京都御所地図

略図から各建物へ
建礼門(けんれいもん)
 御所の周囲には灰筋塀と清流の溝をめぐらし、その間に南に建礼門、北に朔平門(さくへい)、東に建春門(日の御門)、
西に宜秋門(ぎしゅう・公家門)を設け、その他西面に清所門(きよどころ)・皇居宮御門がる。)
 京都御苑参照⇒⇒⇒
 正面より建礼門を入ったところ(実際には開かない)承明門が見える。
 安政2年(1855)に再建された京都御所は、嘉永6年(1853)のペリー来航から、
応3年(1867)の「王政復古の大号令」までの激動期、重要事件の舞台となった。 

諸大夫の間(しょだいぶのま)

 正式に参内した者の控えの間で、
身分に応じて異なる部屋に控えた。襖の絵にちなんで、
「虎の間」、「鶴の間」、「桜の間」と呼ばれる。
⇒⇒⇒
 最も格の高い「公卿(くぎょう)の間」、
諸侯・所司代の控えの「殿上人(でんじょうびと)の間」、
それ以外の者の控えの「諸大夫(しょだいぶ)の間」の三室からなる。
新御車寄(しんみくるまよせ)
  昇殿を許された者が正式な参内の時の玄関であり、
屋根は桧皮葺で優雅な反りをなしている。
大正4年(1915)、大正天皇の即位礼に際して、天皇皇后両陛下のための玄関として建てられたものである。
 
承明門
皇居の正殿である紫宸殿は建礼門の正面に南面し、左右から朱塗りの廻廊をめぐらし、承明門(じょうめいもん)を含め7つの門を設けてある。
 ⇒⇒⇒ 
 
    
回廊
紫宸殿(ししんでん)
田道間守⇒⇒⇒ 承明門から紫宸殿、南庭(だんてい)には左近の桜、右近の橘
 京都御所は、元弘元(1331)光厳天皇(北朝)がここで即位されて以来、
明治2(1869)の東京遷都までの皇居であった。
紫宸殿は御所の中で最も格式の高い正殿であり、即位礼など重要な儀式が執り行われた。
現在の建物は安政2(1855)古制にのっとって造営された。
明治天皇、大正天皇、昭和天皇の即位礼もここで行われた。
 京都御所の正殿。入母屋造り、檜皮葺。 
向かって右側(東)に「左近の桜」、左側(西)に「右近の橘」がある。
紫宸殿前面の敷き詰められた白砂の広大な庭は、南庭(だんてい)と呼ばれ、儀式の場所としても使われた。
 桜は御所が再建された年に植えられて3代目にあたる。(2009.1現在)
 桓武天皇が延暦13年(794)平安遷都の際、橘と対だったのは梅であった。
9世紀半ば仁明天皇の時代に桜に変えられたといわれる。
桜は山桜であるが、一般的に花びらは5枚であるが、ここの桜は6枚のものや7枚のものが交りめずらしいもの。

左近の桜
京都御所  常照皇寺  平安神宮 
大覚寺
(左近の梅) 
白峯神宮  仁和寺 
大覚寺縁起     
   建春門(けんしゅんもん)
日の御門ともいわれ、東側にある。
    春興殿(しゅんこうでん) 
 大正4年(1915)、
京都御所で執り行われた大正天皇即位式に合わせて造られた。
式の際、三種の神器の一つ御鏡(みかがみ)を東京から移して
安置する重要な建物だった。
周囲を取り巻く檜皮葺の御殿群と違い、屋根は薄緑の銅葺。
清涼殿(せいりょうでん) 清涼殿
 平安時代の内裏では、天皇の日常生活の場として使われた御殿であった。この建物は、
平安時代のものよりも小さくなっているが、よく古制を伝えている。
 入母屋桧皮葺の寝殿造りで紫宸殿と同じであるが、床ははるかに低く、内部は間仕切りも多くなっていて、
日常の御住居に適するように工夫されている。 向かって右側の竹が呉竹(くれたけ)左側が漢竹(かわたけ)。
 平安期に天皇が日常を送った建物を再現した。入母屋造り、檜皮葺。「昼御座(ひのおまし)」や食事をした「朝餉間(あさかれいのま)、
寝室の「夜御殿(よんのおとど)」などがある。
小御所(こごしょ)
 皇太子の元服(成年式)などの儀式に用いられ、将軍や諸侯との対面の場所としても使われた。
慶応3年(1867)に王政復古の大号令が発せられた夜、「小御所会議」がここで行われた。 
会議では15代将軍慶喜の処遇などをめぐり意見の対立があり、翌年の戊辰戦争の伏線になったとされる。 
 小御所は昭和29年(1954)に焼失した。現在の建物は、火災後の昭和33年(1958)に再建されたものである。
雲太 和二 京三 ⇒⇒⇒
 蹴鞠の庭(けまりのにわ)

 小御所と御学問所の間の四角い庭を鞠懸(まりかがり)、
また蹴鞠の庭という。
御池庭(おいけにわ・重文)
小御所まえにある池泉回遊式庭園 御池庭にかかる欅橋
御学問所(おがくもんじょ・重文)
 家茂は徳川将軍としては家光以来の上洛を果し、御学問所で孝明天皇と面会した。
 孝明天皇は前年に嫁いだ和宮の様子を尋ね、家茂が「元気です」と答えた。
 家茂と孝明天皇は慶応2年(1866)に亡くなり、維新の現場には立ち会っていない。
 御学問所は親王宣下や御進講、月次の和歌の会などに使われた。
御常御殿(おつねごてん)
 室町時代以降、天皇の日常の生活のばとしてつかわれた御殿で、明治天皇は、東京のお移りになるまでここをお使いになっていた。
京都御所内では最も広い建物で、内部は15室からなっている。
    
宮内庁京都事務所
京都御所参観希望の方は参観係075−211−1215に申込む。
猿ケ辻

 京都御所の築地塀(ついじべい)の東北の隅を直角に切り込み、軒下に立烏帽子(たてえぼし)をかぶり御幣をかついだ木彫りの猿が飾ってあり、京の鬼門を守る日吉大社の使者とされる。陰陽道では東北の方角が鬼門ですが、猿は鬼門での災いを「さる」ことにちなんだといわれています。

赤山禅院⇒⇒⇒
 
 京都御所は、築地塀で囲まれた南北約450m、東西約250mの方形で、面積は約11万uである。
 築地塀の東北の角で、内側に折れ曲がっている。その屋根裏を望むと、烏帽子をかぶり、御幣をかついだ木像の猿が一匹いる。この辺りを「猿ヶ辻」というのはこの猿がいるためである。鬼門を守るため、猿は「鬼が去る」に通じるため、とかいわれる。
 また、金網が張ってあるのは、この猿は、御所の鬼門を守るため、日吉山王神社から使わされたものであるが、夜になると逃げ出して通行人に悪さをしたらしい。そこで、金網を張って閉じ込めたという。
 
京都御所の誕生
 平安遷都のときの内裏は、現在の御所より2kmほど西の方にあった。
その後、内裏の焼失などの理由で、公家の屋敷を仮の内裏としたもの(里内裏)が何度もおかれた。
今の京都御所は、光厳天皇が元弘元年(1331)に東洞院土御門殿を里内裏としたことに始まり、
明徳3年(1392)の南北朝合一によって名実ともにこの地が皇居となった。
 中世以降の源頼朝に始まる各時代の権力者(武家)は内裏の修造を行ってきたが、
豊臣秀吉は内裏造営とともに、周辺に皇族や公家の屋敷を集めて「公家町」の原形ができた。
これは徳川幕府にも引き継がれ、1600年代初頭にほぼ事業は完了するが、その後も町の姿は少しずつ変わり続けていく。
銅像は京阪三条駅
の近くにある 地図
高山彦九郎正之
直筆の歌碑
 江戸時代ここ三条大橋は東海道五十三次の起終点にあたり、都の出入口であった。
この銅像は、高山彦九郎正之の姿。
 高山彦九郎正之(1747〜1793)は群馬県の出身で、18歳の時から5回上洛したが、
京都に出入りする折には、京都御所に向かっては拝礼した。
 明治維新を成就した勤皇の志士達は、彦九郎を心の鑑と仰いだと言われる。