土舞台・安倍山城跡地図
伝統芸能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

土舞台

 推古天皇の御代摂生をされていた聖徳太子がはじめて国立の演劇研究所と国立の劇場を設けられたところで、
我が国の芸能発祥の地である。
 推古天皇20年(612)に帰化人百済の味摩之(みまし)により伝えられた呉の伎楽儛を桜井村で、
児童に伝習したと日本書紀にしるされている。
 伎楽(ぎがく)とは呉のうたまいともいわれ、中国の呉から伝わったものとされているが、滑稽な仕草で舞う無言の仮面劇は、
奈良時代にかけて寺院の法会などで盛んに行われたとされている。

味摩之(みまし)
土舞台  秦河勝  土舞台追加 
伎楽     



雅楽 伝統芸能⇒
伎楽飛鳥時代の芸能  水取り  桓武天皇 
東大寺  お会式(法隆寺)  称徳天皇 
狭井神社  薬師寺  大文字 
伊勢神宮神楽殿  皇大神宮(内宮)神楽殿  椿井春日神社
秦河勝  関蝉丸神社  
 1300年間、宮中、春日大社四天王寺等に伝えられてきている。

安倍山城跡
 暦応4年(1341)に、南朝方の西阿が篭る戒重城を攻めるため、
北朝方の細川顕氏が陣を構えたという。のち、永禄8年(1565)に、
松永久秀が布陣したという小規模な曲輪跡が残る。
この南側は、小字名土舞台から、聖徳太子が少年を集め、
伎楽を伝習させた舞台跡とみなし、顕彰碑を建て、
桜井公園として整備されている。

伎楽飛鳥時代の芸能
 飛鳥時代には、大陸から伎楽(呉楽・くれがく)という芸能が伝わった。伎楽とは、呉国(中国南部)から伝わった芸能だが、もともとは古代チベットやインド
の仮面劇であり、西域から中国南部に伝わって散楽(さんがく)と呼ばれ、さらに伎楽として日本に伝わった。
 伎楽は、大陸からもたらされた新しい文化であった仏教とも深い結びつきがあった。天武天皇の時代には川原寺の伎楽が筑紫に派遣され、東大寺
大仏開眼会の際にも、雅楽や舞楽などとともに奉納された。開眼会に使われた伎楽面は正倉院に現存している。
 東大寺や法隆寺に伝来する面もある。 
 日本書紀推古天皇20年には、呉に学んで伎楽の舞を習得した百済人の味摩之(みまし)が来朝したことから、彼を桜井に住まわせ、渡来系氏族
の少年たちを集めて舞を習わせたと記されている。
追加⇒⇒⇒
 伎楽伝来の地と伝える顕彰碑は現在、明日香村と桜井市の2か所に建っている。
 和州旧跡幽考(わしゅうきゅうせきゆうこう・1681)や大和名所図会(やまとめいしょずえ・1791)などは桜井市の土舞台に比定したが、
元興寺縁起(がんごうじえんぎ・747)や上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ・10世紀頃)などには、桜井は明日香村の豊浦寺(とゆら)
の前身にあたる道場の名として登場する。続日本紀(しょくにほんぎ・797)光仁天皇即位前紀の歌謡にも豊浦の桜井がうたわれている。)
 万葉集にも伎楽にまつわる歌がある。
 池神(いけがみ)の力士舞(りきしまい)かも白鷺(しらさぎ)の鉾啄(ほこく)ひ持ちて飛びわたるらむ   巻第16-3831
 は、伎楽曲のひとつである力士の鉾を用いた滑稽な仕草を、白鷺が枝をくわえ飛ぶ様子から連想して表現した歌とみられる。
 伎楽は中世に廃れてしまい、教訓抄(きょうくんしょう・1233)に不完全な記録が残るだけで、卑俗な無言劇であったと考えられている。


伝統芸能
    能  雅楽 謡曲 舞楽 伎楽 文楽 猿楽
(申) 
神楽 東遊 細男
(才男)
和舞
(倭) 
念仏踊 白拍子 田楽 散楽

能楽⇒  〇                            
 
雅楽
土舞台 雅楽⇒     〇                          

謡曲 
謡曲⇒                            

舞楽
春日おん祭り
春日大社
猿田彦
伊勢神宮外宮神楽殿
伊勢神宮内宮神楽殿
伊勢神宮
ワニ氏の実像に迫る
住吉大社
随心院
円教寺
大覚寺
本願寺山科別院
熱田神宮
城南宮
先斗町歌舞練場
氷室神社
三船祭り
年中行事7月 
       〇                      

伎楽
土舞台
土舞台追加
秦河勝
薬師寺
唐招提寺
難波池神社
伎芸天
年中行事5月5日 
         〇                    

文楽 
文楽⇒            〇                   

猿楽
秦河勝
秦楽寺
年表1464年
阿国歌舞伎
祭り
神武天皇
勝手神社
作庭の新たな担い手
薪能発祥の地
春日大社
談山神社
寺川と飛鳥川流域
面塚
             〇                

神楽 
土舞台・伝統芸能
春日大社
斎王
秦楽寺
年中行事奈良
神輿
戒算上人
みそぎ池
王権を確立した崇神天皇
皇大神宮(内宮)
豊受大神宮(外宮)
伊勢神宮
率川神社
スサノオがヒーローに
高倉下
近江神社
大嘗祭
三輪山磐座
橿原神宮
大和神社
大神神社
住吉大社
飛鳥坐神社
香具山
春日摂社
諏訪大社
玉前神社
吉田神社
白兎神社
陽成天皇
當麻山口神社
京都年中行事
猿田彦神社
八重垣神社
須佐神社
佐太神社
高千穂神社
春日若宮おん祭り 
               〇              

東遊 
春日大社
鑑真和上
                 〇            

細男 
春日大社                     〇          

和舞
春日大社
伊勢神宮外宮 神楽殿
                     〇         

念仏踊り
謡曲「百万」
須佐神社
「大」送り火
一遍
                       〇      

白拍子 
安珍・清姫の鐘
傾城の局
秦楽寺
石薗坐多久蟲玉神社
神泉苑
祇王寺
上賀茂神社
                         〇    

田楽
宇治上神社 拝観
八坂神社 由緒
須佐神社
春日大社
春日若宮おん祭り
年表1096年 
                           〇  

散楽
秦河勝
阿国歌舞伎
宇治上神社拝観の手引き
秦楽寺
                            〇 
説明


 謡(うたい)、囃子(はやし)、舞(まい)で構成する歌舞劇。せりふ主体、喜劇中心
の狂言に対し、せりふより謡、囃子、様式化された舞で構成し、「源源氏物語」や
「平家物語」など古典文学を題材にした悲劇の要素が強い。能の作品は曲(きょく)
と呼び、今日二百数十曲が伝わる。新作能も一部あるがほとんどは室町時代の曲
が伝承されている。

能の演目は、儀式色の濃い「翁(おきな)」を神曲として別格の首曲に置き、神を主人

公にした脇能(わきのう)、 武将を主人公にした修羅能(しゅらのう)、 女性を主人公
にした鬘能(かづらのう)、様々な物語の雑能(ざつのう・四番目物)、番組の最後に置
かれる切能(きりのう)の5種目に分けられ、江戸時代には5種目を順に演じ、間に狂言
を挿んだ五番立能(ごばんだてのう)の構成で上演された。

現在は三番立で上演されることが多い。能の役柄は、シテ(主役)、ワキ(シテの相手役)、
シテツレ(シテの同伴者)、ワキツレ(ワキの同伴者)、トモ(シテのお供)、子方(少年の役)、
それに間狂言を務める狂言方、演奏を務める囃子方、謡を務める地謡(じうたい)、
演者の後ろについて補佐する後見(こうけん)から成る。シテはほとんどの能で面を用
い、ワキは面を使わない。面を用いない直面(ひためん)の場合も、演者の個性を表現
する演劇とは異なり、顔に感情を表さないで舞う。舞の基本動作は約250種に分けられ、
能は演じる、あるいは踊るものではなく舞うものであるとされる。能を構成する所作(クセ、
キリ、段、道行、狂いなど)を、シテが一人で、面や装束を着けない紋服·袴姿で、囃子
もなく、自身の地謡だけで演ずる表現形式を仕舞と呼ぶ。このように能の動きは象徴劇
として細部まで様式化されたであり、演出による変化のない点で歌舞伎以降の演劇と
大きく異なる。また、派手で仕掛けに富んだ歌舞伎に対し、舞台の構成は変わらず、
役柄の違いも装束と面に表れるだけで、非常にゆっくりしたテンポで進行する、描象
的な芸能といえる。この背景には、無が全てに通じるとする東洋思想、禅の思想がある。

能·狂言

 中世に成立した芸能。能と狂言は平安時代の猿楽を共通の祖として鎌倉時代

にそれぞれ発展·成立した芸能で、能は謡と囃子と舞によって非日常的な出来

事を描き幽玄の美を追究する歌舞劇、 狂言はせりふを中心に日常的な出来事を

描き主に笑いを表現する科白劇(かはくげき)の特長を持つ。対照的な性格を持つ
能と狂言だが、成立当時から今日まで、 同じ能舞台で演じられ、一日の番組の中
でも、能の三番立ての間に狂言を一番か二番、 二番立ての間に狂言を一番の組
合せで上演されることが公演の特長で、 能 狂言と総称して論じられることが多い。
また能楽は猿楽の名を嫌って明治時代から使われた名称で、 広義には能と狂言の

総称だが狭義には能のみを指す。




雅楽

 日本で最も古い伝統楽舞で、奈良時代前後に成立した宮廷音楽。一般には

7世紀頃に伝わった外来音楽の唐楽(とうがく)と高麗楽(こまがく)を指すが、
広くは日本に古くから伝わる神楽歌かぐらうた)、久米歌(くめうた)、東遊(あ
ずまあそび)、五節舞(ごせちのまい)、平安中期に成立した歌曲の催馬楽(さ
いばら)や朗詠(ろうえい)なども含まれる。日本の曲は歌曲が主であり、外来系
の曲はすべて器楽曲である。また、舞をともなう曲が多いが、唐楽には器楽だ
けの管舷(かんげん)もある。

楽器は吹物(ふきもの・管楽器)、弾物(ひきもの・弦楽器)、打物(うちもの・打楽器)
に分けられ、吹物は三管(さんかん)と呼ばれる篳篥(ひちりき)・笙(しょう)・ 龍笛
(りゅうてき)、弾物は両紋(りょうげん)と呼ばれる筝(そう)・琵琶(びわ)、打物は
三鼓(さんこ) と呼ばれる鞨鼓(かっこ)·鉦鼓(しょうこ)·太鼓などがある。このほか
横笛の高麗笛(こまぶえ)·神楽笛(かぐらぶえ)、歌い手が手に持って打ち鳴らす
笏拍子(しゃくびょうし)などがあり、高麗楽、 久米舞などの曲の種類によって楽
器の組合せも異なる。 雅楽は宮中や公家社会で式楽あるいは娯楽として演奏さ
れ、楽所(がくそ)の楽人によって伝承されてきたほか、神社の祭礼音楽

として広まり、唐楽の「越天楽」のように広く親しまれている曲もある。現在

は海外公演が行われるなど演奏の機会も増えてきている。




謡曲

 能楽に用いられる詞章、 またその詞章を謡うこと。能の謡(うたい)では、 シテ、
ワキなどの登場人物が謡う場合と、地謡方(じうたいかた)が唱道する場合とが

ある。総合芸術である能の一部を構成するだけでなく、謡曲として独立した声楽
ともなっている。音階や発声法によって’ツョ吟’と’ヨワ吟’に分けられ、またリズ
ムをとる場合ととらない場合とに分けられる。「高砂」のように能を離れて広く知ら
れている曲もある。



舞楽

 雅楽の演奏を伴奏として行われる舞踊、ま た器楽だけの管弦(かんげん)に対して
舞をともなう演奏形態をいう。日本古来の国風舞と奈良時代に外国から伝わった外
来舞に大別され、国風舞は久米舞、東遊、 宮中の即位式や神社で行われる倭 舞
(やまとまい)などに、 外来舞は、唐楽の伴奏による左方舞と高麗楽の伴奏による
右方舞の二つに分かれる。また舞の形態により、平舞(ひらまい)と走物(はしりもの)、
武舞(ぶのまい)と文 舞(ぶんのまい)に分類される。 伎楽面より小型の仮面の舞楽
面を用いるほか、 素顔で舞う直面(ひためん)の舞もある。 舞楽面のほとんどは木

彫で500点以上が現存している。




伎楽

 飛鳥時代に日本に伝わった無言の仮面音楽劇。インド·チベット地方に起源を持つ
とみられ、日本へは中国の呉の舞楽として推古天皇20年(612)に百済人の味摩之
(みまし)によって伝えられた。横笛(おうてき)、三鼓(さんのつづみ)、銅拍子(どうび
ょうし)の伴奏により、伎楽面と呼ばれる大型の仮面を深くかぶって舞うものだが、
中国でも日本でもすでに絶えて久しく、音楽も舞も内容はわからない。法隆寺や東大寺
には伎楽面200面以上が残されている。後の猿楽や狂言に滑稽な要素が受け継がれ
たほか、各地の里神楽や獅子舞などの民間芸能に影響を与えた。




文楽

 浄瑠璃に合わせて演じる人形芝居。大夫(たゆう)、三味線、人形の三つの役割で構成

する。大夫は進行の主導権を持つ立場で、せりふや人物の心情、情景説明などが書か
れた床本(ゆかほん・脚本)を前の見台8けんだい)に置き、義太夫節で語る。三味線は、
棹が太く音も低い太棹(ふとざお)が使われる。大夫と三味線は客席の上手に張り出した
床と呼ばれる舞台に 裃(かみしも)姿で座り、一体になって語るのが理想とされる。人形
は通常三人遣いで、主(おも)遣い、左遣い、足遣いの三人で一体の人形を操る。人形の
頭の部分は首(かしら)と呼ばれ、基本的な分類で、男の首が34種類、女の首が14種類、

特殊な首が24種類、 髪型や顔の塗り方による違いを含めて現在約300種類が使われ、
それぞれ名前がつけられている。江戸時代の男性の視点で作られているためか、女の
首は目や口の動きが少なく、全体の種類も少ない。

 人形浄瑠璃は慶長年間(1596~1615)初めに京都で成立したもので、平家琵

琶の語り物の流れの浄瑠璃が、散楽の流れの人形回しを採り入れたといわれて

いる。貞享元年(1684)に大坂で竹本義太夫が竹本座を創設、竹本が創始した義

太夫節と、脚本の近松門左衛門とのコンビにより大人気を博し、上演形式も完

成された。この頃の人形は一人遣いだったが、享保19年(1734)に吉田文三郎が

三人遣いの人形を考案した。竹田出雲、近松半二らの名作が続出した18世紀前

半には歌舞伎を圧倒する人気を誇った。その後は歌舞伎に人気を奪われ江戸時

代は低迷を続ける。明治5年(1872)、 淡路島出身の植村文楽軒の4代目が大阪松

島に文楽座の看板を掲げ、明治42年(1909)に興行権が松竹に移る頃から人気

を呼び、文楽が人形浄瑠璃の代名詞となった。昭和30年(1955)の文化財保護法

により文楽は重要無形文化財の総合指定を受け、新たに設立された文楽協会に

運営が移り、41年(1966)に東京の国立劇場、59年(1984)に大阪に国立文楽劇

場が開場し、定期公演の体制も固まって今日に至っている。なお文楽では昭和

28,29年(1953,54)以降、太夫ではなく大夫の表記を用いている。また今日の文

楽界では父子相伝や家元制ではなく、実力本位の師弟関係がとられている。




猿楽・田楽

 能·狂言の母体となった平安·鎌倉時代の芸能。猿楽は広義には呪師、田楽をも含むほか、

明治時代に能楽の名称が生まれるまでは能·狂言を指す語であった。奈良時代に、物まね 奇

術·曲芸などを楽器を伴奏にして演じる散楽(さんがく)が唐から伝わり、宮中から民間へと広
まると滑稽味の強い芸能となり猿楽と呼ばれるようになった。一方、古くからの豊作祈願の
農耕儀礼「田遊び」の中から、 笛や鼓を鳴らして歌い舞う歌舞主体の田楽(でんがく)が生
まれ、専門に演じる田楽法師も現れた。猿楽と田楽は社寺の祭礼に採り入れられ、鎌倉末
期には、春日大社·興福寺に属する大和猿楽の四座、 日枝神社に属する近江猿楽の三座、
春日若宮神社に属する田楽の四座など多くの専門劇団が成立した。この中から、歌舞劇を
主とする能と、 滑稽を主とする狂言が成立していった。能 狂言の大成後、田楽は和歌山県
那智大社など社寺の行事、 また郷土芸能の田遊びとして一部に残り今日に伝えられて

いる。




神楽
 神道の祭礼で奉納される音楽や舞。神楽(かぐら)の語 は神々を迎え楽しませた神 座に
由来する。もともとは宮中で演じられる御神楽(みかぐら)を指し、各地の神社の神楽はこれ
と区別して里神楽(さとかぐら)と呼ぶ。

御神楽は天の岩屋戸(あまのいわやど)の前での天鈿女命(あめのうずめ)の舞が起源とさ
れ、 外来の雅楽が伝わる前の日本古来の様式で今日まで続けられているが、 非公開の
祭祀であり芸能の要素は少ない。里神楽は巫女(みこ)が舞う巫女神楽、 全国に広く伝わる
出雲流神楽、伊勢神宮の祭祀に由来する伊勢流神楽、獅子舞を伴う獅子神楽に分けられ、
獅子神楽はさらに、伊勢太神楽の流れと山伏が伝えた山伏神楽の流れの二系統がある。




東遊
 平安時代ら行われた歌舞一種東国地方遠江信濃以東)の民間歌舞であったが、
朝廷
採用されて形を整え、神社祭礼にも行うようになった舞人四人または六人で、
高麗笛
篳篥和琴などを用い笏拍子を打つ。




細男(せいのう)
古舞の一種。〈さいのう〉〈ほそおとこ〉〈くわしお〉とも読み,才男,青農とも記す。
春日若宮の
御祭(おんまつり)では白い衣を着し,白い布で顔を覆った6人(笛2
人,腰前に下げた鼓2人,所作2人)によって演じられる。このほか福岡県吉
富町の古表(こひょう)神社では操(あやつり)人形によって神舞,神相撲が行
われる。せいのおの意味は不明で,満珠乾珠の秘宝を神功皇后に送った海人
安曇(あずみ)の磯良の
故事によるともいう。 


和舞
 雅楽の一種目。倭舞とも書く。その歌を〈大和歌(倭歌)〉という。律令時代には
雅楽寮で教習された(《令集解》)。東遊(あずまあそび)が東国芸能に始まるの
に対し,大和舞は
近畿民謡を起源とすることから,しばしば対置され,たとえ
ば861年(貞観3)3月東大寺大仏御頭供養では武官20名による東遊と並び,
文官20名の大和舞が奉納されている。平安中後期に,
大嘗祭(だいじようさい)
の形式が整えられると,
久米舞,吉志舞(きしまい),五節舞(ごせちのまい),
田舞(たまい)などとともに奏されるのが
慣例となった。



念仏踊
 太鼓や鉦を叩きながら念仏·和讃に節をつけて唱えて踊ること。宗教上の表現が踊りに似

ていることからこう呼ばれた。平安中期に空也(903~972)が始めたとされ、空也踊、踊り念仏

とも呼ばれた。踊の語が動詞としてではなく名詞として使われたのはこれが最初といわれる。

室町時代以降、新盆の家を巡る行事として広まり、中世歌謡の小歌などとも結びつき娯楽性を

強め、のちの多くの芸能の源流となった。




白拍子
平安時代末期から室町時代初期にかけて行われた歌舞の一種およびその歌舞を演
じた舞女。白拍子とはもと拍子の一種の名称であったとされるが,これに歌舞がつき,
寺社の
延年の一部として舞われるとともに,この歌舞を専業とする遊女も現れた。
この白拍子と呼ばれた遊女たちは,立烏帽子,水干に
太刀を差した男姿で舞を舞った
ので男舞とも呼ばれた。今様,朗詠などを歌い,鼓で拍子をとった。祇王,祇女,
仏御前,静御前,千手前,亀菊などが白拍子の名手として名を残している。
 




散楽

 曲芸、手品、幻術、滑稽物真似(こっけいものまね)を内容とする雑芸(ぞうげい)。発生は
西域(せいいき)地方というが、奈良時代に中国から日本に伝来した。敦煌(とんこう)の壁画
に軽業(かるわざ)、曲芸の図があり、『周書』などには散楽雑戯などの語がみられるから、
中国ではすでに紀元前後のころに存在していたことがわかる。中国では貴族的な雅楽(が
がく)に対し卑俗な俗楽として広く行われた。『唐会要(とうかいよう)』の散楽の条には、俳優、
歌舞、雑奏、擲剣(てきけん)、縁竿(えんかん)、激水化魚竜など多くの曲目があげられている。
また、正倉院宝物の弾弓(だんぐう)に描かれた「散楽図」や『信西古楽図』『新猿楽(さるが
く)記』などによると、軽業、曲芸、奇術、幻術、物真似(ものまね)などの雑戯であって、乱舞
(らっぷ)、俳優(わざおぎ)、百戯(ひゃくぎ)とも記されており、日本に入ってきたものも中国大
陸のものと同じような内容であったと思われる。

 散楽は伝来当初は雅楽寮の楽戸(がくこ)で養成されていたが、平安初期の782年(延暦1)
に散楽戸は廃止となり、国家組織から外された。しかし、滅亡することはなく、平安時代には
一般に流布し、宴会の場や祭礼などに盛んに行われ、散楽法師とよばれる専門の者が生ま
れた。しかし、散楽芸の中心であった曲芸、軽業、奇術などは鎌倉時代になってしだいに衰え、
田楽(でんがく)法師や放下(ほうか)師などの手に移り、のちには獅子舞(ししまい)、太神楽(だ
いかぐら)、寄席(よせ)に伝えられ今日に残った。散楽の中心芸がこうした推移をたどるのと
並行して、散楽は猿楽(さるがく)と名称が変化し、しだいに猿楽という文字に統一され、芸内
容も滑稽物真似や歌舞を中心としたものに変わっていった。この猿楽が鎌倉時代に発展し
て能と狂言を創造したのである。

『尾形亀吉著『散楽源流考』(1954・三和書房)』






































,