清明神社地図

葭屋町通りにある鳥居 本殿 
平安時代中期、陰陽道の大家安部清明(921〜1005)の邸であり、没後に清明を祀ったのが神社起こりだという。
 安倍清明は孝元天皇の皇子の御落胤という。天文道、陰陽道に秀で、とくに式神(識神・職神・陰陽師に従って神技を行う精霊)を扱うことにすぐれ、数々の秘術をあらわしたという。土御門家の祖で、同家は代々天文・陰陽道を専らとして朝廷につかえた。
 神社の南にある一条戻橋 (地図)は、あの世とこの世をつなぐ橋とされていた。
 源氏物語でも「行くは帰るの橋」と歌われ、だい第九帖「葵の巻」にある葵の上と六条御息所の車争いでも有名な場所。
一条戻橋⇒⇒⇒


安倍晴明⇒⇒⇒ 
朱雀天皇 朱雀天皇 村上天皇 冷泉天皇 円融天皇 花山天皇 一条天皇