登弥神社地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド  京都 散策ガイド 
 
登弥神社(とみ) 本殿 

登弥神社祭神 
 東本殿  高御産巣日神  誉田別命
 西本殿  神御産巣日神  饒速日命   天児屋根命

 通称,木嶋明神といい、延喜式内小社で物部氏の祖神 饒速日命を祭神とし
神域幽玄神殿も極めて壮大であり太古大部族の祖神を祭るにふさわしいたた
ずまいである。

 又、付近丘.陵(大和郡山市城町主水山)は弥生時代遺物の散布地帯でもある。

神武天皇陵⇒⇒⇒ 
影媛の悲恋物語⇒⇒⇒
   
   
   
奈良市指定文化財

登弥神社の粥占い 昭和五十七年三月一日指定

 粥占いは、粥を用いて農作物の出来を占う年中行事です。

 登弥神社ではもとは小正月の行事でしたが、今は二月一日に行います。氏子が毎年交代で、
早朝から、米·小豆と、青竹の筒三七本を束ねたものを、湯釜で炊きます。

一時間あまりで竹筒を引き上げ、農作物の品目ごとに竹筒を小刀で割り、粥の入り具合でその
年の作柄の良否を占います。

 豊作を祈願する農耕儀礼のひとつとして、古風な形態をよく残していて貴重です。

        奈良市教育委員会