琵琶湖疏水記念館地図

動画    琵琶湖疏水⇒⇒⇒
 琵琶湖疏水に船が通る⇒⇒⇒
 全動画⇒⇒⇒
扇ダム放水路 ペルトン式水車
 今川正彦(元京都市長)筆の扁額「楽百年之夢」百年の夢を楽しむ、が放水路の出口にある。
十石舟めぐり(3月26日〜5月6日)
 南禅寺舟留まり乗船場から夷川ダムまでの疎水を昔ながらの小舟に乗る。
インクライン⇒⇒⇒
動画 琵琶湖疏水⇒⇒⇒
動画全体⇒⇒⇒
 明治維新により沈みきった京都に活力を呼び戻すため、琵琶湖疏水の建設を取り上げた。疎水の力で新しい工場を興し、舟で物資の行き来を盛んにしようという計画であった。
 東京の工学部大学を卒業したばかりの田邊朔郎が土木技師に菜用され準備を進めた。
 明治18年(1885)に着工した。
 滋賀県の琵琶湖から京都の鴨川まで水路が建設された。
 第一トンネルは長さが2、436mもあり、我が国初めての竪坑を堀り、れんが、材木も直営で生産し、ほとんど人力だけで工事を進めた。
 着工から5年後(1890)に完成し、水力発電を菜用したおかげで、新しい工場が生まれ、路面電車も走り出し、京都は活力をとりもどした。
 それから20年後、更に豊かな水を求めて第二疎水を建設し、同時に水道と市営電車を開業したことで、今日の京都のづくりの基礎ができあがった。 














,