多賀大社地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド  京都 散策ガイド 
 「お伊勢参らばお多賀へ参れ。お伊勢、お多賀の子でござる」
という里謡がある通り、多賀大社のご祭神は伊勢神宮
ご祭神天照大神の親にあたる伊邪那岐命伊邪那美命
二柱の神であるからである。
 伊邪那岐命・伊邪那美命の両神は、天照大神をはじめ八百万の神
々などを産んだ。その後、伊邪那岐命は琵琶湖を西に望む杉坂山
に降臨し、多賀の霊地に鎮座した。
 古事記(真福寺本)には、伊邪那岐命は淡海の多賀に鎮座されたという
記事があるが、伊勢本系の古事記は淡路島(兵庫県淡路市多賀)に
鎮座したことになっている。
伊邪那岐神・伊邪那美神⇒⇒⇒
 元正天皇重源、政所の延命祈願、信玄の厄払祈願などが
社伝が伝えられている。多賀大社 延命の神⇒⇒⇒
 室町時代以来の全国各地の多賀講は有名。
延喜内式社 旧官幣大社
御祭神 伊邪那岐命 伊邪那美命
古例大祭 4月22日
秋季古例祭 9月9日
そり橋
太閤秀吉が当社に寄せた信仰から「太閤橋」とも呼んでいるが、実際は「太鼓橋」である。
秀吉の寄進を受けて奥書院・蔵とともに築造された。
 築造は、江戸初期寛永15年(1638)に徳川幕府の助成もあって、大僧正慈性によって本殿以下緒堂社が行なわれた。
このそり橋もこの時に造営された。
 そり橋は神橋であって、例祭にはお神輿が渡られる。
多賀大社駅前に建つ昭和の一の鳥居、多賀大社扁額 しゃもじ形の絵馬
お多賀杓子(おたがじゃくし)
神馬舎
 人気のお守りは延命長寿「お多賀杓子」。8世紀の初め、元正天皇が病にかかった際にシデの木で杓子を作り
、強飯を乗せて祈願したところ病が治った。という故事による。

寿命石

 平安の昔、東大寺の再建

を命ぜられた俊乗坊重源

は当社に参詣、二十年の

寿命を授かりました。寿

命石はその由緒を伝える

石として延命を祈る人が

絶えません。


境内摂末社 15社
日向神社
(式内社)
瓊瓊杵尊 結婚成就
子安神社 木花之佐久夜毘売命 安産
神明両宮 天照大神
豊受大神
国運繁盛
夷神社 商売取引円満
天満神社 菅原道真 試験合格
秋葉神社 火伏せ
愛宕神社 伊邪那美神
火産霊神
防火
竈神社 家内安全
年神神社 五穀豊穣
熊野新宮 子授け
天神神社 殖産興業
熊野神社 厄除
聖神社 緒病平癒
三宮神社 建築土木
金咲稲荷神社 商売繁盛
絵馬通り 「かぎ楼」 元禄2年
(1689)創業の3階
建ての料理料理旅館。
絵馬通りにあるお店。
 お土産の代表は糸を使って餅を切る糸切餅。米粉を原料とし、昔からの製法で作られる。 
 赤と緑の縞模様は、元寇の役の勝利品として奉納した船印に由来する。