元正天皇 (げんしょう)地図

草壁(くさかべ)皇子
阿閇(あべ)皇女(元明天皇)
誕生…680年(天武9年)
御名・異称()(だか)新家(にのみ)日本(やまと)根子(ねこ)高瑞(たかみず)(きよ)(たらし)(ひめ)天皇
皇后━━
立太子━━
即位…715年(霊元元年)9.2  在位年数…9
崩御…748年(天平20年)4.21  年令…69
皇居平城宮  年号霊亀、養老
36才で即位した元正天皇は、「続日本紀」によると「天皇神識沈深。言必典礼」と述べる。つまり、落ち着いて考え深く、言葉づかい等も礼にかなっているといわれている。
○即位にあたり、(ずい)()が献じられ、霊亀と改元され、陸田に麦や粟を栽培して凶作に備える勧農の詔を発した。
又、美濃国不破の行宮(あんぐう)で多度山(養老山)の美泉にふれ、その効能にいたく感心してこれを天の恵みとして、年号を養老と改元した。
多治比(たじひの)(あがた)(もり)らが遣唐使に任じられ、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)吉備真備(きびのまきび)玄ム(げんぼう)らが留学した。
○文武朝に撰集された大宝律令を、718年(養老2年)、藤原不比(ふひ)()に命じて改定させた。(養老律令)又、舎人(とねり)親王や太安万侶らによって編纂された「日本書紀」30巻が完成した。
○人口増加にともなう田地の不足に対応するため、新しく開墾の土地を三代に亘って伝世を許す、いわゆる三世(さんぜ)一身(いっしん)法が発せられた。

陵墓()保山(ほやまの)西陵(にしのみささぎ) 山形
所在地奈良市奈良阪町
○佐保山陵で火葬され、奈保山陵に改葬された。
○「延喜諸陵式」には「兆域東西三町、南北五町、守戸四烟」とあり、現陵は丘陵を利用して南面するが詳細は判別できない。