第16代 仁徳天皇 (にんとく)地図

応神天皇(第四皇子)
仲姫尊
誕生…257年(神功皇后摂政57
御名・異称大鷦鷯(おおささぎ)
皇后磐之媛(いわのひめ)命、八田皇女  皇妃髪長姫
立太子━━
即位…313年(仁徳天皇元年)1.3  
在位年数
…86
崩御…399年(仁徳天皇87年)1.16  年令…143
皇居難波宮津宮  年号━━
○応神天皇崩御にともない皇位継承問題が生じたが、本来即位するはずの太子、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)皇子が大鷦鷯(おおささぎ)尊に皇位を譲ることを主張して即位を辞退したため、事態は紛争した。二人は互いに謙譲の美徳を示した。
○「古事記」は菟道稚郎子の夭折によってやむなく大鷦鷯(おおささぎ)尊が即位、「日本書紀」は大鷦鷯(おおささぎ)尊の即位を促すべく、菟道稚郎子が自殺したと記している。

○都を難波高津宮に移し、宮はいたって質素を旨とし、殿舎は何の飾り気もなく、屋根葺きの芽も切り揃えることすらなかったといわれている。当時応神天皇の時から対外関係に力を入れたので、そのために重要な地でもあった場所(上町台地)である。

○仁徳天皇はその漢風謚号にふさわしい聖帝としての事績が伝えられている。

即位直後、天皇は皇后と共に、高殿に登って周囲を眺めてみるとどの人家からも煙が上がる様子がみられない。人々は貧しさのために炊煙を上げることがないのかと天皇は考えた。古来、聖王の時代には民家が君の徳を讃え、そこかしこに歓喜の声が満ちあふれていたという。
天皇は民の窮乏を憂い、以後3年間にわたって課税を止める詔を出した。
特定の山に登り、1年の息災・繁栄を願う行為、国見は他にも舒明天皇の歌(万葉集巻1−2)などにみられる。
香具山⇒⇒⇒
○仁徳天皇には聖帝の顔と、もう一つ実に艶聞に満ちた顔がある。それは天皇と女性らとの出来事であるが、そこには必ず嫉妬深い皇后磐之媛命が登場する。天皇は八田(やた)皇女を見初めて妃として召し入れようとしたが、皇后は強烈に反対した。皇后が紀伊国へ出かけた隙に、天皇は八田皇女を宮中に召し入れた。
それを知った皇后は激怒して、紀伊国から山城を経由して大和へと移った。そののち、皇后は山城に戻り筒城宮に居所を構えた。天皇は説得を続けたが、皇后は翻意せず、結局(つつ)()宮で薨去して奈良山に葬られた。
○「宋書倭国伝」にみえる倭の五王、「讃」あるいは「珍」に擬定されている。

天皇と宮の名⇒⇒⇒
陵墓()()()(みみ)(はらの)(なかの)陵(大山古墳)  前方後円墳
所在地大阪府堺市大仙町
○仁徳天皇は生前より御陵を造営していた。(寿殿)河内国石津原に行幸し、陵地を定め工事を起こした。造営工事中に鹿が現れ、()(たみ)の中で死に、おかしく思った人々が調べると耳の中より百舌鳥が出て、飛び去ったので、この地を百舌鳥耳原と名づけたと日本書紀に載っている。
○大山古墳に比定されることもあるが、これを疑問視する見解も根強く存在する。全長486mのわが国最大の前方後円墳である。

延喜式」には「兆域東西八町、南北八町、陵戸五烟、遠陵」とあり、さすがに平面積が日本最大だけあって兆域も大きい。陪墳も10基以上あり、1872年(明治5年)前方部の東南で墳丘が崩壊し、竪穴式石室が発見され、長持形石棺の内蔵とともに、甲冑や鏡等の副葬品が発見された記録が残っている。

秦の始皇帝と並ぶ世界三大墳墓の一つ


近つ飛鳥博物館展示
 仁徳陵古墳は三重の周濠が巡らされ、内側の第一濠(ぼり)の幅は広いところで100mを超えるが、棒状のもので測ったもので、4mの
記録がある。
 仁徳陵のような巨大古墳では、堀の水が風にあおられて立つ波で墳丘が削られるため、宮内庁では墳丘の保全に向けて、水を抜いて護岸工事をすることも検討。
 百舌鳥古墳群は堺市、古市古墳群は大阪府の羽曳野市と藤井寺に広がり、古墳時代前期末〜後期前半(4世紀後半〜6世紀前半)に築造された約90基の古墳が集中する。日本最大を誇る堺市・仁徳陵古墳(大山・だいせん)古墳や第2位の羽曳野市・応神陵古墳(誉田御廟山古墳)などの巨大な前方後円墳が集中する。
 陵墓に眠るのは誰⇒⇒⇒

堺市にある国内最大の前方後円墳・仁徳陵古墳(大山古墳、墳丘長486m)の内濠の水深は最深3.6mで、
水の容積は34万
立方m と分かった。宮内庁が初めて音波探査し、濠の精密な等高線図も作った。
築造時は水面が今より低かったとされ、測量結果
を分析すれば墳丘長が500mを超える可能性もあるという。
れまでの調査と合わせ、巨大古墳の詳細な全体像が浮かんだ。

仁徳陵古墳は宮内庁が天皇陵として管理しているが、正確な水深や容積の記録はなく、
水面下の地形
も分かっていなかった。宮内庁は今回、測量業者に「三次元地形データ」の
成を1296万円で委託。

昨年12月〜今年8月、3重の濠のうち最も内側の第一濠に音波探査機を載せたポートを浮かべ、形を調べた。

最も深かったのは前方部の東側で3.6m。容積は34万立方mあり、
標準的な
プール(縦25m 、横13m深さ1 . 5 m)の約700杯分になるという。

墳丘部分は2012年、大阪府などがヘリコプターからレーザーを照射して等高線図を作成。
今回の内
濠と合わせると、墳丘周辺の全容が把握できるとい墳丘長は現在、
水面に出
ている部分の大きさで示しているが、府立近つ飛鳥博物館の白石太一郎館長(考古学)は「仁徳陵古墳

の濠は、近世以降は農業用水に使われ、築造時よりも貯水量が増えた。
墳丘長
は、水面下の傾斜面の末端で測れば500mを超えることは明らかだろう」と話す。

墳丘長をめぐっては、290mとされてきたニサンザイ古墳(堺市)について、
宮内庁と堺市が12年に
濠の水を抜いて調べ、300mを超えると発表した。
2017−5 朝日新聞
(村上?治)


日本書紀などで4世紀に在位していたと記されている仁徳天皇の陵墓とし

で宮内庁が管理し、築造は5世紀とされる。実際の被葬者は分かっていない

ため、研究者らは「大山(だいせん)古墳」と遺跡名で呼ぶことを提唱して

いる。ほかにも「大仙古墳」「大仙陵」などの呼び方もある。

宮内庁は陵墓への立ち入りを禁じているが、研究者団体の求めに応じて2

013年,卑弥呼の墓との説がある奈良県桜井市の箸墓古墳の調査を認め

た。研究者団体は仁徳陵古墳への立ち入り調査も要望している。 

 

   古墳名(所在地) 順位墳丘長(m)

1  486 大山古墳(仁徳陵古墳・大阪府) (A)

2  425 誉田御廟山古墳(応神陵古墳・大阪府) G

3  365ミサンザイ古墳(履中陵古墳・大阪府)

4  350造山古墳(岡山県)

5  335 河内大塚山古墳(陵墓参考地大阪府)

6  310 丸山古墳(陵墓参考地・奈良県)

7  300以上 ニサンザイ古墳(陵墓参考地・大阪府)

 300 渋谷向山古墳(景行陵古墳・奈良県)

9 290 仲津山古墳(仲姫命陵古墳・大阪府)

10 286 作山古墳(岡山県)

兄  大山守命  おおやまもりのみこと 
弟  菟道稚郎子  うじのわきのいらつこ 
第17代履中天皇  りちゅう 
第18代反正天皇 はんぜい 
第19代允恭天皇  いんぎょう