遣唐使

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド  京都 散策ガイド 
遣唐使 


隋に次いで興り、大帝国として空前の繁栄を誇った唐につ

かわされた日本国の使節。六三〇年(舒明天皇二)の第一回から九世紀中ごろまでの二〇〇年間に、史書で確認できるものだけでも一五回にわたって唐に派遣され、律令制をはじめとする政治制度から学問宗教.文化全般にわたる高度な文明の摂取に努めた。国の使節である大使·副使のほか陰陽師·医師画師.細工生.音声生. 玉生 .鍛生,鋳生ら当時の知識人·エンジニァ.熟練工らが同行し、さらに留学生

留学僧が加わった。遣唐使船は帆船であったが、逆風時は帆を下ろし櫓でこいで進むため多くの水夫も乗り込んで、四艘総勢五〇〇人といった大規模な船団になることも少なくなかつたことが史書から知られる。

けんとうし 菅原道真
法観寺
海龍王寺
難波京
空海
大和神社
元正天皇
春日大社
葛井寺
菩提僊那
千本焔魔堂
御蓋山
小山田古墳
白鳳時代
アイセルシュラホール
井真成
井真成の墓誌
留学生と留学僧
遣唐使持ち帰った文化
玄昉
阿倍仲麻呂
栗原塚穴古墳
飛鳥・白鳳
高松塚とキトラ古墳 
藤原宮跡の保存

伊弉諾命の禊の生命力
住吉っさん
太安万侶
汚職と新知識で栄えた蘇我氏
道鏡について
安倍文殊院追加
竹之内街道
住吉大社
気比神宮
藤原広嗣の乱
天然痘平城京に猛威





































/