扶余・白村江・落花地図

     
 白村江に浮かぶ船  静かに流れる白村江
  7世紀前半の朝鮮半島は北部に高句麗、南東部に新羅、南西部に百済が並び立つ三国時代だった。
 百済から攻め込まれていた新羅は唐と手を結び、百済を攻撃する。
 百済は斎明天皇6年(660)、唐・新羅連合軍に滅ぼされた。
 国を復興させたい百済は日本に助けを求めた。
 日本軍は、滅亡した百済の復興に介入することを決め、斎明天皇7年(661)斎明天皇
中大兄皇子自身が兵を率いて、九州の朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや)まで出兵する。
 斎明天皇は九州で亡くなった。
 天智2年(663)8月、朝鮮半島の錦江の河口の白村江で、日本国水軍・百済と唐・新羅とが戦い、日本軍の兵力は船1千艘、
兵万余とも称される大軍であったが大敗し、戦力の4割を失い百済は滅亡した。
 この敗戦処理が大きな課題となり、唐からの使節があいついで難波津に来朝した。
 天智6年(667)、中大兄皇子は、再び飛鳥の地を離れ、近江大津に遷都することにした。中大兄皇子は即位して天智天皇となり、
中央管制や地方行政組織の整備を図り、対馬、壱岐、筑紫国などに防人を配備し、のろし台を設け、筑紫に水城を設置し、さらに、
大和と河内の境に高安城を築き、唐・新羅の来攻に備えた。  
 ところが、唐・新羅の矛先は、まず高句麗に向かい、天智7年(668)に高句麗が滅亡した後には、朝鮮半島の支配をめぐり唐と
新羅が対抗したことから、日本国侵攻の危機は回避された。 
落花岩 百花亭の前にある落花岩の碑
 百済滅亡のとき、3000人もの女官が飛び降りたとされています。
飛び降りる時に恐怖のため、スカートたくしあげて顔を覆って
飛び降りるものの、途中風力でスカートは一斉に手から離れ、
花が咲くようにパッと開き、赤・黄・紫の花が入り乱れ散っていく状況は、
はかなく強烈な思いがします。
皐蘭寺(コランてら) 百花亭 百花亭の近くの岩 岩の上から白村江を望む
 落花岩から身を投げた数多くの百済の女官達の悲しい魂を慰めるために高麗初期に建てられたという説もある。皐蘭(コラン)という寺の名称は寺の後の岩壁で生えている皐蘭草(コランそう)からきたものである。この寺の周辺は、美しい景色を始め、落花岩に関わる伝説として険しくて奇異な岩、そして皐蘭草で大変有名である。  扶蘇山城の北、河岸の険しい岩の上に建てられた六角形の亭である。百済滅亡の際に3000人もの女官達がこの絶壁から身を投げたという伝説が伝わっている。ここから身を投げた女官達を追悼するために1929年に建てられた。床を地盤よりも高くして南側に木の階段をつけて出入りできるようになっている。木の床の周辺には簡単な欄干があり、天井にはいろいあろな蓮の花が描かれている
扶蘇山・白馬江の図 扶蘇山門 扶蘇山門
 扶余官北里百済の遺跡。百済の泗沘(サビ)時代538年~660年の王宮址。
 この城は百済時代の首都であった泗の中心となった山城で、都城を防御する核心施設であり、百済に泗に都を定めた538年以前既に築造されたものと推定される。
 扶蘇山(プソサン)は海抜106mで、面積960、828㎡の山である。北側には白馬江(白村江)が包むように流れ、天然的な地勢をなしているので外敵から攻防の防御するのに有利で、南側は緩かな丘陵地で形成されており、ここに山城を築いて百済の王宮と都城を防御する役割を果たした。
 扶蘇山城は山峰を鉢巻をしたように築いた方法と、谷と稜線を包みながら築いた2、495mの包谷式山城が混合された百済独特の複合式山城である。
 山城内には軍糧米を保存した軍倉址と東・西・南・北の方向に四つの門址、百済の王と貴族達が朝日を迎えながら国政を計画した迎日楼、白馬江に沈む月を見ながら国政を整理した送月台に建てた泗楼、百済時代の軍人の穴蔵である竪穴兵営址、望楼と推定される半月楼、百済敗亡の時、数多くの女官が身を投げた落花岩、彼女達の魂を慰めるために高麗時代に建てた皐蘭寺がある。
 近江遷都⇒⇒⇒
近江大津宮⇒⇒⇒
うま酒三輪の山⇒⇒⇒
太宰府⇒
高安山城⇒
詳しく⇒⇒⇒