観音寺地図

京都 散策ガイド
本堂
 真言宗智山派に属し、大御堂(おおみどう)とも普賢寺(ふげんじ)とも呼ばれる。
天武天皇の勅願で義淵僧正が新山寺(筒城寺)を建立し、奈良時代に聖武天皇の勅願により、
天平16年(744)良弁僧正が再び造営し、伽藍を増築、新山寺を取り込み、
息長山普賢教法事(そくちょうふげんきょうほうじ)と号し、良弁の高弟で奈良のお水取りをはじめた
実忠和尚を第一世とした。またその時に大御堂本尊として丈六観世音を安置したという。
 この観世音が今に伝わる十一面観音立像(国宝)であると伝えられる。
この像は、等身大の木心乾漆造りであり、少年のような初々しい顔だち、
引き締まった肉付きの良い体軀など、天平彫刻特有の緊張感があるといわれる。
聖林寺と比較され、奈良時代後半頃に製作されたものとされる。更に詳しく⇒⇒⇒
 拝観の手引き⇒⇒⇒
地祇神社
大国主命大山祇命、活気長足比売命をまつる式内社である。
明治初めのころは地主神社と呼ばれていた。
二月堂竹送り
復活の地の碑
東大寺⇒⇒⇒