秋篠寺地図

本堂(国宝)
堂内仏像 
本尊 薬師如来(重文)
 愛染明王
 帝釈天(重文)
 不動明王 
 日光菩薩(重文)
 月光菩薩(重文)
 十二神将
 地蔵菩薩(重文)
 伎芸天(重文)
 五大菩薩
 創建当初は講堂として建立されたが、金堂の焼失
以後鎌倉時代に大修理を受け、以来本堂と呼ばれてきた。
事実上鎌倉時代の建築と考えるべきであるが、様式的に
奈良時代建築伝統を生かし、単純素朴の中にも均整と落ち
着き見せる純和様建築である。

いま、,秋篠寺という寺の、秋草のなかに寐そベって、これを書いている。

いましがた、ここのすこし荒れた御堂にある伎芸天女の像をしみじみと

見てきたばかりのところだ。(中略)

此処はなかなかいい村だ。寺もいい。いかにもそんな村のお寺らしく

しているところがいい。そうしてこんな何気ない御堂のなかに、ずっと

昔から、こういう匂いの高い天女の像が身をひそませていてくだすった

のかとおもうと、本当にありがたい。

   (堀辰雄「大和路・信濃路」新潮文庫)


あきしのの みてらをいでて

かヘりみるいこまがたけに

ひはおちむとす

  會津八一

平城京の西、国宝の本堂に安

置される伎芸天(重文)で知

られる秋篠寺は、苔むした庭

と木々に囲まれた美しいお寺

本堂内陣左端に立つ伎芸天

像(重要文化財)は、諸技・諸

芸の守護神として有名で、そ

のしなやかな立ち姿は「東洋

のミューズ」との称賛を受け

るほど見事。

本堂(国宝) 南門 東門 鐘楼
 奈良時代末期宝亀7年(776)、光仁天皇の勅願により建てられた奈良朝時代最後の寺。
造営は桓武天皇に引き継がれ平安遷都とほぼ時を同じく完成した。
保延元年(1135)兵火により、講堂を残すのみとなり、金堂・東西両塔など主要伽藍の大部分を焼失した。
 現在の本堂(国宝)は鎌倉時代に再建された。苔が美しい境内には、塔跡や金堂跡が残り整然と礎石が並んでいる。
 宗派は当初法相宗より平安時代以後真言宗に転じ、明治初年浄土宗に属したが、昭和24年以降何れの宗派、宗旨にも属さず。
 伎芸天像について、最初天平時代に造顕され、後災禍のため胴体以下を破損し、
鎌倉時代に体部が木彫で補われたものと考えられる。
頭部のみ当初のままの乾漆造で体部は寄木造である。現在鬘部の宝冠及び両肩より垂れる天衣の一部が欠失し
単純な形であるが、写実的な作風となっている。
 古くは各地に於いても信仰されたと思われるが、現在では他になく唯一の伎芸天像である。 
 像の名称は明治以後に仮につけられたものと思われ、当初の像名は明らかにしがたい。
大元堂 大元帥明王(重文)
 大元堂の秘仏として安置されている。
この明王の姿は常暁が当時の香水井において
感得したものと伝えられている。
 一面六臂の忿怒相で、頭部に蛇を巻き、胸飾、
臂・腕・足釧、腰帯などの位置に蛇をまいている。
開山堂 香水閣 霊堂
 苔むした庭、木々にかこまれたお寺。