磐之媛命地図

     
 古事記下巻では、恋多き仁徳天皇と嫉妬する皇后、磐之媛命の物語が展開する。
 仁徳天皇が宮中にお召しになった美しい豪族の娘、クロヒメは、皇后の怒りに触れるのを怖がって、吉備国へ戻ろうとする。その船出のときに、天皇が彼への恋情の歌を詠むと、皇后は直ちに使いをだし、クロヒメを船から降ろしてしまった。そのためクロヒメは歩いて帰らねばならなかった。
 また、皇后が、新嘗祭の酒宴に使う柏の葉を採るため、宮中を留守にしている間、天皇は異母妹を寵愛する。その噂を聞くや、皇后は、せっかく採取した柏の葉を海に捨ててしまい、宮中へは帰らず、ヌリノミという人の家に滞在した。天皇が帰りを催促しても無視する皇后。しかし皇后に仕える人たちが機転を利かし、皇后の滞在理由を「ヌリノミが飼う不思議な虫をご覧になるためです」と申し上げ、「一度は這う虫になり、一度は繭になり、一度は飛ぶ鳥になる」と説明する。
 すると天皇は、「私も見に行こう」と迎えに出向かれ、皇后も機嫌をなおされた。
 不思議な虫(蚕)は皇后に献上された。
 奈良市には磐之媛命陵、御所市に皇后の父の墓といわれる室宮山古墳がある。
 武内宿祢の孫娘。
葛城氏⇒⇒⇒

ヒシャゲ古墳⇒⇒⇒
万葉集⇒⇒⇒
綏靖天皇葛城高丘宮跡⇒⇒⇒
東大寺⇒⇒⇒
佐紀古墳群⇒⇒⇒
 
 磐之媛は、武内宿祢と葛城国造・荒田彦の女葛比売の子の間に葛城の襲津彦(そつひこ)があり、彼の娘である。
襲津彦は対朝鮮外交として勇名をはせた。
 襲津彦は葛城山麓の長柄(今の名柄)を本拠とした。子孫は、5世紀の河内王朝時代に皇妃を多く出し、大王家の外戚として栄えた。この系統の人々を皇別の葛城氏という。
 名柄の町並みは、古民家をよく残している。街並みの西側に、ひときわ目を引く重文中村家がある。切妻屋根本瓦葺き段造り、慶長年間(1596〜1614)、江戸時代初期の豪壮な民家建築である。名柄に古い建築が残り、風格のある街並みをつくっているのは、南北につらぬく高野街道(葛城古道)と、東西に走って水越峠を越える水越街道の交点に町が発達し、商業が盛んだったからである。水越街道を西へとれば、金剛山と葛城山の鞍部(あんぶ・山の尾根のくぼんだところ)を越え、河内富田林へと通じる。東へとると下街道(国道24号)を突き切って富田林から飛鳥、又は吉野へ通じる。