九品寺地図

戒那山宝池院九品寺
 弘法大師が行基の聖跡を尋ね、戒那千坊を開いたという伝承となっている。奈良時代中期以降、官寺、学問寺が集中する奈良仏教は次第に懶惰(らいだ・なまけること)と頽廃へ傾いていた模様で、山林へ浄地を求めて修行する清僧が多かった。戒那千坊はそういう奈良の官寺、学問寺に対し戒律を厳格に守る修行僧の聖域であったと言われる。その寺々は南北朝時代の戦火にほとんど焼け亡びたが、九品寺は焼亡をまぬがれた戒那千坊の形見として伝えられている。