比売久波神社 ・島の山古墳・箕輪寺跡・唐院 地図 



比売久波神社
   
 拝殿  本殿
祭神 久波御魂神(くばみたま)、天八千千姫(あまはちち)

 延長5年(927)成立の延喜式人名帳記載の由緒を持つ神社で、本殿は一間社春日造り檜皮葺きで、
春日大社摂社若宮本殿を移築されたと云われ、江戸時代初期の特徴を持つ装飾の少ない簡素なもので形式・手法は
春日大社本殿と一致している。
 社殿建築として、奈良県指定文化財となっている。これ以前にも、応仁期(1467〜69)に春日大社本殿
を東院に売却した記録があり、この地が、中世より、興福寺・春日大社の荘園であったことから、歴史的つながりが深い。
 御神体は地元では桑の葉と伝えられ、隣接する糸井神社と共に、この地域が、古代より、蚕産・絹織物の生産に
関わる地域であろう。
 境内には大国主神社(祭神:大物主命)、事代主神社(祭神:事代主命)、春日神社(祭神:天児屋根命)がある。
かっては、比売久波神社の神宮寺である箕輪寺の僧侶が管理していたといわれる。
 拝殿には江戸時代末期から現代までの絵馬が奉納されている。 
   
 拝殿と本殿との間にある踏み石   推定 島の山古墳検出竪穴式石室
 拝殿と本殿の間には、東に隣接する国史跡・島の山古墳から持ち出された竜山石(兵庫県高砂市周辺で産出する
凝灰岩で、古墳時代前期より石室・石棺に使用された。)の天井石3石が踏石として置かれている。
     
     

島の山古墳
   
 奈良盆地中央の平坦部、寺川と飛鳥川の間の沖積微高地上に営まれた南南東に前方部を向ける
三段築式の前方後円墳である。
前方部は後円部に比べて低いが、その幅は後円部径近くまで広がっている。
この古墳の南方には、黒田大塚古墳を南限として、全長50m前後の前方後円墳数基を含む
いくつかの古墳が存在する。
本墳はこの式下古墳群の中心的存在として注目される。  
全長    200m、 墳形 前方後円墳
後円部径 113m、 同高 17.4m
前方部幅 103m、 同高 11m 
周濠長   265m、 同幅 175m
築造時期 4世紀末〜5世紀初

 島の山古墳は大和盆地中央部に築造された巨大
古墳で、発掘調査で前方部頂に粘土郭を検出し、棺外から
約2500の玉類の他に、緑色凝灰岩製腕輪他が出土した。
墳丘の調査では、円筒埴輪列が出土し三段築成が確認できた他に、
形象埴輪などが出土し、くびれ部東西から造りだしの跡を検出した。 
県立図書館情報館長・千田氏講演⇒⇒⇒ 




箕輪寺跡
 
かっては、比売久波神社の神宮寺である箕輪寺の僧侶が管理していたといわれる。  
 
 真言宗豊山派の寺院で円通大士によって開かれたといわれている。
永享2年(1430)に本堂や本尊が焼失したが、再建した本堂に
木造十一面観音立像が本尊として迎えられた。本堂がなくなった現在、
別の寺院で他の像と共に保管されている。



唐院  205
唐院は、道陰の庄を音読みしたものであるとも言い、また陶工、加藤籐四郎に因む陶院に由来するとも言われている。
また唐の国より渡来してきた人々によって、土着したことから唐院と呼ばれるようになったのではないかという様々な説が伝わっている。 
 
箕輪焼の伝説
東院で踊られている唐院音頭の11番に以下のような歌詞があります。
「とんと唐院、よいところ 素焼きかまどに火が燃える。加藤籐四郎、いまいずこ やれこい どっこい 箕輪陶器の創めどころ、
加藤籐四郎といえば、瀬戸焼の開祖として知られている伝説的人物で、加藤景正の略称です。一般的には、貞応2年(1222)に道元とともに南宋に渡り、5年後に帰国し、陶器に適した土を探して全国を放浪した後に尾張国の瀬戸で窯を開いたとされています。
 













茄子塚古墳

 円墳であったのか前方後円墳であったかは判断し難い状況。
出土遺物は須恵器高杯、堤瓶(さげべ)、台付長頸壺等。これらの土器より、古墳時代を推定すると5世紀の終わりから6世紀初頭にかけての古墳といわれている。 









瓢箪山古墳
 墳丘上には祠があり白木大神・白次大神を祀っている。
前方後円墳で、前方部を南西方にむけている。全長約40m、後円部径約25m、前方部幅15m、後円部の高さ約4.5mの規模である。
 6世紀前半に築造されたとみられる。周濠からは犬形埴輪や人物埴輪が出土。犬形埴輪は体長46cm、首まわりに突出があり、
首輪を表現したものとみられる。
 三宅古墳群は三宅町、川西町、田原本町にまたがる古墳群で、17基の古墳が確認されている。
 一帯は古墳時代には穀倉地帯で、ヤマト政権の基盤となった「倭屯倉(みやけ)」と呼ばれる直轄地が広がっていたとみられれ、被葬者
は屯倉を管理していた有力者の可能性がある。




寺の前古墳

 だんだん前方部の土取りが進行し、墳形も変貌しつつあるが、周濠と墳丘が明瞭に残存している前方後円墳である。 





高山古墳

 北辺の道路拡張工事により墳丘北辺が削り取られ、その折、円筒埴輪の破片が出土したといわれ、円筒埴輪列をめぐらしていたと推定される。
この古墳は、三宅町の古墳のなかでは大きい部類に属する。




アンノ山古墳

 全長約40mの前方部を南東側に向けた前方後円墳。墳丘が大きく削平され、現在では畑になっている。





笹桙山古墳