佐紀御陵山古墳(さきみささぎやま)地図

 第11代垂仁天皇の皇后で、第12代景行天皇の母にあたる日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)の墓として宮内庁が管理する。
日葉酢媛命は垂仁天皇15年に皇后となり、3男2女をもうけて、同32年に亡くなったとされる。その際、野見宿禰(のみのすくね)
が殉死の禁止を進言し、人や馬などのを模したものを土作らせて墳丘に立てた。これが埴輪のルーツとされる。
 古墳の長さ206m、竪穴石室は長さ8.6m、幅1m、高さ1.5m。4世紀後半から末ごろの築造と考えられている。
 野見宿祢⇒⇒⇒
 神魂神社⇒⇒⇒
 垂仁天皇⇒⇒⇒
 相撲神社⇒⇒⇒
 建武雷之男神と建御名方神の戦い⇒⇒⇒
 佐紀石塚山古墳⇒⇒⇒
佐紀古墳群⇒⇒⇒

佐紀御陵山古墳⇒⇒⇒

五社神古墳⇒⇒⇒