飛鳥京跡苑池

 苑池は7世紀後半に造営され、南北二つの人工池や水路、噴水よう石造物などがあった。 
五角形の南池(東西65m、南北55m)では東西32m、南北15m、高さ1.3mの複雑な曲線を持つ中島が出土している。
苑池南東には宮殿(飛鳥宮迹630〜694)がひろがっていた。 
 663年の白村江の戦いで日本は唐・新羅連合に敗れ、遣唐使が中断した。一方朝鮮半島を統一した新羅との交流が活発となり、新羅から王寺や使節がたびたび来日した。
 天武天皇は、外交の舞台として異国の人を招いて歌や舞でもてなし、祭祀や儀式も行う苑池を改修した。

 苑池の造営が始まったとされる斎明天皇の時は島はまだ小さかったが、天武天皇の時に島が曲線を描く姿に拡張され、舞台が新設された。  
 中島を取り囲むように直径0.9〜1.2mの円形の穴が計120発見されており、これにより高床式舞台のような施設が東西35m、南北17mの範囲でつくられていた。
 南岸でも、東西15m、南北10mで直径1mの柱穴が計40個確認されている。東岸でも柱穴が発見されているが、観客席だった可能性がある。









漏剋

 水時計は正式には「漏剋(ろうこく)」と呼ばれ、一定の速度でたまる水の量によって時計を計る装置のこと。中国では、2世紀に受水槽と上下二段の水槽を持つ水時計が発明された。
 構造は、ものさしを浮かべた最下段の受水槽に、上の水槽からサイホンを通って一定時間に一定量の水が滴り落ち、浮き上がったものさしの目盛で時刻を計る。しかし、上部の水槽の水位が変われば水圧も変わり、滴り落ちる水量も一定でなくなってしまう。そこで、さらに上部へ水槽を階段状に重ね、水を補充し、水位の変動をおさえる多段式の構造へと改良されていった。上部の水槽は出土されていないが、同時代の中国・唐で考案された四段式の水時計の技術が導入されていた可能性がある。
 基壇内部には、給排水用の「木樋暗渠(もくひあんきょ)」(地下に設けられた木製の水路)が縦横に走り、木樋と連結した大鋼管や、途中で分岐した小鋼管が埋没された状態で出土し、地下から地上へ水を揚げていたことも分かっている。
 小鋼管の直径は約1.2cm(内径0.9cm)。非常に純度の高い銅で作られていた。作り方は小銅管は幅4cm、長さ80cm、暑さ1mm前後の銅板を、丸めて管状にし、重ね合わせた部分を銀ロウという銀と銅の合金で接合した。
 更に、小銅管はその周囲を骨粉と混ぜた漆と木材で覆われ、水漏れや凍結防止対策が施されていた。また、銅管の材料に含まれる鉛の分析によって大鋼管と小鋼管では、異なる鉱山の銅を使用していた。
 地中に埋められていた配水管の制作技術やサイホン原理の応用技術からみても、高い技術であった。また、銅管や木管は北へも続いていることから、石神遺跡でみつかった斎明朝の迎賓館に設置された須弥山石石人僧の噴水施設にも、これらの技術は利用されていた。