所は現在

の坐摩(いかすり)神社行宮(大阪市中央区)とされています 

 
  動画    八軒屋浜の風景⇒⇒⇒
 全動画⇒⇒⇒ 
熊野かいどう 
熊野街道は このあたり(渡辺津 窪聿)を起点にし

て熊野三山に至る道である

京から淀川を船でくだり,この地で上陸上町台地の

西側脊梁にあたる御祓筋を通行したものと考えられ

平安時代中期から鎌倉時代にかけては「蟻の熊野詣」

といわれる情景がつづいた

また江戸時代には京 大阪間を結ぶ三十石船で賑わい
八軒の船宿があったことから「八軒家」の地名が生れたという

平成二年 大阪市

 
 
   
 常夜灯 八軒屋の碑 














/