シウロウ塚古墳
下池山古墳
新饌田(しんせんでん)
珠城山古墳(たきやま)
茅原大墓古墳(ちはらおおばか)
中山大塚古墳
東殿塚古墳

ヲタカ塚古墳
弁天社古墳
桜井茶臼山古墳

黒田大塚古墳

西山古墳

巣山古墳

ノムギ古墳

赤土山古墳

     

  

 

シウロウ塚古墳(地図)

全長120m、後円部の径約60m、高さ約10m、前方部の幅約60m、高さ4mの前方後円墳である。墳丘上で土師器片が採取されているが、葺石、埴輪などは出土していない。
古墳⇒⇒⇒


下池山古墳(地図)

燈籠塚古墳の西北にある。全長125m、前方部の幅約25m、高さ約4m、後方部の幅約60m、高さ約9mの前方後方墳である。墳丘から埴輪、葺石が発掘されている。内部は詳らかではないが、竪穴式石室があったと推察されている。副葬品として勾玉、朱砂、刀剣片などが出土している。墳丘の西側と東側に池があり、周濠があったのではないかと推定される。
 リンク先変更 下池山古墳



新饌田(地図)

狭井川のほとりに大神神社の新饌田がある。この田では、五月に播種祭(はしゅさい)、六月に御田植祭(おたうえ)、十月に抜穂祭(ぬきほ)が行われ、この田で作られた米が大神神社の大祭に供せられる。稲の栽培は、篤農家の集まりである「豊年講」が担当している。



珠城山古墳(地図

 
   
   
珠城山古墳群は古墳時代後期(6世紀)に築造された前方後円墳3基からなる古墳群で、

発掘が行われた1・3号墳からは、環 頭大刀や金銅装馬具などの豪華な副葬品が出土してい

ます。2→1→3号墳の順に築かれたと考えられ、この地域を支配していた豪族が代々築い

たものだと思われます 1950年頃から行われた度重なる土砂採集により、3号墳の大部分は

失われましたが、その他の部分は保存され、1978年2月に国の史跡に指定されました。その

後、墳丘調査が行われ、2・.3号墳間から円筒埴輪列や盾持人物埴輪が出土するなど多くの

成果がありました。現在、1号墳の墳丘や横穴式石室、2号墳の墳丘が見学できるようにな

っています。

:桜恭市教育委員会

珠城山古?群は柬から一 二 三

三基の前方後円墳で構成された

古墳時代後期の古墳群です。

一号墳は後円部の南に開口した

横穴式石室左設け、石宝中央部に

組合式石棺を安置しています。

古墳の規模は全長約五十米

後円部径約二十四米です。

二号墳の埋葬施設は不明ですが

古墳の規模は、全長約九十米後

円部径約四十五米

三号墳は前方部の先端が現存す

るのみですが前方部後円部に南

開口する横穴式石室がありました。

古墳の規模は全長約五十米、

後円部径約二十四米です。


     
珠城山古墳群は、三基の古墳で構成されており、東から順に第1・2・3号墳と呼ばれている。第1号墳は、花崗岩質の地山(じやま)を掘って、羨道(せんどう)を設け、横穴式石室を構築したものである。盛土は、直径約21m、高さ約5mの円形成している。
第2号墳は、前方後円墳で、すでに開墾されて、著しく変形している。
第3号墳は、全長約50m、後円部の直径約25m、前方部の幅約25mの前方後円墳である。古墳の上から、南東に三輪山、東に穴師山、北に景行天皇陵が望める。  
古墳⇒⇒⇒



茅原大墓古墳(地図

この古墳は、三輪山の西麓に築かれた、帆立貝式の前方後円墳である。墳丘部全長86m、後円部径56m、
前方部幅約29mで、箸中古墳群の中では、箸墓古墳に次ぐ規模をもっている。
墳丘墳丘には葺石とともに円筒埴輪が樹立していたらしく、破片が散乱している。また、周囲に周濠の痕跡をとどめている。
帆立貝式の古墳は全国でも数が少ない。
古墳⇒⇒⇒
古墳時代中期初め(4世紀末)に作られたとみられる武人の埴輪1体が見つかっている。
人を表現した人物埴輪の出土例は、これまで5世紀初め〜前半が最古とされてきた。
埴輪は、古墳時代に円筒や水鳥、家などの形で現れたといわれる。しばらく人の形は作られず、
大和王権の中枢があった畿内に現れたあと、全国へ広まったと考えられている。人物の最古の出土例は、
5世紀初め〜前半の拝塚古墳(はいづか・福岡市)や墓山古墳(大阪府羽曳野市)だった。
茅原大墓古墳は、帆立貝式古墳といわれ、前方部が短い。葬られた人物は不明。三輪山の西の麓にあることから、
三輪山の信仰と深い関わりのある一族が古墳を守護する意味で作ったとみれれる。
4世紀末は、箸墓古墳や景行天皇陵(渋谷向山古墳)など、200mを超える巨大な古墳をつくった奈良盆地東南部の
勢力が衰退し、盆地北部や河内地域へと大和王権の中枢が移った時期とされる。
古墳と周濠の外をつなぐ渡り堤がある(古墳前方部の東端で幅約7m)。渡り堤は斜面を削って造られることの多い前期古墳
で多く見つかる。周濠の水位調整のほか、古墳への立ち入るための通路、祭祀の場などの機能がある。
渡り堤は箸墓古墳や行燈山古墳などもある。
最古の人物埴輪
 阿波踊りのすげ笠のようなかぶり物、顔を見ると口が開き、笑っているようにも見えるが、実はちがう。衝角付(しょうかくつき)
と呼ばれる先端が鋭くとがった冑(かぶと)をかぶり、盾を持ったいかめしい武人の埴輪である。古墳の主人公を警護する番人
であった。
 古墳時代の初めの頃、土器形の埴輪だけがまず古墳に樹立され、その後、家や武器などをかたどった新たな種類の埴輪が
加わる。そして最後に加わったのが人物埴輪である。盾持ち人埴輪は、全身像の先駆け出現する。
  朝日新聞 2013−5−17
 大きな石材を使わない構造の埋葬施設を持つ可能性の強いことが地中検査で分かった。
当時の大王(天皇)墓に多用された竪穴式石室ではなく、木棺を覆って保護した粘土槨と呼ばれる構造などの可能性が浮上。
被葬者像など推測する上で貴重な成果とされる。
 古墳は、後円部と比べて前方部が短い、帆立貝式古墳。国内最古とみられる人物埴輪が出土したことで知られる。




この古墳は、俗に大塚と呼ばれている。一見すると、円墳のように見えるが、帆立貝式前方後円墳である。帆立貝式前方後円墳は、前方部が非常に短く、低くなった形式の古墳である。上方から見ると、帆立貝の形に似ていることから、帆立貝式と呼ばれている。この形式の古墳は、奈良県下では、北葛城郡河合町にある乙女山古墳が代表的なものであるが、その数は極めて少ない。古墳時代中期の構造であると推定されている。西側には溜池があり、周濠があったようである。





中山大塚古墳(地図

大和稚宮神社(おおやまとわかみや)に隣接している。「ちゃんちゃん祭り」の御旅所でもある。大和神社の斉女(いつきのひめみこ)・淳名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)の墓と伝えられている。全長約120m、後円部の径約80m、高さ約10m前方部の幅約50m、高さ約6mも前方後円墳である。前方部には大和稚宮神社と歯定神社が建てられたために、墳丘は変形している。後円部の北側に周濠の名残りと思われる低地があるが、周濠の存在は不明である。後円部には、破壊された竪穴式石室があり、この古墳からは、葺石、埴輪、玉類、土器などが出土している。
古墳時代前期初頭(3世紀後半)で最古の大型前方後円墳。
 岡山県吉備地方で発達して埴輪のルーツになったとみられる特殊器台の破片が、1980年代にみつかった。
 墳丘の長さは、前方部と後円部をあわせると132m。前方部は上からみると箸墓古墳と

同じように三味線のバチのような形をしている。また、前方部西側に三角形の突出部をもっこ

とや、後円部に高さ1 m、幅5mほどの低い段をもつこともわかった。

 そして、何より驚きだったのは墳丘の盛り土と石材の量である。普通、古墳は山を削り、形

を整え、盛り土をして造られている。もちろん中山大塚古墳も同じように盛り土をしている

が、それが高さ最大9m以上にも及んでいることが確認された。この盛り土の上に石を並べ

て古墳の威容を整える。これを「葺石」と呼ぶのだが,中山大塚古墳では急な斜面に大量の石

が二重、三重に積み上げられていた。厚さは1mに及ぶ。中山大塚古墳をみると、緑に

われた自然の小山のように風景に溶け込んでいるが、かつてそこにあったのは石で覆いつくさ

れた人工の山だったのである。

 古墳の造り方としては、後円部側を先に造り、それに付け足すように前方部をくっつけてい

ることがわかった。しかし、前方部の頂上には埋葬施設は見当たらなかった。中山大塚古墳よ

り後に造られた古墳をみると前方部が大きく発達し、埋葬施設を設けることも多くなる。古

墳は、後円部に眠るたった1人の権力者のために造られたものであり、それが元々の前方後円

墳の埋葬の方法だったと考えられるのである。

 ところで、中山大塚古墳では、埴輪の先祖と考えられる特殊器台形土器がかつて採集され

ていて、箸墓古墳と同時期、もしくはそれよりさかのぼる極めて古い時期の古墳と考えられて

いた。調査の結果、出土したのは特殊器台形土器ばかりでなく、文様が施されていない普通

の円筒埴輪も、かなり含まれていることが明らかになった。墳丘の斜面からも円筒埴輪が出土

しているところからみると、後円部の頂上に円筒埴輪が立てられていたようだ。

 そうなると、円筒埴輪が誕生した時期の古墳で、箸墓古墳より後の時期に築造された古墳だ

と考える方がよい。中山大塚古墳は突出して古い時期に築造されたものではなさそうだが、ご

く初期の前方後円墳であることに違いはない。埋葬されたのは、ごく初期のヤマト王権にお

いて権勢をふるった人物だったのだろう。

 かくして、ここに古い前方後円墳の全貌がほぼ明らかになった。
21012−9−28 朝日新聞
県立橿原考古学研究所

付属博物館 総括学芸員 坂靖







ヲタカ塚古墳(地図)

古墳⇒⇒⇒



弁天社古墳(地図)

 弁天社古墳は封土が既に失われ、現在は玄室が露出している。
発掘調査が行われていないため詳細なことは不明だが、石室は南に羨道をもつ両袖式の横穴石室である。
 玄室内には既に破壊された石棺の破片があり、羨道部には立派な家形石棺が安置されている。
石棺は凝灰岩を刳り抜いて造られたもので、裏側には盗掘の際の穴が開けられている。この古墳は、
古墳時代後期の古墳が多い三輪山麓の中でも石棺の残る珍しい例の一つである。
古墳⇒⇒⇒





桜井茶臼山古墳(地図

 古墳時代前期前半に造られた大王墓級の大型前方後円墳、(墳丘長200m、3世紀末〜4世紀初頭)
 前面に朱が塗られた古墳時代前期の竪穴式石室と木棺がある。
当時の貴重品だった顔料「水銀朱」が200kg以上使われたみられる。
 水銀朱は、石室の天井石や壁などを構成する板石1枚1枚の前面に丁寧に塗られている。水銀朱の厚さと石材の表面積から計算すると石室全体に塗られている水銀朱の量は200kgを超えることが判明した。当時貴重な水銀朱をふんだんに使用した豪華な石室である。
 板石を丁寧に積み上げてつくられたこの石室は、壁が垂直に立つことが特徴だ。こうした垂直の壁をもつ石室には、それを閉じる巨大な天井石が必要であり、ここでは12個の巨石が使われていた。最大のものは長さ2.75m、幅76cm、厚さ27cmで、推定約1.5tonの重さがある。
天井石は主に安山岩で、二上山付近から運ばれてきたらしい。
 桜井茶臼山古墳と同時期の大型前方後円墳の中でも最大のものは西殿塚古墳である。桜井茶臼山古墳はそれに次ぐ規模で、被葬者は初期ヤマト王権の大王あるいはそれに次ぐ有力者と考えられる。
古墳時代前期の竪穴式石室の、木棺は最大級。
 大量に朱が塗られた竪穴式石室と木棺が確認されたほか、王権のシンボルとみられる碧玉(へきぎょく)製の玉杖(ぎょくじょう)などの副葬品も多数見つかっている。
 茶臼山古墳は大和川の南方にあり、墳形や石室構造も大和川北方の古墳群とは異なる。
 被葬者はヤマト王権の中でも異質とみられ、桜井市のメスリ山古墳(茶臼山古墳に後続する大王級の巨大前方後円墳)とともに日本海沿岸の海洋民と連携していた可能性がある。 
 卑弥呼による遣魏使派遣の年である239年後の年号を記した鏡をもつ古墳は全国で13基。このうち年号と古墳の年代が近いのは日本海沿岸の3基
の古墳だけである。
 京都府の太田南5号墳
 兵庫県の森尾古墳
 桜井市茶臼山古墳
 従来は想定していなかった柱列が方形壇の裾から見つかった。柱を据えるための溝状の遺構が方形壇の裾を取り囲むようにめぐっていた。
 メスリヤマ古墳は後円部墳頂には、方形壇を取り囲むように、高さ約1.6mの巨大な円筒埴輪が方形に並べられていた。
 木と埴輪の違いはあるが、方形壇を取り囲む区画施設は視覚的にも似通っている。丸太垣から埴輪列へと変化がここで起こり、以降、埴輪の使用が一般化していく。
 大量の炭が方形壇から出土した。方形壇で火をたく儀礼が執り行われたと想定される。埋葬施設という古墳の重要空間を取り囲む丸太垣は、聖域を外部から隔絶する機能を果たした。
古墳⇒⇒⇒





五つ塚古墳群

 五つ塚古墳群は、その名のとおり5基からまる古墳群で、山裾に墳丘の後背部を掘削、盛土して造られいる。
 山側の1,3,5号墳が円墳、2,4号が方墳で、埋葬施設は、いずれも南に向かって開口する横穴式石室である。
 築造時期は、石室形態等から円墳の1,3,5号墳が6世紀後半、方墳の2,4号墳がやや新しく7世紀に入って造られたと考えられる。
 古墳時代後期の小古墳は、この周辺に数多く造られており、五つ塚古墳群もこうした群集墳の支群のひとつと見られる。





東殿塚古墳(地図

 「西殿塚古墳・東殿塚古墳は大和古墳群のなかでも最も高いところに位置する前方後円墳で、ともに前方部を南に向けて築かれています。これら2基の古墳が築かれた丘陵の尾根上には、中山大塚古墳・燈籠山古墳など前方後円墳が連なるように立地し、大和古墳群中山支群と呼ばれています。
 全長139m、後円部径65m、前方部幅49mを測り、周囲には古墳の外周を区画する長方形の地割が残っています。後円部墳頂には多量の板石が散乱していることから、埋葬施設は竪穴式石室であると推定されています。
 平成9年に天理市教育委員会が前方部西側で実施した発掘調査では、墳丘上段部裾の基底石列や墳丘下段裾の葺石、掘割(周濠相当の落ち込み)と外提を検出するなど、多くの新たな知見が得られました。とくに、墳丘裾と外提の間の掘割内で見つかった祭祀施設では、初期埴輪と二重口縁壺や甕(かめ)、高坏(たかつき)など布留式土器(ふる)、さらに近江系や山陰系など外来系土器との共存が確認され、初期埴輪の年代的位置づけと古墳の築造時期を考える上で非常に重要な資料が得られました。
 埴輪配列を構成した初期の円筒埴輪には、朝顔形埴輪・鰭付円筒(ひれつき)・特殊器台形埴輪などがあります。その中でも鰭付円筒埴輪の1点には船をモチーフとして描かれた線刻絵画があり、当時の葬送観念を反映するものと考えられる重要な発見として知られています。
 築造時期  西殿塚古墳・東殿塚古墳の築造時期については、これまで発掘調査等で出土した初期埴輪からみて、特殊器台形埴輪を主体とする西殿塚古墳が先行し、次に朝顔形埴輪・鰭付円筒埴輪が出現する東殿塚古墳が築造されたものとみられます。しかし、出土遺物が示すそれぞれの古墳の時期に大きな隔たりはなく、埴輪の出現から成立期(3世紀後半)に連続的に築造されたものと考えられます。」
 天理市教育委員会
古墳⇒⇒⇒
 西殿塚古墳の東に東殿塚古墳がある。内部には竪穴式石室が設けられ、墳丘上には葺石が敷かれ、埴輪が出土している。墳丘の東側には、池が存在し、西側にも池の痕跡があるので、周濠があったと推定されている。この古墳の一部はみかん畑になっている。




ノムギ古墳

 全長63mの前方後方墳。現在は高さ3mほどの低い墳丘ですが、築造当時は高い墳丘があり、
周りの耕作地も古墳が築かれた当時は周濠がめぐっていた。古墳時代前期前半(3世紀後半)に築かれた古墳で、
最初に高い墳丘を築いた最古級の前方後方墳。

濠跡

大和古墳群の北端を限る古墳である。ノムギ古墳の現状は改変が激しく、墳形は定かではなかったが、
エ塚古墳との間の水田が調査されて濠跡が出土した。これにより前方後方墳であることが確かめられた。
状では全長約63mである。

濠跡からは築造直後に捨てられた土器や埴輪などが出土している。土器には、東海地方や山陰地方に類似

するものも出土し、これらの地方との交流を示している。築造された時期は古墳時代前期前半ごろと推定さ

れる。なお上方はヒエ塚古墳。

 大和古墳群にある天理市佐保庄町の前方後方墳。前方部の幅がスリムで古墳出現期の傾向がうかがえる。



巣山古墳

 国特別史跡4世紀末〜5世紀初で墳丘のすそ部分や外堤の内側に敷き詰められた葺石が計約180mにわたって出土している。
全長220m。大きさから大王級の古墳とされ、大和王権を支えた葛城氏に関係する古墳との見方がある。
前方部東側にあたる外堤の内側延長約58m、前方部と後円部の境目にあたる墳丘両側のすそ部分約60mと約62mの計3ヶ所
で葺石を確認されている。大きさは10〜40cm程度で、二上山山麓の安山岩が主体である。

























新木山古墳 地図

   
 奥 巣山古墳  手前 新木山古墳  新木山古墳の記録
 大和郡山市に陵墓参考地の新木山古墳がありましたが、広陵町三吉にも同名で呼ばれ

る古墳があります。馬見古墳群の中央群にある墳長200mの大型前方後円墳です。

主軸の向きは東西方向、段築は3段、両側くびれ部に造り出しがあります。幅約20m

の盾形周濠がめぐります。周濠の南側は田畑となりますが、地割に痕跡をたどること

ができます。

町教育委員会の発掘調査で幅約20m 、高さ3m以上の外堤や、その外周に区画溝が設

けられていることがわかりました。巣山古墳に続く、古墳時代中期前葉(5世紀前半)

に造られました。

1882 (明治15 )年には勾玉や管玉、棗玉 (ナツメの実のような楕円形の玉)など

が出土し、86年に陵墓の候補地として宮内省(当時) の御陵墓伝説地になりました。そ

の後、三吉陵墓参考地という固有名称が付けられて、現在に至ります。なお、これまで

の回にも登場した「陵墓参考地」ですが、この名称は1926 (大正15 )年10月の「皇

室陵墓令施行規則」に出ています。

奈良県で生まれた考古学者/森本六爾(1903〜36 )が残した野帳(フィールドノート)に
踏査記録が
載せられています。訪れたのは23年8月のこと、地元の

人から聞き取った埋葬施設の見取り図です。今では知ることのできない貴重な記録です。

細長い5点の凝灰岩を並べた天井石と、薄く割れた安山岩の石材を積んだ壁が描かれ

ています。床面には白色の石英の小石が敷かれ、朱が混じっていたといいます。つま

り、埋葬施設は竪穴式石槨だということです。

天井石を凝灰岩と記しています。兵庫県の加古川流域から運ばれてきた凝灰岩の一種

となる竜山石でしょうか。葛城市の屋敷山古墳でも、竜山石の天井石が見つかっていま

す。しかし、近畿の大型の中期古墳にみられる長持形石棺についての記載はありませ

ん。まだ知られていない情報があるのかもしれません。

中央群では、墳長100m前後の帆立貝形前方後円墳の池上古墳、乙女山古墳、前方

後円墳のナガレ山古墳、佐味田宝塚古墳などで、木棺の底側・蓋を粘土で覆う粘土槨

が埋葬施設になったと推定されています。一方、墳長200m以上の大型前方後円墳の

巣山古墳と新木山古墳は竪穴式石槨です。格付けを示したものでしょう。記録のおかげ

ではっきりしました。

森本は前方部頂上近くの南側にある円筒埴輪列の現況略測図面も残しています。南側

の前方部側面の第2段平坦面にめぐらされた円筒埴輪列のことだと推測されます。

墳丘第1段平坦面の円筒埴輪列の様子は、2010年の宮内庁の調査で確かめられ

ました。南側の墳丘裾を中心に12ヶ所のトレンチ(調査区)が設けられました。墳丘

をかたちづくる途中の地山の状態の時に埴輪をならべ、その後に盛土をしながら、円筒

埴輪の最下段を埋めたと報告されています。なお形象埴輪としては、壺形、蓋形,家

形、短甲形が確認されています。
2107−7−14 朝日新聞 (関西大非常勤講師今尾文昭)



























黒田大塚古墳  地図

     
  三宅古墳群の南端に位置する古墳時代後期の前方後円墳である。墳丘は2段築成であり、推定される規模は周濠を含め全長86m、
墳丘長70m、後円部径40m、後円部高さ8.2m、前方部前端幅45m、前方部高さ7.7mである。
また、墳丘周囲には幅8m、深さ約1m、の周濠が」めぐる。
 周濠の発掘調査では、墳丘に立てられていた円筒埴輪や蓋形埴輪、蓋形や鳥形の木製品が転落した状態で出土していて、
本来墳丘に立てられていたと考えられている。
 埋葬施設は未調査のため不明だが、古墳の築造時代は、その形態や出土遺物から6世紀初頭と考えられる。
 奈良盆地中央部の数少ない古墳時代後期の大型古墳として、注目すべきものである。

 奈良教育委員会
























西山古墳 地図

   
   
  杣之内古墳群の内にあって盟主墓的な前方後方分である。古墳時代前期に築造されたと推定できる。全長約183m、前方部幅約72m、後方部幅94mの規模があり、全国の前方後方墳の中では最大規模を誇る。古墳は後方部を東に向け、主軸を東西方向に置く。
 墳丘は第一段目が前方後方形であるが、第二段目は前方後円形となる特異な形態ををしている。
 外部施設は葺石と埴輪が見られる。内部施設は竪穴室があったと思われ、鏡・鉄剣・勾玉・管玉の出土を伝えている。また古墳の周囲は濠がめぐっていたと思われる。
 本古墳は布留川が平野部へ流れ出た南岸に築造され、要害の地を占めているものと推定される。

















塚穴山古墳 地図

 
     

 西山古墳の北に接して築造された古墳です。直径約六三..五m

の大型の円墳で、盛り土は大半が失われ横穴式石室が露出しています。

墳丘は現状では濠から約五mが残ります。墳丘南東部裾まわりの調

査では、周濠と外堤が検出されました。濠底の幅は約九 .五m あり

ます。したがって、復元された古墳全体の規模は外堤を加えると

直径約一 一0mになり、円墳としては例を見ない巨大な古墳です。

横穴式石室は天井石もすべて持ち去られたと考えられ、奥壁二段、

東西の羨道・玄室両側壁および、玄室床は石敷きが残ります。

石室は南に開口する両袖式で、花崗岩の巨石を使用する古墳時代

終末期の造りを見ることができます。石室全長は一七m玄室奥壁

部は幅約二..九m、高さ約三.六m あります。奥壁二石目が天井石

の接するところです。

 石舞台古墳の石室は、全長一九m、玄室部天井高

四.七m あり、この古墳に匹敵する規模といえます。

石室内の調査では、羨道床面に暗渠排水溝が確認されました。

このほか石棺材料と考えられる凝灰岩の破片や土器類、銀糸で巻い

た鉄刀柄破片が出土しました。

古墳の築造された時期は、出土した須恵器などから六00年ごろ

と推定されます。

『日本書紀』は仏教の受け入れをめぐって、崇仏論争が起こった

ことを記します。崇仏派の代表は蘇我馬子、廃仏派の急先鋒は物部

連守屋でした。この対立は、五八七年に馬子が守屋を殺害して終わ

りました。これ以後の中央政界は蘇我氏の主導で進むことになります。

ところで、守屋の居宅は八尾市跡部といわれています。しかし、この辺

りには塚穴山古墳に匹敵するような古墳はありません。

 蘇我馬子は六二六年に亡くなり、石舞台古墳に葬られたとす

る説が有力です。
 歴史ウォーク「大和の中のヤマト」  高松塚壁画館 泉武 氏  より

 物部氏の巨大古墳
 石舞台古墳に匹敵する規模の墳丘と横穴式石室。古墳分布の左円墳。
 羨道の石組の形式が峯塚古墳へと引き継がれ発展した可能性がある。   
 

横穴式石室

 横穴式石室は巨石を使

用する終末期にふさわし

い造りである。全長は

17mあまり、玄室奥壁

部は幅約2.9m、高さ約

3.6mである。同時期の

大形石室であるハミ塚古

墳は12m、峯塚古墳

11mであることから、

巨大な石室であることが

わかる。

























iwayayama
岩屋山古墳

     
  岩山古墳は、7世紀代の一辺約54m、高さ約12mの方形墳と推定されているが、封土の西半分ほどは削り取られている。
石室は南面に開口する横穴式石室で、花崗岩の切石を用いて構築されている。石室の規模は、全長約16.7m、玄室は長さ約4.72m、幅約2.7m
、高さで側壁、奥壁二段に切石を積み、下段はほぼ垂直に上段は内側に傾斜している。
羨道は、長さ約12m、幅1.9mで、入口側の側石は二段積となる。羨道南端の天井石には閉塞施設のための溝が切り込まれていることや、
一段高くなっていることも特徴がある。また玄室南側の床面には、集水のための円形の掘り込みがあり、ここから、羨道のほぼ中軸に並行して排水溝が設けられている。


















カヅマヤマ古墳地図

 明日香真弓、7世紀後半
 墳丘の一部が正平地震(1361)で波打つように崩壊したとみられ、地震痕跡の年代がほぼ特定できる珍しいケースで知られる。
墳丘の規模は、1辺が約23m、高さ5m以上の二段構造の方墳である。
 丘陵に南側斜面を幅100m以上、高さ約10mにわたって削り、基盤を造成後、土を何層にも突き固めた「版築工法」で強固な方墳を築いた。
ピラミッドがせりだしたような威容を誇ったとみられ、石室も大量の板石を積み重ねた特殊な構造だった。
 正平南海地震は飛鳥でも強い揺れが続き、法隆寺薬師寺唐招提寺でも被害があった巨大地震であった。
  


















赤土山古墳(地図

   
 全長105mの前方後円墳、主軸をを東西にし、二段に築造された古墳で、
4世紀末から5世紀初頭(古墳時代前期末から中期初頭)の特徴をもつ。
以前は、前方後方墳ではないかと考えられていたが、地震による大規模な地滑り
によって墳丘の形が変化していたと判明した。後円部東南側に祭祀遺跡がよく残っていた。
作り出しと後円部裾に囲まれた一面にあたる。砂利が敷き詰められ、家型埴輪、朝顔型埴輪、
鳥形埴輪など12個が完全な形で出土した。
被葬者は和珥氏の有力者ではないかと考えられている。 
   

朝顔形埴輪

 墳頂部に立てられた埴輪で、高さは146cmあり、左右に鰭(ひれ)をつけ

て外側は全体を赤く彩色を施されている。

墳頂部の埴輪配列は規則的であり、またほかの部所から出土した埴輪に
比較して大形品が立てられ
た。




























minetuka

峯塚古墳 地図


 
     
峯塚古墳(古墳時代終末期)
 峯塚古墳は杣之内町に所在する古墳時代終末期の古墳です。東方から延びる尾根の南裾に位置し、南向きに開口する横穴式石室を有しています。
 墳丘は3段に築かれており、各段の裾の直径は下段から順に35.5m、28,4m、17.6m墳丘の高さは約5mあります。墳丘上段に葺石は凝灰岩質砂岩の長方形の切石をレンガのように葺いたもので、中段・下段には径5cm程度の円礫が葺石に用いられていました。墳丘の周囲には周濠が巡っていた可能性も指摘されています。
 横穴式石室は全長11.11mの大きなもので、羨道の入口付近を除くと築造当時の姿をよく留めています。玄室は長さ4.46m、奥壁幅2.58mで、天上石までの高さは2.4mあります。玄室に使用されている石材は、大きなものでは幅4.5m、高さ1.2mにおよび、2段構成で玄室の天井石を支えています。いずれの石材にも丁寧に加工された切石が用いられており、古墳時代終末期の横穴式石室の特徴を示しています。
 石室内は早い時期に盗掘されたらしく、副葬品や棺に関する手がかりは残っていませんが、石室の特徴から見て7世紀代に築造された古墳と考えられていまさう。同じ杣之内町内に所在する塚穴山古墳と共に、大和の古墳時代終末期を代表する古墳の一つに数えられています。
2009年年3月 天理市教育委員会 

 塚穴山古墳⇒
  
     「天理砂岩」
 墳丘上段には切石の葺石が施されている。石材は凝灰質砂岩(天理砂岩)である。比較的軟質で、海水産の貝化石を含む。近辺では天理市から奈良市にかけて分布する中新統藤原層群に類似の岩石があり、最も近くでは天理市豊田町で採取できる。
      

横穴式石室

 横穴式石室は花崗岩の切石を使用した精美な石室である。全長は約11m、奥壁幅約2.6m、高さ約2.4mである。

7世紀代の類例の少ない大形石室であり、石上氏の築造になる最後の横穴式石室といえる。  





























小墓古墳  地図

  小墓古墳は杣之内古墳群 に所在する古墳時代後期の前方後円墳である。墳丘は現状で長さ80mあり、現在は耕作地として利用されている。
 墳丘の周囲を見ると、かって周濠が水路や道の形状に名残りをとどめていることが分かる。
 埴輪など出土資料は一級品。








杣之内古墳群(そまのうち)

  杣之内古墳群は天理市杣之内町一帯に広がる古墳である。国内最大の前方後方墳である西山古墳はじめとして、大小の前方後円墳や円墳が点在している。
 古墳時代後期になると、古墳群の南部に西乗鞍古墳東乗鞍古墳小墓古墳が相次いで築かれる。










宇和奈辺古墳 地図

 














小奈辺古墳 地図

市庭古墳の東に、水上池 があります。池の南側堤上の市

道を東に向かって歩くと、コナベ古墳の周濠の南西角に出

ます。コナベ古墳は奈良市法華寺町にある古墳時代中期前

葉(5世紀前葉)の前方後円墳です。

墳長208 . 5m 、前方部前面で幅約40mの盾形周濠が

備わります。くびれ部から前方部にかけての両側には、周

濠に向かって突出した「造り出し」と呼ばれる大きな方形

部分があります。宮内庁は特定の天皇,皇族の陵墓にあて

ていませんが、墳丘部分については「小奈辺陵墓参考地」

として陵墓に準じた管理をしています。

北西を見ると、民家の合間に樹木が茂る場所が点在して

います。コナベ古墳の陪塚です。お供となる小規模な古墳

で、外堤に接して10基以上あります。築造当初は壮観な風

景がのぞめたことでしょう。

堺市の大山古墳(仁徳天皇陵)には十数基の陪塚が

あります。コナベ古墳は、数ではそれに大差がないばかり

か、時期も先行します。

ここから地形が高まり、ふたたび古墳が分布します。
ナベ古墳の東には、肩を並べるようにウワナベ古墳、さら

に北西にヒシャゲ古墳があります。いずれも大型前方後円

墳です。すでに墳丘が削られて、平らになった埋没古墳を

含んだ一群で、佐紀古墳群の東群と呼んでいます。

西群は前期古墳、東群は中期古墳が主ですから、佐紀古

墳群の大型前方後円墳の営みは、時代とともに西から東へ

と移っていきました。東群の大型前方後円墳で最初に築か

れたのが、コナベ古墳です。

宮内庁の管理地外にあたる墳丘の外側では、県立橿原考

古学研究所や奈良市教育委員会が発掘調査をしています。

益の幅は約15〜20m 、その内側と外側の斜面のそれぞれ

肩にあたる部分に円筒埴輪列がみつかっています。外側

は、底部の直径約40cmの円筒埴輪が8 . 7m間隔に、対照

的に内側は、50cm間隔で密に並べられていました。

さらに外堤の外側には、幅3〜4m、深さ30〜40cmの溝

がめぐります。周濠と比べると、格段に狭く浅いので「外

周溝」などと呼ばれています。陪塚は外周溝に接して設

けられました。もっとも陪塚にもそれぞれに周濠があった

ようです。

陪塚や周濠、外周溝が埋没している可能性が高いだけ

に、コナベ古墳とウワナベ古の2基は、航空写真や地図

から受ける印象よりも、実際はもっと近くに築かれてい束

す。2基のあいだは航空自衛隊の奈良基地ですが、敷地の

南側のあたりは当時、ほとんど接しているように見えたは

ずです。

2009年には、宮内庁による墳丘の発掘調査がありま

した。周濠の護岸工事の基礎資料を得ることが目的です。

大型円筒埴輪の上に載せられた蓋形埴輪や壺形、家形、柵

形埴輪,笊形土器(さる)の出土がありました。

なかでも注目されたのはくびれ部から前方部にかけて

の西側造り出し上部の調査です。内部を区画するためでし

ようか、東西方向に横切る円筒埴輪列がありました。埴輪

列は直線ではなく途中で切れ、列がずれて食い違いがで

きた状態で並んでいました。

そこには段差があり、南側が70cm高くなります。

造り出しの上部はただ平坦な広場だと思ってきましたの

で、意外でした。食い違いのすきまは40cmほどです。これ

は墳丘第1段平坦面への出入口を象徴的に表現したもの

でしょうか。造り出しの上と下段のステージの違いは何

を表現したものでしょうか。

発掘調査は新たな情報をもたらします。同時に、容易に解

けない課題も生み出します。
2017−1−27 朝日新聞 (関西大非常勤講師今尾文昭) 


左 コナベ古墳 右 ウワナベ古墳
  

佐紀古墳群の中央群の市庭古墳と東群のコナベ古墳は、

同じ頃に奈良盆地北部に現れました。円筒埴輪の特徴か

ら、市庭古墳がやや新しい時期に築かれたとみられています。

この連載で以前、佐紀古墳群を「ヤマト政権の一大勢

力」と評価しましたが、その勢力の内部が、古墳時代中期

前半(5世紀前半)には二つに分かれていたことを示して

いるのかもしれません。
それに関係するかどうかはわかりませんが、
市庭古墳にともな

う陪塚が確認されていないのとは対照的に、東群のコナベ

古墳には数多くの陪塚がともないます。

コナベ古墳の陪塚は、奈良時代には庭園に変えられまし

た。西側の陪塚のうち、南端の大和26号墳(宮内庁の飛地

と号)は宮内庁の管理地に接しており、過去に2度の発掘

調査がありました。2008年の調査では、コナベ古墳の

外周溝が埋められていたことがわかり、大和26号墳の周囲

に緩やかな傾斜の石敷きが見つかりました。

11年の調査では、さらに直線構成でかぎの手状に折れ曲

がり南に広がる石敷きが出てきました。奈良時代はじめの

須恵器・土師器や平瓦,鬼瓦が出土しています。

さらに、コナベ古墳の外堤上では東西、南北に方位をそ

ろえた掘立柱建物が2棟分見つかっています。大和26号

墳の墳丘を「借景」や「築山」のように見立てたのでしょう。

東側の大和20号墳(飛地い号)でも同様の例が確かめら

れています。1997年の発掘調査で、大和20号墳の周濠

を利用して墳丘側の裾ぎわに丸い石が敷かれていたことが

わかりました。また、奈良時代前半の多量の瓦や凝灰岩な

どを埋めた穴もみつかっています。付近に大規模な奈良時

代の建物があったと考えられています。

平城宮の北方域には、「続日本紀」に何度も記事が出て

くる「松林苑」の存在が想定されています。苑内では、聖

武天皇の出御(しゅつぎょ)のもと宮廷の年中行事にあたる
正月十七日の
大射、三月三日の曲水宴、五月五日の騎射
が催されまし
た。コナベ古墳周辺も苑内に取り込ほれていた
とみる説が
あります。

また別に、法華寺の「嶋」院に関係づける考えもありま

す。法華寺には、庭園として嶋院・中嶋院・外嶋院の三つ

の「嶋」院があり、これらで大規模な写経事業が行われた

ことが「正倉院文書」からわかっています。コナベ古墳が

近世ほで法華寺領になっていたこと、大和20号墳の南側に

法華寺の墓地があること、その北側の調査で法華寺創建瓦

が出土したことを理由とします。

さらには、法華寺や海龍王寺の前身は藤原不比等邸で

ったと われており、庭園もとは不比等邸など貴族の座

宅に関係した可能性も考えておきたいと思います。

平城宮の周辺に存在した古墳を奈良時代に庭園施設と

たのは、特異なことではないようです。発掘調査で確かめ

られている例に限ってみても、塩塚古墳の前方部、猫塚

古墳の周濠、市庭古墳の後部、コナベ古墳の陪塚(大和

20号墳26号墳)の周濠、平?2号墳の周濠をあげることが

できます。分布範囲は松林の推定域にとどまりません。

奈良時代の人々は、都づくりで古墳の墳丘を残す場合,

庭園の借景や築山に改変することで、「墓」ではなく山」

としての意味に転化させたのではないかと私は考えています。
2017−2−3 朝日新聞
 (関西大非常勤講師今尾文昭)













nakaoyama
中尾山古墳(地図

   
   
高台にある。北向きの景色 。
 

 境丘全体を葺石で覆うと考えられる三段築成の八角形墳。外周にも八角形

をなす二重の石敷が巡る。墳丘の対辺間の距離は約19.4m,石敷の対辺

間の距離は約29 . 4m、高さ4m前後に復原できる。石槨は花崗岩の切石

を組み合わせて、漆喰で石のメジを埋める。水銀朱が付着していた。内部の

規模からみて火葬骨を納めた墳墓で、7世紀末から8世紀初めに築造された

と考えられる。この古墳の南約200mに特別史跡高松塚古墳が所在する。

 
 墳丘本体の対角線が約20m、高さ約4mの八角形墳。
長く円墳とされた。墳丘を囲むように直線的な石列が出土、135度に曲がった部分も見つかり、八角形であることが確認された。
 大きな切石を組み合わせた石室内は幅、奥行、高さとも約90cmで、火葬した遺骨を「蔵骨器」に納めて安置したらしい。
 欽明天皇陵とされる平田梅山古墳と、天武・持統天皇陵とされる野口王墓古墳の間に広がる今城谷(いまきだに)が当時の
大王(天皇)家の公葬地であり、その南の丘陵の尾根にある中尾山古墳も同じ葬地内という意識で築かれた。
 被葬者は文武天皇の見方がある。
 八角形墳は飛鳥時代、原則として天皇の墓として築かれたと推定されているが、中尾山古墳はその中で最小規模。
文武天皇は死去から埋葬まで5ヶ月と短く、火葬されたために石室も小型になったため、小規模になったと推定されている。
ただ、尾根上に築くことで威容を示し、石室もかなりの巨石が使われ、8世紀初めの墓としては十分に巨大だった。   

八角形墳3基の天皇陵と牽午子塚
 舒明天皇陵
 天武持統天皇陵
 天智天皇陵
 牽午子塚斎明天皇
 中尾山古墳
 束明神古墳





ヒエ塚古墳

 ヒエ塚古墳はノムギ古墳に隣接して東に築造された前方後円墳である。
前方後円墳、全長130m後円部は70m、高さは10m。古墳時代前期前半(3世紀半ば〜4世紀初め)に築造された可能性が高い。
被葬者について、ヤマト王権にかかわる有力者の一人。
大和古墳群の北端にある。
 竜王山から延びる尾根上に前方部を西に向けて築かれている。大和古墳群。
ヒエ塚古
墳形は山大塚古墳に類似する点が多く一定の築造規格により造営されたことがうかがえる。
築造時期は古墳時代前期の前半と推定されるが、古墳
からの出土遺物については知られていない。













天王山古墳   地図

 
 
 

天王山古墳

東南方から北西方にのびる屋根上に営まれ

た方墳でこの屋根上には他にも多数の小古

墳が散在している.墳丘の一辺は約四五メー

トル、高<.約九メートルを測り,うちに家形

石棺を蔵する雄大な横穴式石室が南に開口し

ている。石室は巨大な花岡岩を架構したも

ので玄室の長さ約八、五メートル幅約三

メートル、高,約四,二メートル,蒼ケの長さ

約八、五メートル幅約一、八メートル高さ約二メー

トルである。玄室の中央には棺身の長さ

二,四メートル幅一、三メートル身蓋を合わせた

た高さ約一、八メートルの巨大な刳技式の家形

石棺が置かれている なおこの棺身の羨道に面

した側の上辺中央に方形小孔か彫,まれている

のが注意 れる。副葬品については明らかでない
が、石室や石棺の型式から六世紀後半に築造された

ものと推定される。

この古墳はその名の示すごとく,江戸時代に

は崇峻天.陵に擬せられていたもので、墳丘や石

室の規模からも大化前代の支配者層の墳墓 を考

えられる,近畿地方における古墳時代後期の代

表的な方墳として著名である。

奈良県教育委























築山古墳(磐園陵墓参考地)地図

 

近鉄大阪線築山駅から南側に向かい、緩やかな坂を越す

と突然、築山古墳が現れます。大和高田市築山字城山に

あります。墳長220mと推測される古墳時代前期末葉か

ら中期初葉(4世紀後半)の大型前方後円墳です。

墳丘の主軸は東西方向、後円部は現状4段、前方部が現

状3段で築かれ、開きの少ない盾形周濠がめぐります。周

濠には水がためられています。民家が立ち並びますが、

南側に幅広の外堤の痕跡があります。この外には二重目の

周濠があったのかもしれません。

江戸時代には、「山陵志」で武烈天皇の傍丘磐杯丘北陵

とされ、「大和志」では皇極、孝徳天皇の父となる茅渟(ちゆ)

王の墓とされきた。近代になると、顕宗天皇の傍丘磐杯

丘南陵の候補地として御陵墓伝説地となります。1887

(明治20年のことです。

その後、被葬者はとくに定められず、「磐園陵墓参考

地」として宮内庁が管理しています。武烈天皇陵や顕宗天

皇陵は別の場所に決定されました。

数度にわたる宮内庁の調査がありました。1996年は

おもに北側の墳丘裾と外堤部分の調査、99年はおもに南側

の墳丘裾の調査でした。明らかになった点があります。

前方部南側に幅30 m、奥行き15mほどの平面台形で周濠

へ張り出る造り出しがありました。前方部北側の周濠は今

よりも広がっていました。葺石の残り具合からは墳丘規模

の推測が可能になりました。

また、16世紀後半に墳丘の改変があり、城郭として利用さ

れた可能性があります。

出土遺物には円筒埴輪、朝顔形埴輪、?形、蓋形.、ゆき形

、盾形、.柵形、家形、囲形などの形象埴輪とミニチュア土

器があります。

1段が半円形、第3段と第5段に長方形の透かし孔が開

けられています。左半分に野焼きで焼かれた証拠となる広

範囲の黒斑が観察できます。

こういった特徴は、前期古墳出土の埴輪によくみられます。

造り出しに穴(土坑)が見つかりました。約90cm×約70cm

の楕円形、深さ約50cmの大きさです。石が入れられ、ミニ

チュアの丸底壺6点(口径5cm程度が多い)と高杯1点が

埋納されていました。以前に佐紀古墳群の五社神古墳(現

神功皇后陵)で取り上げましたが、造り出しで何らかの祭

祀が行われたのでしょう。

周辺には3基の大型円墳が分布しています。東側に直径

96mのコンピラ山古墳、南側に直径50mの茶臼山古墳、北

側丘陵上(児童公園内)に直径50mのカン山古墳がありま

す。同時期に造られた古墳か、検討が必要ですが、階層

性のある営みを見せています。

築山古墳は近くで見るよりも、遠くから見たほうが大き

な墳丘を実感できます。新山古墳がある北からは、高田川

沿いに山のように見えばす。

大和高田市と葛城市との境界近くの南からもひときわ高く

緑が目立ちます。馬見丘陵南端にある立地が、古墳の存在

を引き立てているのでしょう。

まるで、葛城地域をにらんでいるかのようです。

(関西大非常勤講師 今尾文昭) 
2017ー7−8 朝日新聞







馬口山古墳地図

大和神社の参道北側にあたる。墳丘は畑などの開墾により変形して

いる.。全長約110mの規模で、後円部では板石が採集できることから、

竪穴式石室であると推測される。採集された土器片により古墳時代前

期の初頭ごろの築造が考えられる。