賣太神社(めたじんじゃ)地図

     
  延喜式官幣社 旧県社
 祭神 主斎神 稗田阿礼命
     副斎神 猿田彦神 天鈿女命
 拝殿  
  この稗田の地は太古の昔より朝廷に奉仕した猿女君稗田氏族の居住地であって天武天皇の舎人稗田阿礼はこの一族として出仕したのである。
 天皇は阿礼が記憶力理解力共に抜群で、学芸諸術の方にも秀でていたのをお褒めになって御自ら精選になった歴代天皇の事績と建国以来の歴史・神話・伝統・歌謡を直接授けた。
 この誦習った事柄を三十数年後の元明天皇太安万侶に記録させられた書物が古事記である。
 これは我が国最古の文学書であり、古代人の生活・習慣・思想などが書かれており、祖先の考え方や生き方を偲ぶのに貴重な書物である。
 天武天皇の舎人であった稗田阿礼は一度見たもの、聞いたことは忘れない天才的な記憶力の持ち主であったと云われている。
28歳の時に天武天皇の勅命を受け、各地に伝わる神話や伝承、歴史を記した「帝記」「旧辞」などを暗記。30数年を経た元明天皇の時代にそれを太安万侶
の口伝えし、「古事記」を編纂、完成させた。
 この稗田阿礼を主祭神に祀るのが賣太神社で学問の神様、お話の神様として信仰を集めている。
 社の地は代々、天鈿女命を始祖とする猿女君の一族、稗田氏の居住地であったと伝わる。
   
 
碑田環濠集落
 東西約250m、集落を濠が囲む。環濠がほぼ完全に残る集落としては、全国有数の規模を誇る。
阿礼祭
 毎年8月16日に開催。祭事の後に阿礼さま音頭が始まり、地元の女児が花笠、浴衣姿で踊る。

多神社⇒⇒⇒
太安万侶墓⇒⇒⇒











/