10 狭井河よ 雲立ち渡り

動画   狭井川へ⇒⇒⇒
 全動画⇒⇒⇒    天理から桜井の順⇒⇒⇒
神武天皇の皇后媛踏鞴五十鈴(ひめたたらいすず)姫の宮があり、天皇はそこで
「芦原の醜(しけ)こき小屋にすが畳いささやしきて吾二人寝し」とうたったと古事記に出ている。
そのとき「狭井河よ 雲立ち渡り 畝傍山 木の葉さやぎぬ風吹かむとす」とも。
その狭井川が石標のほとりを流れる小川だと伝承されている。
歌 伊須気余里比売
 古事記
筆 月山貞一
地図
佐韋賀波用
久毛多知和多理
宇泥備夜麻
許能波佐夜藝奴
如是布加牟登須
さいがわよ
くもたちわたり
うねびやま
このはさやぎぬ
かぜふかむとす
狭井河よ
雲立ち渡り
畝火山
木の葉さやぎぬ
風吹かむとす
狭井河の方から雲が立ち起こって、
畝傍山の樹の葉が騒いでいる。

風が吹き出しますよ。

神武天皇がお隠れになってから、その庶兄の当芸志美美の命が、皇后の伊須気余理比売に言い寄るのであるがその時に、三人の皇子たちを殺そうとして謀ったので、母君の伊須気余理比売がご心配になって、歌でこの事を御子たちにお知らせになりました。
神武天皇の皇后の伊須気余理比売の歌で、叙景歌であるが、危急を知らせる風刺歌である。「風吹かむとす」は危険が迫っていることの隠喩。
くわしく