石神遺跡(いしがみいせき)地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
須弥山石(しゅみせんせき)、石人像(=道祖神・どうそじん)と呼ばれる、噴水の仕掛けを持つ石造物が出土した。
広大な石敷や大型の建物跡などからは、天武天皇の母である斉明天皇の迎賓館的な施設だったことがうかがえる。
東側の区画は井戸を中心にその北に四角に囲まれた掘立柱建物群と石組溝が縦横に配置されている。建物の周囲と空間地は石敷であったと推定できる。 7世紀前半のほぼ正方形の池(方形池)あととみられる石組みや、67本の杭の列が出土した。西に推古天皇の宮殿小墾田宮があったとされることから、同宮に関連する庭園などの施設だった可能性がある。
 斉明天皇のころの遺構は東西大垣と長廊状建物によって東・西二つの区画に分けられる。西側は廂付きの大規模建物がみつかり、日常的な空間として利用されていたと考えられる。通路によって南の水落遺跡とつながる。

この石上・水落遺跡こそ天皇に直属した禁苑の施設、或いは遠来の人を安置する客館であった。
 
 観世音経(観音経)について国内最古の記録となる木簡が見つかっている。
 676年に写経を届けたことを依頼主へ報告する内容。
 686年に天武天皇の病気平癒のため観音経が詠まれたという、日本書紀の記述をさかのぼっているが、当時、現世利益を求める観音信仰が広く浸透していたことを裏付けている。
飛鳥寺の旧寺城に接する西北一帯は石神遺跡とよばれている。明治時代に須弥山石石人像が出土し注目された。昭和56年以降継続的に調査が行われ、飛鳥時代の斉明天皇(655〜667)のころを中心に各時代の遺構が複雑に重なっていることが明らかになってきた。
 南にある水落遺跡との関連性も深く、水を流すための銅管や木樋(もくひ)も延びており、両遺跡をつないでいた可能性が強い。
飛鳥京跡苑池⇒⇒⇒
万葉歌 最古の木簡⇒⇒⇒
日本最古のカレンダー⇒⇒⇒ 
下ツ道⇒⇒⇒
東アジアとの交流⇒⇒⇒

「日本国」誕生の舞台⇒⇒⇒