黒塚古墳地図

 古墳時代前期(3世紀後半から4世紀)古墳と推定され、古墳の規模は現状で全長130m
、後円部径約80m、前方部幅約60m周濠あり、
の前方後円墳。オオヤマト古墳群では第9位の大きさである。
また、行燈山古墳(崇神天皇陵)を中心とする柳本古墳群の中で、最初に築かれたとされる。
 柳本公園の一角にあり、周辺は池に囲まれている。

古墳⇒⇒⇒
西
 古墳の周辺は、楊本公園になっており、
公園の一角に黒塚古墳展示館がある。
 発掘当時から想像出来ないほど、
この様に整備された。
 竪穴式石室後円墳上部、手前が南で、
西側(左)が前方となる。
石室を模したタイルが敷き詰められている。
 石室は埋め戻され精巧な複製が展示館置
かれている。
展示館利用案内

開館時間:午前9時〜午後5時まで
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
     年末年始(12月28日から翌年1月4日)
入館料:無料
交通:JR桜井線柳本駅から東方面徒歩5分
電話:0743−67−3210
館内写真撮影:自由
 1997〜98年に三角縁神獣鏡国内最多の
33面が見つかった。
これは邪馬台国の女王卑弥呼が魏から送ら
れたとされる。
三角縁神獣鏡33面の他、三角縁神獣鏡より
むしろ貴重とされる画文帯神獣鏡1の
レプリカも展示されている。
 29号、三角縁神獣鏡のレプリカ。
重さ約1kg、同じ成分で作ってあり、
当初はこの様な輝きであったと推定される。
自由に手にして、感触を味わえる。

 古墳の周辺は、楊本公園(やなぎもと)
になっている。
 平成9,10年の2ヵ年をかけて調査が行われ、後円部では長大な
竪穴式石室が明らかになり、副葬品も、卑弥呼の鏡とされる、
三角縁神獣鏡(33面)を中心として多数出土した。
 この鏡は三世紀に中国で作られ、列島にもたらされたと考えられる。
 全長200m以上ある京都府の椿井大塚山古墳には、34面の神獣鏡
があった。山城国最大のこの古墳に続き、黒塚古墳の神獣鏡保有数は、
第2位である。
 黒塚古墳の三角縁神獣鏡と同じ鋳型で作った鏡が、
日向国から毛野国(群馬)までの全国39箇所から出土している。
 邪馬台国にあって、鏡を配布した主人公とする意見もあり、
この見解にたてば、黒塚古墳の被葬者は、
39地域の王たちとつながりがあったことを暗示している。
 一方、椿井大塚山古墳出土の同型鏡は、
九州北部から関東中部までの20箇所以上から出土している。

 竪穴式石室は、後円部の中央に前方後円墳の主軸に直交して作
られていた。
全長約8.3mの長大な規模で、川原石と板石を用いた合掌式の特殊な
石室である。
石室中央には長さ6m、直径1m以上のクワの巨木をくり抜いた木棺が
使用された。
 黒塚古墳南東にも、23枚もの銅鏡が出土した古墳がある。神社の
裏庭になっている天神山古墳である。
 黒塚古墳は、中世「クロズカトリデ」となり、
楊本城・柳本本陣の一廓に活用されるなどの
歴史があり、形状は著しい変形をうけている。
 古墳の近くの道路には坂がみられるが、
本陣はこの坂を利用して、外から内部を窺がう
ことを防いだ。
 織田長益(有楽斉)の5男尚長が陣屋を構えた。
明治4年(1871年)の廃藩置県で柳本藩が廃止されるまで、255年間当地を治めたところの
ささやかな城下町である。
 動画    黒塚古墳を通り崇神天皇陵へ⇒⇒⇒  JR柳本駅から  
 全動画⇒⇒⇒    天理から桜井の順⇒⇒⇒ 
























,