羅城門跡地図

 
羅城門復元模型 花園児童公園内にある羅城門遺跡の石碑  羅城門
 この地は、平安京の昔、都の中央を貫通する朱雀大路(今の千本通りに当たる)と九条通との交差点に当たり、
平安京の正面として羅城門が建てられていた。門は二層からなり、瓦ぶき屋上の棟には鴟尾が金色に輝き、
威風堂々として、宮城の正門たる容姿を備えていた。
 正面十丈六尺(約32m)、奥行二丈六尺(約8m)、内側、外側とも五段の石段があり、その外側に石橋があった。
嘉承3年(1107)正月、山陰地方に源義親を討伐した平正盛は、京中男女の盛大な歓迎の中をこの門から帰還しているが、
この門は平安京の正面玄関であるとともに、凱旋門でもあったわけである。
 しかし、平安時代の中後期、右京の衰え、社会の乱れとともにこの門も次第に荒廃し、盗賊のすみかとなり、
数々の奇談を生んだ。
その話を取材した芥川龍之介の小説を映画化した「羅生門」は、
この門の名を世界的に有名にしたが、今は礎石もなく、わずかに明治28年建立の標石を残すのみである。

 羅城門の楼上に安置されていた兜跋毘沙門天像(とばつびしゃもんてん・国宝)は、今も東寺にあり、憤怒の形相をたたえ、
魔物から守護してくれている。 
矢取地蔵前に羅城門跡の
道標があり、北に入る。
矢取地蔵

矢取地蔵尊

 本尊は矢取地蔵尊。石像で右肩に矢傷の跡が残っている。左手に宝珠,右手に錫状、矢を持っ。

かつては矢負地蔵とも呼ばれた。

天長元年(八二四年)、日照り続きで人々は飢えと渇きに苦しんでいた。そのため淳和天皇の勅命

により、東寺空海(弘法大師)と西寺の守敏僧都神泉苑の池畔で雨乞いの法会を行った。

先に守敏が祈祷するも雨は降らなかった。

対して、空海が祈祷すると三日三晩にわたって雨が続き、国土が潤った。

これにより守敏は空海を恨み、ついに空海を羅城門の近くで待ち伏せて矢を射かけた。する

と一人の黒衣の僧が現れ、空海の身代わりとなって矢を受けたため、空海は難を逃れた。

空海の身代わりとなった黒衣の僧は地蔵菩薩の化身であったため、その後の人々はこの身代わり

地蔵を矢取の地蔵と呼び、羅城門の跡地であるこの地に地蔵尊を建立し、長く敬ってきた。

現在の地蔵堂は明治十八年( 一八八五年)に、唐橋村(八条村)の人々により寄進され建立され

たものである。京都市

 桓武天皇が京都に都を移した際、朱雀大路を中心に右京と左京に分けた。
その朱雀大路の入口に、芥川龍之介の小説「羅生門」でも知られる羅城門址の
石碑が残る。
当時は、門の両側に東寺西寺を置き、門から入ろうとする災いから、
都を守っていたという。
 羅城門の東に建てられた東寺は、建立と同時に空海にあたえられ、
真言宗発展の根拠地となった。
一方、西に建てられた西寺は、早いうちに消失した。
守敏にまかされたが、再建されなかった。

護国の寺⇒⇒⇒

   
  
平安京のメインストリートである朱雀門大路の南端に設けられた、都の表玄関にあたる大門で、この門を境に京の内外を分けた。弘仁7年(816)に大風により倒壊し、その後に再建されたが、天元3年(980)の暴風雨で再び倒壊した後は再建されることがなかった。11世紀前半に藤原道長が法成寺運営のため、門の疎石を持ち帰った記述が「小右記」にあり、この頃には門の礎石や基壇のみの姿になっていたと思われる。 付近の発掘調査では、羅城門に関わる遺構は見つかっていないが、東寺の木造兜跋毘沙門天像(とばつびしゃもんてん・国宝)や三彩鬼瓦(重文・京都国立博物館寄託)はこの門にあったものと伝えられている。