第19代 允恭天皇(いんぎょう)地図

仁徳天皇(第四皇子)
磐之姫尊 
誕生━━
御名・異称…雄朝津間稚子宿禰(おあさずまわくごのすくね)
皇夫人命(おしさかのおおなかつひめ)
立太子━━
即位…412年(允恭天皇元年)12  在位年数…41
崩御…453年(允恭天皇42年)1.14  年令…━━
皇居
宮(とおあすか)  年号━━
反正天皇は皇嗣を定めないまま崩御、日本書紀によると有力な人々が集まり、雄朝津間稚子皇子を推し、「吉(よ)き日を選んで天皇の璽(みしるし)を上たてまつる」とある。その前文に年長者で人々には優しく、先祖を大事にする御人であるので病弱にもかかわらず、皇后・群臣の推挙によって即位されたと述べている。
氏姓を誤り上下の争いが絶えず治世安らかでないことを憂い、天皇は詔して、氏姓を正すことにした。甘橿丘に盟神探湯(熱湯の中の泥を探らせ、正しい者はなんともなく、偽れる者は皆やけどをする)を据えて、人々を招き真偽が試されたことになった。真実を述べた者は無事であったが偽りを語った者はことごとく熱傷を負った。これにより天下の氏姓はおのずと定まった。
○「宋書倭国伝」の倭の五王のうち、「済」にあてられている。
○この時代、木梨軽皇子と軽大娘皇女との悲恋物語がある。二人は同母兄妹であったので当然その関係は禁忌とされたが、両者は強く惹かれあった。天皇の御膳に異変が生じたため、占ったところ、身内に通じ合っている者があるとお告げがあった。調べて行くと、二人の関係が露顕した。「古事記」では皇子が捕らわれ伊予国に流され皇女も後を追ったことになっているが、「日本書紀」では、皇子は太子であり世継ぎであったから処刑を免れ、軽大娘皇女が伊予国に流されたことになっている。

天皇と宮の名⇒⇒⇒
遠近飛鳥の比較⇒⇒⇒
陵墓…恵長野陵(えがのながのきたのみささぎ)
所在地…大阪府藤井寺市国府1丁目
御陵は中位段丘に立地し、市ノ山と称される。北向きの巨大前方後円墳で三段築成であり、全長218mの規模で一部二重濠、前方部幅と後円部径の規模が157m前後で同規模である。陪墳も数基ある。「河内志」は仲ツ山古墳をあてている。規模では大王墓にふさわしい。
陪墳を多く有する御陵であるが、長持山古墳はその一つである。古式家型石棺が竪穴敷石室に安置され、小口部に突起がついている。
1946年(昭和21年)に調査され、衝角付冑・桂甲・金銅製鞍金具・木芯鉄板張輪鐙・轡(くつわ)・杏葉・鉄刀・鉄鏃(ひじり)・鉄鍬(すき)・短甲・帯金具等副葬品で豊富に知られている。六朝の神人画鏡もある。
陵墓に眠るのは誰⇒⇒⇒