大文字地図 

 8月16日午後8時点火される。妙・法は8時10分。船形は8時15分。
左大文字は8時15分。鳥居形は8時20分に逐次点火される。
点火時間は約30分。
大文字送り火⇒⇒⇒
「大」送り火⇒⇒⇒
送り火「い」⇒⇒⇒
 火床について、
大の字の一文字は、金尾(交わるところ)までが8ヶ所、
金尾から10ヶ所。80m。
大の字ノ字頭(北の流れ)は金尾まで9ヶ所、金尾から20ヶ所。
160m。大の南の流れは27ヶ所の火床がある。120m。
   
金尾 字頭、北の流れ 北の流れ 南の流れ 一文字 一文字
字頭の火床全体で一つ。
 この火床の上に薪を井桁に組んで積み重ねる。
金尾の火床、全体で一つ。
一文字・北・南の流れが
交り合う個所
字頭・金尾以外の火床。
南の流れ、
道に沿って27ヶ所
設置してある。
このタイプの火床は
合計73ヵ所。
 火床の構造は、自然の山膚(山の斜面)に若干土盛し、大谷石を設置、その上に薪を井桁に組んで積み重ね、
(高さ約1.3m)
その間に松葉を入れる。
 大文字は市内のどこからでも眺望できる位置にあるが、如意ケ獄相国寺の領地であったため、
この寺の方を正面に照らしたともいわれ、
あるいは足利家が最も眺めのよいように一条通りを正面にしたとかまた、
京都御所の池泉にうつるようにしたとの諸説がある。
空海を祀った弘法大師堂

 大の字の三本の線の交点に、お大師さんをまつった小さなお堂が

ある。そのお堂には、一坪ばかりの板敷に畳表をしいたおつとめ

の場所があり、山麓の信者たちが、毎朝かかさず、きれいに掃き

清め、花を供え、手水鉢の水をかえている。

 護摩木が銀閣寺門前で受付られ、
点火資材として運ばれる。
この弘法大師堂でお燈明がともされ、
浄土院住職・参詣者により般若心経があげられる。
その後お燈明を親火に移し、合図によって点火される。 
愛宕山 吉田山 京都御所 鴨川 下鴨神社 上賀茂神社 京都植物園
 如意ヶ岳は大文字山の通称によって広く知られている。
 
消し炭は厄除け、災難除けのお守り
として玄関先に吊るす

大文字(如意ケ嶽)

午後8時点火

 大文字送り火は従来から護摩木に自分の名前と病名

を書いて火床の割木の上に載せて焚くと、その病が癒

るという信仰があり、又消炭を持ち帰って粉末にし服

すると、持病が癒るともいわれており、15日夜から16

日朝にかけて先祖の霊や生存する人の無事息災が護摩

木に記される。なお15日正午頃から16日昼頃まで銀閣

寺門前で護摩木の受付が行われる。

 この護摩木は送り火の点火資材として当日山上へ運

ばれ、当夜7時から山上の弘法大師堂でお燈明がとも

され、大文字寺(浄土院)住職及び会員並びに参詣者

等の有志により般若心経があげられる。その後このお

燈明を親火に移し、合図により一斉に送り火が点火さ

れる。

 大文字は市内のどこからでも眺望できる位置である

が、如意ケ嶽が、相国寺の領地であったためこの寺の

方を正面に照らしたともいわれ、あるいは足利家が最

も眺めのよいように一条通を正面にしたとか又、京都

御所の池泉にうつるようにしたとの諸説がある。

 火床75,一画の長さ80m,二画160m,三画120mある。

 大文字の火床の構造は、江戸初期には、杭を打ち

その杭に松明を結びつけていたが、寛文・延宝の頃よ

り現行の積木法にかわった。

 自然の山膚(山の斜面)に若干土盛し、大谷石を設置

其の上に薪を井桁に組んで積み重ね、(高さ約1.3m )

その間に松葉を入れる。

 大の中心には金尾と称して特別大きく割木を組んで

入れて点火する。






大文字火床 大文字山 466m 銀閣寺 法然院 銀閣寺山国有林