當麻蹶速地図


當麻蹶速塚(たいまのけはやづか)  當麻町相撲館けはや座
  本場所と同じサイズの土俵
當麻蹶速像
 相撲の始祖として知られる當麻蹶速塚と伝えられている。
 「日本書紀」によると、垂仁天皇7年(紀元前23)、自分の強力を自慢していた當麻蹶速と出雲の野見宿祢とを天皇が力比べさせた。
これが日本初の天覧相撲となり、蹶速は脇骨を蹴り折られて死んでしまった。宿祢は蹶速の領地を賜り、
命をおとした蹶速の墓が當麻に建てられました。
これが現在まで貴重な遺跡として残されている五輪塔です。
伝承の上では、蹶速は高慢なように言われていますが、実際は都ずれしない素朴で野性的な性格の人で、
当時の人々から親しみをもたれていました。
志賀清林の墓⇒⇒⇒
神魂神社⇒⇒⇒
野見宿祢⇒⇒⇒
垂仁天皇⇒⇒⇒
相撲神社⇒⇒⇒
建武雷之男神と建御名方神の戦い⇒⇒⇒
十二柱神社・野見宿祢・泊瀬列城宮⇒⇒⇒
 當麻蹶速にちなんで建てられた全国でも珍しい相撲館。
 番付約1000点、取組表・星取表500点、錦絵60点、古書の相撲秘訣、相撲起顕、金剛力士伝、
太刀山等40点他約10000点。
他に化粧回し、明け荷、板番付、相撲玩具等があり、館内には本場所と同じサイズの土俵があります。
野見宿祢のゆかりの地、桜井市出雲の十二柱神社には、宿祢を祀った古ぼけた石の五輪塔が立っている。