東大寺山古墳地図

 
 中央に三葉環周囲に鳥型の飾りを
しつらえた大刀柄頭。

大刀柄頭(たちつかがしら)

 もとは素環刀(そかんとう)であったものを
4
個体だけ付け替えたひとつである。

中央に三葉環を置き、周囲に鳥形の飾りを
つけている。

大刀は和爾一族が中国の後漢王朝から下賜
された宝器として長ら
く伝承したのである。

 古い太刀⇒⇒⇒
     
 昭和36年と41年に天理大学によって調査が行われた。
 東大寺山丘陵の最高所に作られた前方後円墳は、全長140m、後円部径約84m、高さ10m。
 東大寺山古墳群の中では最大規模の古墳に当たる。
 埋蔵施設は、割竹形木棺か箱形木が使用された粘土槨である。
 副葬品が多数出土し、棺内からは、勾玉、鍬形石、車輪石など、棺外からは、鉄製剣、刀、槍などが出土した。
とくに「中平銘の鉄刀」がしたことが有名である。文章は24文字からなり、中国年号「中平」は、後漢の184年~188年にあたり、
日本で発見された年号の判明する遺品としては金印に次ぐ物になる。他に、「大刀頭」、大刀は和爾氏一族が中国の後漢王朝から
下賜された宝物として長く伝承されてきたという。
 被葬者は和珥氏の首長と考えられる。 
 丘陵最高所に立地、平地との比高70m。
 前期後半(4世紀半ば~後半)周辺の古墳では最古。 
     

東大寺山古墳

 標高一三0米の丘陵に造られた北向きの前方後円墳。全長一四0米.

中腹とすそに円筒はにわ列が、また墳頂部に形象はにわが並んでいた。

主体部は粘土槨にて南北一二米、東西八米深さ約1三.七米の墓拡の底に、砂礫と

粘土で丁寧な棺台を設け、長大な木棺が粘土で覆うようにして安置されていた。

昭和三六年初め、鍬形石27·車輪石26なと多数の碧玉製品,滑石製品·鉄刀剣などが

掘り出されたのを機会に、同年九月から翌年一月におよぶ発掘調査の結果

主体部はーと盗掘されていたが棺外側から鉄刀20(うち素環頭6・銅製環頭5)

鉄剣9・ .鉄槍10・銅鏃・.革製短甲巴形銅器・玉類等多くの遺物が発見され

重要な学術資料を提供した。

なかでも鳥形飾銅製環頭をつけた一ふりの鉄刀からは「中平□年五月丙午造作・・・」. . .

と、金象嵌で記した銘文が見出され中国後漢末の中平年中(一八四~一八九)に

製作されたことが明らかとなった。

これは紀年銘のある金石文では、我が国最古の遺例であるばかりでなく、卑弥呼が

魏王から下賜された五尺刀二ふりに当るのではないかという学説も

出されている。

なお、出土遺物は一括して国の重要文化財に指定されていて東京国立博物館
に保管されている。

  天理市教育委員会

「中平□年」銘大刀

 文章は24文字からなり

中平□年五月丙午造作文刀百練清剛上応星宿下辟不祥とある。

中平年(ちゅうへい)は中国後漢の184~188年にあたり、
日本で発見された年号
の判明する遺品としては金印に次ぐものである。











帯解黄金塚古墳(おびとけこがねづか) 地図

   

帯解黄金塚古墳は1951年,考古学研究者の全国組織、日本考古学協会からの
いにもとづき、本格的に考古学調査がなされました。後の京大教授の
小林行雄氏を主任
として、墳丘および外堤の測量図、石室実測図の作製、
真撮影が行われました。
58年
には橿原考古学研究所の初代所長、末永雅雄氏に宮内庁が委託し、
測量、実測、撮影を
しました。

最新の石室調査は2007年です。宮内庁書陵部が過去2回の実測成果をもとに
詳細
に観察し、新たな図面を作りました。近畿の横穴式石室は被葬者の棺を納める
玄室(墓
室)と通路となる羨道の二つの部分からなるのが一般的です。
しかし、帯解黄金塚古墳
は複数の墓室を持ちます。
から羨道、墓室状区画、前室、玄室の四つの部分があり、特異な複室構造です。

羨道から玄室奧壁の現在の長さは約12。5mとみられます。
本来は13 ~ 16 mになると
考えられています。
玄室は羨
道の幅より両側が広くなる両袖式で、東西側壁が長さ2.95m、
奥壁と前壁の長さが3
·31mです。ほぼ正方形と言ってよいでしよう。

壁は、室生安山岩(通称榛原石)の薄く平たく割れる性格を利用して、
れんがを積
むように造られています。磚積石室(せんづみ)と言います。
磚は、れ
んがの意味です。県内で約15例あります。
榛原石の産地
に近い宇陀市の口宇陀(くちうだ)盆地や桜井南部に集中しています。
特異な複室構造の類例を挙げると、群馬県前橋市の宝塔山古墳(ほうとうざん)があります。
7世紀後
半の一辺約60mの方墳で、全長約12 mの複数の墓室を持つ横穴式石室です。
大型石材を
加工した壁の表面に漆喰を塗り、白壁に仕上げます。
帯解
黄金塚古墳の影響があるという意見があります。

帯解黄金塚古墳の石室の源流はどこにあるのでしょうか。「もしや」と思い描くのが、
長崎県壱岐島の後期·終
末期古墳の横穴式石室です。

直径45 mの鬼の窟(いわや)古墳は石室全長約16m、玄室は正方形に近く、
壁が直線的に立ち上が
り上半分から内側へ傾くところも似ています。

壱岐では6世紀末ごろから石室に巨石を用いた前方後円墳や大型円墳が築かれます。

壱岐は朝鮮半島との対外交渉の拠点だったことから、
近畿
の横穴式石室の影響をみてとる考えがあります。
ただ、鬼の窟古墳は7世紀


前半に築かれ、7世紀中ごろの帯解黄金塚古墳より先行します。
壱岐からの影響の可能
性を考える中で、
次の歴史背
景は糸口になるかもしれません。

古代豪族の春日、大宅、小野,和爾の各氏が春日山の南側一帯に居住したことは、
代史研究から指摘されています。なかでも大宅氏の中心地

は、帯解黄金塚古墳のある地域にあたります。

「日本書紀」には、推古31(623)年7月の征新羅副将軍の小徳大宅臣軍、
天智2
(663)年3月の征新羅後将軍の大宅臣軍が登場しま

す。大宅氏が対新羅の拠点となった壱岐で活動したことは想像に難くありません。
この
ことが壱岐の石室をとり入れ

る契機になったとは考えられないでしょうか。双方をつな

ぐ手掛かりの糸がほのかにえるように思います。

(関西大非常勤講師今尾文昭)


2017-4-28 朝日新聞より
  







































.
.