妙法院地図

天台宗延暦寺別院
本尊 普賢菩薩騎象像(重文)
 延暦年間の創立。
新日吉門跡といい、梶井門跡(かじい・三千院)、
青蓮院門跡(しょうれん)と並ぶ天台宗の三門跡寺院の一つ。
もと比叡山三千坊の一である。
近世まで世々法親王が住職となり、
室町時代には八カ町におよび寺運は隆盛をきわめた。
現に蓮華法院(三十三間堂)はこの寺に属し、
また方広寺・大興徳殿・香雪院などを管理していた。
 本尊の普賢菩薩騎象像は平安時代の作で、蓮華座に座った
菩薩が象の背中に乗る。象の4本の足は丸い台座に乗っている。
その前にもう一つの同じ形の台座がある。
 本堂は江戸時代中期に建てられた。
二層瓦葺きの建物で間口7.1m 奥行き8.9m。
本尊の背後の壁画には日本画家・石踊達哉の蓮の絵が描かれている。 
 江戸時代の妙法院は文化サロンのようであった。伊藤若冲(じゃくちゅう)が来たり、丸山応挙が
来たりしていた。
 豊臣秀吉による造営と伝わる庫裏(国宝)でも知られる(秀吉が催した千僧法要ゆかりがある)。
 文禄4年(1595)、方広寺大仏殿を完成させた豊臣秀吉が千僧供養会を開催。集めた僧の
食事が支度された。
 板間中央には「得此生」(この生を得る)の額がかかる。
江戸期の尭恭法親王(ぎょうきょう)が鍋の蓋に書いた。
 天井には長大な梁と貫(ぬき)が重なり、豪華な小屋組となっている。
 東山七条界隈は文化財の密集地帯であり、殊に豪壮な石垣 と外塀に囲まれた妙法院は一..際格調の高さを示している。

当院は、延暦寺の支院として比叡山上に創建された天台宗門跡寺院で,のち祇園の綾小路に門室を構え,江戸初期に現

在の地、すなわち後白河法皇が構えた法住寺殿の故地に本拠を移し、大仏殿力廣寺・蓮華王院を管領し、
東山随一の巨刹
(境内は約一三万坪)として栄えた。明治期までは代々,法親王が住持し、
尭恕,真仁は多くの文人と親交し,院内は
世の文化サロンを形成したという。

尊王攘夷気運が高まる文久三年(一八六三)八月,勤王派三条実美を始めとする
「七卿落(しちきょうおち)」の政変に際し、一行はこの
寺から長州に向け出発しており、
宸殿前庭の碑がそれを物語
つている。

庫裏(国宝)は境内の中央に高く聳える豊臣秀吉の千僧供養ゆかりの建物で、
この法要を修した文禄四年(一五九五)
頃の建立とされている 桁行二一・七五m、梁間二三・六九m、
棟高が約一七・八九mという大建築で、自然木の巨大な
梁の組合せや棟まで立ちのぼる束と貫の
小屋組はたくまし
く圧倒的な力強さで観るものを魅了する 桃山期の工匠による名建築である
大書院(重要文化財)は、後水尾天皇の皇后東福門院(徳川秀忠の息女和子)ゆかりの殿舎で
江戸初期の桃山式書院で
ある。四室からなり、南側に広縁設け庭を築 という当時邸宅建築の
典型的なスタイルを示している。ー之間は帳台
を組み込ん君書院で唐人物画(重要化財)等、
二之間は柳桜草花を画題(重要文化財)で飾られている

これは、著名な狩野永コ、光信父子を中心小としたグル
ーブの筆と伝えられる。
また、大書院南庭は、伏見城の遺構を縮写した江戸期の池
泉回遊式庭園で,
中央に掛かる橋は楠の化石と伝えられる。

内仏殿は仏間三室が続き、中央の護摩堂には平安初期に造られた
不動明王像(重要文化財)と後白河法皇の念持仏とさ
れる千手観音像が鎮座し、
内仏には歴代門主の位牌が安置さ
れている。

龍華蔵(宝物庫)には、高台寺蒔絵の優品、秋草蒔絵文台(重要文化財)そして血脈譜(重要文化財)、
さらには後小松
天皇宸翰(重要文化財)や豊公ゆかりの茶器をはじめ、仏像、書画、仕器等の貴重な史料を収蔵し、
まさに文化財の宝庫である。
宸殿は五室からなり、中央の仏間には阿弥陀如来坐像と後花園天皇以降歴代の天皇、
皇后,中宮のご位牌
六十数基が安置されている。先の「七卿落」の舞台となった所で
今回は、この宸殿に、狩野山楽筆「繋馬図」、円山応挙筆の「波濤図」、吉村孝敬筆「双鹿図」等を展示する。

普賢堂は当院の本堂にあたり、本尊は普賢菩薩騎象像(重要文化財)である。
桧の寄木造りで藤原時代の
優美な尊像である。普賢菩薩は「釈迦三尊」として安置されるのが通例
独尊像ともで信仰されるのは珍しい 尊の大祭である。
?歳恒例の「五月絵・・・五月十四日」には,特別な法要儀礼が行われて多の参拝で賑わう。
また、堂内の来迎壁画「清浄
蓮華」は石踊達哉画伯により平成二十二年に成ったものである。
瑞龍殿は平成十二年に改? れた客殿で三十畳からなる
上・ 下の和室は「平成琳派」と形容される
石踊達哉画伯の三十二面に及ぶ
秀麗な装画で飾られている。
(平成二十 四年奉納)


拝観の手引 より

   
 本尊 普賢菩薩騎像(重文)  庫裏内部(国宝)

















/