下御霊神社地図

 川原寺で憤死した伊予親王とその母藤原吉子(注)の霊をなだめるため、承和6年(839)出雲路に創祀された
御霊社の一つで、上御霊社
南にあたるところから下御霊神社と呼ばれた。祭神は崇道天皇以下八所御霊
(橘逸勢吉備真備、文屋宮田麻呂、藤原広嗣、火雷神)。

 中世は今の京都府庁のあるところに社地があったが応仁の乱で焼亡したので、天正18年(1590)現在の地に
遷座された。本殿は天明の大火(1788)後、寛政2年(1790)宮中の賢
所御殿を賜って再建されたもの。
社務所は天明の大火後の改築で、昔の神官の邸宅を伝える
貴重な遺構である。

 伊予親王は桓武天皇の第三皇子で、平城天皇の異母弟。母藤原吉子は藤原南家藤原是公の娘で桓武天皇

夫人。平城天皇の時代の807年(大同2年)、反逆の首謀者であるとして母藤原吉子とともに川原寺(弘福寺)に
幽閉され、絶食した後毒を飲んで自害した。異母兄平城天皇の側近であった藤原式家·藤原仲成
に操られた
藤原宗成に失脚させられたものとされる。後に親王の無実が判明し、839年に一品が追贈され
た。

伊予親王
伊予親王事件   平城天皇  



上御霊神社 地図

     
随神像 吽形    随神像 阿形
   

 祭神として崇道天皇(早良親王) 、吉備真備橘逸勢(はやなり)はしめ、十三柱の神靈を祀る。

 この地には、はじめ付近住民の氏寺として創建された上出雲寺があったが、平安京遷都(七

九四) に際し、桓武天皇の勅願により王城守護の神として、奈良時代・平安時代初期に不運の

うちに亡くなった八柱の神霊が祀られたといわれ、その後、明治天皇の御願(ごがん)により
祭神五社が
増祀され、現在に至っている。

 平安時代には、天変地異や疫病流行は怨霊のたたりであるとする御霊信仰が盛んで、怨霊を

なだめるための御霊会が度々行われ、疫病除けの霊社として名を広めた。朝廷から庶民に至る

まで広く信仰を集めたが、特に御所の守護神として皇室の崇敬が厚く、神輿や牛車等,皇室か

らの寄付品を多教蔵している。

 本殿は、享保十八年(一七三三) に下賜された賢所御殿を復元したものといわれている。

 また、境内は「御堂の杜」と呼ばれ、応仁元年(一四六七)正月十八日に畠山政長と義就
(よしなり)の
合戦が行われ、応仁の乱の発端となった場所としても知られている。

京都市

心仁の乱 勃発の地

 文正二年(一四六七)正月十八日朝、この付近すなわち御霊の森(上御畫神社境內)での合戦
から「応仁
の乱」は始まった。前日の十七日深夜、畠山政長は自ら屋救を焼いて、一族郎党や
奈良筒井氏の成身院(じょうしんいん)
光宣らと兵約二千を率いてここに布陣した。

 翌十八日早朝、畠山政長と畠山家の家督を激しく争っていた高山義就が兵三千余で攻撃をし
かけ、十
八日は終日激しい戦いが続いた。義就方には朝倉孝景,ついで山名持豊(宗全)の命を
受けた山名政豊
が加勢した。しかし政長方には頼みの細川勝元がこの時点ではまだ動かず、
まる一日の合戦の結果、政
長方は持ちこたえられず退去した。これが「応仁の乱」の最初の合
載である。

 その年の三月、年号は「文正」から「応仁」と改まり、細川氏・山名氏の両陣営はそれぞれに味
方を
集めて戦時体制をかため、五月から上京を中心に将軍,足利義政の後継者争いも絡み合う、
東西両軍
の全面的な戦に入った。この戦は京の都を疲弊させ宝町幕府の権威を失墜させたが、
厭戦の風潮の中
細川・山名両氏の間に和睦が成立し、文明九年(一四七七)、十一年間に渡る
大乱はようやく収束をみた。

 なお、宗全の墓は南禅寺の真乗院にある。

京 都 市

   
 
     
下御霊神社 






上善寺 地図

     
山門  本堂 
 千松山遍照院と号する浄土宗の寺 院である。

 貞観五年(八六三)、僧円仁により天台密教の道場として千本今出川(上京区)に創建されたと

伝えられている。その後、丈明年間(一四六九~八七)に、春谷盛信によって再興され、
後柏原天皇
の勅願寺として栄え,文禄三年(一五九四)、寺域を現在の地に移し、浄土宗に改
められた。

 地蔵堂に安置寸る地蔵菩薩は、平安時代の初め、小野篁が一度息绝えて冥土へ行き、生身
の地蔵尊
を拝して蘇った後、一木から刻んだ六体の地蔵の、一つと伝えられ、「鞍馬口地蔵」、
「深泥池地蔵(みぞろいけ)」
「姉子の地蔵」などの愛称で親しまれている。 この地蔵は、当初、
小幡の里に祀られていたが、保元
年間(一一五六~五九)に、洛北の深泥池のほとり

に祀られ、更に当寺に移されたものといわれている。

毎年八月二十二・二十三日の京都六地蔵巡.には、多くの参拝者で賑わう。

   
 地蔵堂 観音堂 
   
 


























.