土舞台・安倍山城跡地図

土舞台

 推古天皇の御代摂生をされていた聖徳太子がはじめて国立の演劇研究所と国立の劇場を設けられたところで、
我が国の芸能発祥の地である。
 推古天皇20年(612)に帰化人百済の味摩之(みまし)により伝えられた呉の伎楽儛を桜井村で、
児童に伝習したと日本書紀にしるされている。
 伎楽(ぎがく)とは呉のうたまいともいわれ、中国の呉から伝わったものとされているが、滑稽な仕草で舞う無言の仮面劇は、
奈良時代にかけて寺院の法会などで盛んに行われたとされている。

 伎楽飛鳥時代の芸能⇒⇒⇒
 1300年間、宮中、春日大社四天王寺等に伝えられてきている。

安倍山城跡
 暦応4年(1341)に、南朝方の西阿が篭る戒重城を攻めるため、
北朝方の細川顕氏が陣を構えたという。のち、永禄8年(1565)に、
松永久秀が布陣したという小規模な曲輪跡が残る。
この南側は、小字名土舞台から、聖徳太子が少年を集め、
伎楽を伝習させた舞台跡とみなし、顕彰碑を建て、
桜井公園として整備されている。






伎楽飛鳥時代の芸能
 飛鳥時代には、大陸から伎楽(呉楽・くれがく)という芸能が伝わった。伎楽とは、呉国(中国南部)から伝わった芸能だが、もともとは古代チベットやインド
の仮面劇であり、西域から中国南部に伝わって散楽(さんがく)と呼ばれ、さらに伎楽として日本に伝わった。
 伎楽は、大陸からもたらされた新しい文化であった仏教とも深い結びつきがあった。天武天皇の時代には川原寺の伎楽が筑紫に派遣され、東大寺
大仏開眼会の際にも、雅楽や舞楽などとともに奉納された。開眼会に使われた伎楽面は正倉院に現存している。
 東大寺や法隆寺に伝来する面もある。 
 日本書紀推古天皇20年には、呉に学んで伎楽の舞を習得した百済人の味摩之(みまし)が来朝したことから、彼を桜井に住まわせ、渡来系氏族
の少年たちを集めて舞を習わせたと記されている。
追加⇒⇒⇒
 伎楽伝来の地と伝える顕彰碑は現在、明日香村と桜井市の2か所に建っている。
 和州旧跡幽考(わしゅうきゅうせきゆうこう・1681)や大和名所図会(やまとめいしょずえ・1791)などは桜井市の土舞台に比定したが、
元興寺縁起(がんごうじえんぎ・747)や上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ・10世紀頃)などには、桜井は明日香村の豊浦寺(とゆら)
の前身にあたる道場の名として登場する。続日本紀(しょくにほんぎ・797)光仁天皇即位前紀の歌謡にも豊浦の桜井がうたわれている。)
 万葉集にも伎楽にまつわる歌がある。
 池神(いけがみ)の力士舞(りきしまい)かも白鷺(しらさぎ)の鉾啄(ほこく)ひ持ちて飛びわたるらむ   巻第16-3831
 は、伎楽曲のひとつである力士の鉾を用いた滑稽な仕草を、白鷺が枝をくわえ飛ぶ様子から連想して表現した歌とみられる。
 伎楽は中世に廃れてしまい、教訓抄(きょうくんしょう・1233)に不完全な記録が残るだけで、卑俗な無言劇であったと考えられている。




























,