六角堂(紫雲山頂法寺)地図

六角堂御幸桜(みゆきざくら)
 聖徳太子が、四天王寺建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた時、霊告によってこの地に御堂を建て、
守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられている。早くから人々の崇敬を受け、
弘仁13年(822)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳2年(996)には花山法皇の御幸があり、
西国33ヶ所観音霊場(現18番の札所)となったと伝えられる。
建仁元年(1201)親鸞聖人が当寺に100箇日間参籠して霊告を受け、後に真宗を開宗する根源となった。
 本堂は幾度も火事に遭い再建を繰り返してきた。今の本堂は1877年建造。 
  由来は、長徳2年(996)花山法皇の六角堂の御幸により西国三十三所観音巡礼が始まったことを受け、
花山院前内大臣が六角堂の桜を見て詠んだ「世をいのる春の始めの法(のり)なれば君か御幸のあとはありけり」
から名付けられたものである。
 六角堂御幸桜は、早咲きの桜で、いち早く京都に春の始めを告げてくれる。 
   
 京都の中心と云われるヘソ石がある。
 小野妹子が専務と名をあらため、聖徳太子沐浴の泉の
坊に朝夕花を供えたのがはじまりで、これが池坊華道の
はじまりにもなる。
 桓武天皇の延歴12年(793)京都へ遷都の時、
六角堂の所在が道路の中央に当たったので天皇が遷座を祈願されたところ、
御堂がにわかに5丈ばかり北へ退かれたという。
この石はその際に取り残された礎石であると伝える。
また京都のほぼ中央に当たるところからへそ石とも要石とも呼ばれる。

 へそ石
 本堂古跡の石ともいい、京都市街の中心石として伝わる。こんにちでは、
東門内に移して石畳のなかに封じ込んである。
 へそ石⇒⇒⇒
 写真追加⇒⇒⇒
 六角堂⇒⇒⇒
 本堂北の本坊は池坊と呼ばれ、室町時代以降、
多くのいけ花の名手を輩出した所で、
華道発祥の地として有名である。
現在も池坊華道の拠点となっている。

 本堂建造の後、
太子は本尊の守護を小野妹子に命じた。
妹子が池のほとりに坊を建て、花を供えたのを、
代々住職が伝えたのが生け花の始まりという。

池坊⇒⇒⇒

遠藤周作が愛した池坊「六角堂」


JR京都駅から「烏丸通」を
北へ北へ。「三条通」の手前を

東に入ったところに、六角堂が立つ。頂法寺という寺号を持つ

天台宗系の単立寺院。生け花発祥の地としても知られ、国内最

古・最大の華道の流派「華道家元池坊」の本拠でもある。

山門をくぐると、薫風に揺れる柳の枝先が境内の玉砂利をな

でていた。周囲はビル群なのに喧噪(けんそう)は割り込んでこない。
拝堂
には五色の幕が垂れ、参拝者が両手を合わせて願をかけては、

ビル群に消えていく。配置された木製イスに腰掛け、しばし読

書にふける人もいる。

京都市在住の個人タクシー運転手( 68 )は「線香の香りがして

市民なら必ず拝みにくるところ。親しみやすい年寄りの憩い

の場。これが本来のお寺のあり方やないか」と話す。

「町堂のような、開かれた空間。宗派を超え、心のよりどこ

ろになってきた。旧『下京』の精神的中心です」。こう話すの

は池坊中央研究所の細川武稔主任研究員( 43 )だ。

六角堂の住職は代々、池坊家元を兼ねる。現家元は池坊専

永(83)。1945年に10代前半で四十五世を継承したから、も

う70年以上も門弟を束ねている。2年前、次期家元として長

女由紀( 51 )が池坊専好を襲名。

半世紀以上、池坊にしみ入った精神はすなわち専永の考え方だ

ったとすらいえるだろう。

73年には「違いがわかる男」というコピーのネスカフェのC

Mに出演。それもあってか、このCMに前年に出た作家の遠藤

周作は、家元に並々ならぬ敬愛の念を抱いた。遠藤の歯にきぬ

着せぬ物言いが痛快な対談集「ぐうたら会話集 第2集」

( 78年刊行)で、遠藤は専永との対談に歴代家元の口伝を読み

込んで臨んだ。池坊の華道思想についてしつこく質問し、「花

の池坊は仏教の親鸞だ」と喝破。池坊と浄土真宗。一般に広

く普及する実態を対照させた。

70年代には池坊のパンフレットや華道の紹介書に「専永氏の

こと」と題する一文を掲載。

「私は専永氏の辛抱づよさと忍耐力とに時々、感嘆することが

ある。どんなに疲れている時でも彼は微笑する」と評した。細川

は「大自然の姿を、時空を凝縮させてとらえて命の移ろいを

表現し、『よろしき面影』を目指すのが池坊の根本精神」とみ

る。草木は過酷な大自然にさらされ、辛抱強く耐え忍び、花を

咲かせる。池坊の花のありようは、遠藤の専永評に通じる。

参拝客が打ち鳴らす鰐口の音。ここ六角堂も、開かれた空

間であったがゆえに、時代の風波に翻弄されてきたのだろう。

親しみやすさには、忍耐の面影も織り込まれている。

=敬称略(米原範彦)

2017−5−25 朝日新聞夕刊

「京都の中心」ともいわれる六角堂は587年、聖徳太子を開基として創

建された。数回の火災を乗り越え、現在の本堂、拝堂は1877年に建てら

れたものだ。代々本尊に花を供えた住職の住坊が、境内の池のほとりにあっ

たことから「池坊」の名が生まれたとされる。山門前の通りを挟んで鐘楼が

立つ。戦国時代、この鐘を突いて戦乱の接近などを知らせたという。京都市

営地下鉄烏丸線・東西線の烏丸御池駅から徒歩で約3分。

今年は、池坊が花をいけたことが史料に記された1462年から数えて

555年の節目。




































,