四天王寺(してんのうじ)地図

     
 石舞台(重文)、奥は六時堂  石鳥居(重文)  北鐘堂(上)
 和宗総本山
 推古天皇元年(592)聖徳太子によって建立せられたわが国最初の官寺で、法隆寺よりも14年早くできた。
伽藍の中心部はたびたび災害をうけたが、百済式の伽藍配置とその四周(300m四方)は当初のままであり
、いまも六時堂・五智光院・湯屋方丈・通用門・元三師堂など元和再建のもの(重文)が残っており、
永仁二年(1294)建立の西門石鳥居、淀君寄進と伝える石舞台(共に重文)もあり、境内全域は史跡に指定せられている。
(「大坂冬の陣」などで7度も被災し、その度に再建された)
 仏教が日本に伝来したのは、538年のことだったとされている。その54年後に、日本最初の官寺である四天王寺が建立された。
 西大門の真西にあり、別名「発心門」
扁額に「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心」(四天王寺は釈迦如来が仏法を説かれている場所であり、
当院の西門は極楽浄土の東門の中心に当たっている。)と書かれており、春秋彼岸の中日には、
西大門より鳥居の中心に沈む夕日を拝む日想観が行われている。
 永仁2年(1294)に造られた石造りの最古の鳥居の一つ。 
 法隆寺⇒⇒⇒
橘寺⇒⇒⇒
叡福寺⇒⇒⇒
     
 西大門(極楽門)  金堂 本尊久世観世音菩薩が安置され、
    その四方に四天王象を祀っている。
講堂 夏堂と冬堂に別れ、夏堂に阿弥陀如来坐像、
    冬堂に十一面観世音菩薩を祀っている。
伽藍配置比較⇒⇒⇒
 回廊、東重門
推古元年(593)の創建である。
昭和三十七年(1962)松下幸之助氏の寄贈により再建されてからは、極楽に通ずる門の意味から極楽門とよばれるようになった。 
 
 亀井堂内の亀と水槽(右)
転法輪 西大門から、金堂、西重門、五重塔
五重宝塔 推古天皇元年(593)聖徳太子の創建以来
       度重なる戦火天災により伽藍が7度も焼失したが、
       その都度再建を重ね、現在の塔は
       昭和34年8度目の再建である。
       造りは鉄骨鉄筋コンクリート、本瓦葺。
 転法輪(てんほうりん)
「法輪は、お釈迦様の教えが他に転じて伝わるのを輪にたとえたもので、仏教の象徴です。
転法輪を回すとき、あらゆる迷いの心が滅し、身心が清浄となりますように、と念じ合掌し、軽く右に回す。」
 「四天王(由来)
古代インドでは、世界の中心が帝釈天の住む須弥山と考えられていました。
その山の中腹で東西南北の四面に配し、仏法に帰依する人々を守護する護法神が四天王であります。
聖徳大師は四天王ご加護によって物部守屋との合戦に勝利し、法御謝徳のために建立されたのが四天王寺なのです。」
密迹金剛力士 中門(仁王門) 那羅延金剛力士
 中門は寺中心伽藍の最南端にあたり、脇の間に仁王尊像を祀っていることから俗に仁王門と呼ばれている。
仁王像の重さは約1ton、身長は5.3m、顔の大きさ70cm,足の親指の幅13cm、
大きさでは奈良東大寺の仁王様に次いで2番目と言われる。
南大門

伎楽飛鳥時代の芸能⇒⇒⇒