法輪寺地図

 法輪寺は三井寺とも呼ばれ、
中宮寺旧地の北方に法起寺と東西に分かれて位置している。
 創建は飛鳥時代、推古天皇30年(622)聖徳太子の皇子山背大兄王
太子の病気平癒を願って建立されたと伝えられるが、
創建事情については不明なことが多いとされる。
 伽藍は法隆寺式伽藍配置で、東に金堂、西に三重塔、
その中央に講堂(現収蔵庫)が建ち、
規模は法隆寺西伽藍の3分の2であることが明らかにになっている。
 飛鳥様式の薬師如来坐像と虚空蔵菩薩立像を伝えることなどから、
7世紀中には寺観が整っていたと考えられ、
また平安時代の仏像を数多く伝えることから、
平安時代には寺勢は盛んでであったようである。
 江戸時代になって、正保2年(1645)に大風のため金堂・
講堂をはじめとする堂舎が倒れ、塔も大きな損失を被った。
 享保元年から21年(1716から1736)に再興に着手された。
元文4年(1739)には三重塔の心礎から仏舎利が発見されたが、
この塔は昭和19年落雷のため焼失し、昭和50年に再建された。

伽藍配置比較⇒⇒⇒

 聖徳太子の病気平癒を願った子・山背大兄王によって建立されたと伝え

られる法輪寺。聖徳太子が飛鳥の里から三つの井戸を移したとのいわ

れから三井(みい)と名がつく地名にちなんで三井寺とも呼ばれる。

 薬師如来坐像(重文)
 伝虚空蔵菩薩立像(重文)
 十一面観音菩薩立像(重文)
 吉祥天立像(重文)
 聖観
音菩薩
立像(重文)
 地蔵菩薩立像(重文)