岡宮天皇陵地図

岡宮天皇(草壁皇子)真弓岡陵
追尊天皇⇒⇒⇒
 皇太子のまま死んだ草壁皇子の母ウ野讚良(うののさらら)皇后(持統天皇)が贈った
称号である。天武天皇の皇子であり、文武天皇元正天皇の父である。
11歳の時、壬申の乱に従い、両親の期待をになって皇太子となったが、父の死後、
即位を見ずになくなった。
 かれのライバルは、天武天皇と母の姉である大田皇女との間に生まれた大津皇子
であった。
 この二人は皇位とは別に女性をめぐっても張り合った。相手は石川郎女、当時宮廷
ゆびおりの才媛であり美人である。
 「島の宮 上(うえ)の池なる 放ち鳥 荒(あら)びな行きそ 君座(いま)さずとも」
万葉集にあるこの歌は、嶋宮の情景を詠んだものといわれている。「君」は日並皇子(ひなみし)
ともよばれた、時の王位継承予定者、草壁皇子のことで、「島の宮」の所在地については、大字
橘と島庄にかけての地域が有力。
 歌の意味は、「島の宮の上の池にいる放ち鳥よ、野生にたちかえっていかないでおくれ。
たとえ、日並皇子がいらしゃらなくなってしまったとしても」
 草壁皇子は、天武・持統両天皇の間に生まれた、たった一人の皇子であった。
28歳の若さで夭折してしまった草壁皇子が過ごした嶋宮を、皇子に対する思慕を込めて
舎人がうたいあげたもの。

 嶋宮が草壁皇子の本拠地となる以前、この地域には蘇我馬子の邸宅があった。
   
 隣にある素戔嗚命神社 岡宮天皇陵から望む 
 束明神古墳から南300mの高取町大字森に所在している。
 文久2年(1862)に宇都宮藩が中心になって現岡宮陵の修陵が行われた。
 地元では、現岡宮陵の位置は素戔嗚命神社の本殿が鎮座していた所で、立ち退きをしてそこを
陵とした。ということが言い伝えられている。