耳成山(みみなしやま)地図

香具山から望む
甘樫丘から望む 畝傍山より望む。
 藤原宮跡の北側に位置し、四方どこから眺めても小高い形のよい円錐形の山である。
大和三山の中で一番低い。(標高139m、山麓の標高は60m)) 
 以前はもっと高かったが、火山活動が終わった後に沈下して、山頂部分が地上に残ったといわれる。
山を人の顔に見立てて「耳無し」と呼ぶようになったという説もある。
 登山口は四つある。
 青菅山(あおすげやま)といわれて、緑の菅(すげは古代の水のみそぎの用具)の山と信じられていた。
 また、万葉集には、耳梨山、古和歌集には耳無山とあり、別に天神山という呼称ももっている。
祭神 大山祇命高御産霊神
山の中腹に式内社耳成山口神社がある。
奈良の山口神社⇒⇒⇒
4名が幾何学の問題
と解答を一題づつ提出
された算額。
  算額(さんがく):日本独特の数学和算(わさん)の問題を絵馬に描き、寺社に奉納した。
           また、算額は、問題が解けた喜びを神仏に感謝し、学業成就を祈願する者として古くから
           親しまれてきた。
           和算は江戸時代発展した。
 明治天皇大演習御統監之地 明治41年11月11日(1908)
に陸軍の大演習があった。明治天皇はこの地に立ち統監した。
 参道の他(点線)、ゆるい登り坂の道が反時計方向に、
頂上に向かって幅広く作られている。(実線)
耳無の池し恨めし 耳なしのやまのくちなし 古池に映る耳成山
 昔、三人の男がいて、ともどもに一人の女性に求婚した。
その女が嘆息をついて言うには、
「一人の女性の命の、はかなさは露と同じで、
三人の男の気持ちの和らぎ難いことは岩のようだ」と。
そこで遂に池のほとりをさまよい、身を投げて水中に没した。
その時、男たちは深い悲しみに堪えられず、
それぞれ思いを述べて作った歌三首の内の一首。
 耳無の 池し恨めし 吾妹子が 来つつ潜(かづ)かば 水は涸れなむ
 耳無の池は何と恨めしいことよ。
吾妹子がやってきて身を投げたら、水は乾れてほしいものを。
 耳なしの 山のくちなし えてしがな 思いの色の 下染めにせむ
 耳成山のくちなしの実を手に入れたいものだな。
恋の「思い」の緋色の下染めるに使い、
「耳無し」「口無し」で、人の噂にならないようにしよう。