本薬師寺跡 (もとやくしじあと)地図

金堂の礎石が残る。
 本薬師寺は、「日本書紀」によると、天武九年(680)に天武天皇が皇后(持統天皇)の
病気平癒を祈念して発願された寺です。
寺の建立が開始された時期は不明ですが、完成をみずして6年後の朱鳥元年(686)
天武天皇崩御する。
そのため、かわって天武天皇の追善供養的な性格をもち、持統天皇に引き継がれた。
持統二年(688)に無遮大江(むしゃおおえ)が営まれ、同十一年七月には仏像の開眼供養が
行われている。
翌年の文武二年(698)に伽藍はほぼ完成したと伝えられています。
そして、完成から20年の後には平城の都に移建された。(2016−12−19 平城京の薬師寺
東塔は年輪年代測定で新築されたことが判明した。
 平城京遷都で西の京にあらためて薬師寺を建てたため、本薬師寺と呼ばれるようになった。
薬師寺について⇒⇒⇒ 
白鳳説・天平説について⇒⇒⇒
 「従来は堂塔の位置関係や、礎石配置が平城の薬師寺と一致することから移建説が
有力視されていましたが、発掘調査により一部の堂塔は移建されないまま、
旧地に残っていた可能性があると判明しました。」
講堂 金堂 西塔 東塔 中門 耳成山 藤原宮 本薬師寺 飛鳥川
伽藍配置復元図
本薬師寺の位置 伽藍配置比較⇒⇒⇒  藤原京に浮かぶ右大官大寺、左本薬師寺。
(橿原市藤原京資料室より)
 伽藍は中心に金堂、その前面、左右対称に東、西塔を配置し、南に中門を開き、その両翼から回廊を巡らせ、
金堂北側の講堂に取付くいわゆる薬師寺式伽藍配置と呼ばれるものです。
 金堂、塔の基壇規模やその配置の距離まで平城の薬師寺とおなじで、往時の盛観を想像できる。
 「寺域は藤原京右京八条三坊を占めていましたが、平城京遷都に伴い、
養老二年(718)に平城京右京六条二坊に移転されたことが「薬師寺長和縁起」によって知ることができます。
「中右記」によると、寺が移転した後も、平安時代中頃まで伽藍の存在が確認できます。
また、この頃には平城京の薬師寺に対して本薬師寺と呼び、区別するようになりました。」
 「発掘調査は、1976年の寺域西南隅での調査に始まり、金堂・東塔・西塔・中門・回廊の一部で行われた。
金堂・東塔・西塔は、基壇等の規模が平城の薬師寺とほぼ同じである一方、中門・回廊は、
規模・構造ともに異なることが明らかになりました。
伽藍の造営は金堂に始まり、続いて東塔・中門・回廊、更に遅れて西塔の順に行われたことが分かりました。」
本薬師寺 大官大寺 藤原宮 藤原京 天香具山 耳成山
西塔跡 東塔跡
 毎年初夏に本薬師寺跡周辺の休耕田にホテイアオイを植えている。
1.4ヘクタール広さに50万本の数もある。

 涼しげな薄紫色の花が広がる時期は、8月下旬から9月上旬にかけて見ごろを迎える。


 東西両共塔基壇が残っている。

薬師寺藤原から平城へ、寺の移転の実態、問題点⇒⇒⇒