下御霊神社地図

 川原寺で憤死した伊予親王とその母藤原吉子(注)の霊をなだめるため、承和6年(839)出雲路に創祀された
御霊社の一つで、上御霊社の
南にあたるところから下御霊神社と呼ばれた。祭神は崇道天皇以下八所御霊
(橘逸勢、吉備真備、文屋宮田麻呂、藤原広嗣、火雷神)。

 中世は今の京都府庁のあるところに社地があったが応仁の乱で焼亡したので、天正18年(1590)現在の地に
遷座された。本殿は天明の大火(1788)後、寛政2年(1790)宮中の賢
所御殿を賜って再建されたもの。
社務所は天明の大火後の改築で、昔の神官の邸宅を伝える
貴重な遺構である。

(注)伊予親王の変

 伊予親王は桓武天皇の第三皇子で、平城天皇の異母弟。母藤原吉子は藤原南家藤原是公の娘で桓武天皇

夫人。平城天皇の時代の807年(大同2年)、反逆の首謀者であるとして母藤原吉子とともに川原寺(弘福寺)に
幽閉され、絶食した後毒を飲んで自害した。異母兄平城天皇の側近であった藤原式家·藤原仲成
に操られた
藤原宗成に失脚させられたものとされる。後に親王の無実が判明し、839年に一品が追贈され
た。