唐古遺跡地図

「唐古·鍵遺跡」

 唐古·鍵遺跡が存在したのは、弥生時代、山の辺の古墳群が作られた直

前の時期と考えられている。弥生時代は紀元前4~5世紀から2~3世紀

にわたる農耕中心の時代で、その遺跡は県内で400程ある。大半は盆地

の東南部に多く存在する。唐古·鍵遺跡はその一つで、ほぼ弥生時代全期

に存在した大型の拠点集落の一つであった。

 集落の構造は、東西600メートル南北700メートルの規模で住居跡

や方形の周溝墓もあり、村の周りに多重の環濠が巡らされていた。環濠の

もつ意味は、低地帯の為の洪水対策、交通手段(運河)、敵からの防御、

或いは村の共同体意識を高めるためなどが考えられている。微高地には高

床式の最も古い建物とされる棟持柱(むなもちばしら)で支えた総柱建物は
生活空間のない
(遺物が出てこない事から)場所に建てられていたようだ。
微高地の中で
も神聖な場所やそうでない場所の住み分けがされていたと
想定される。

 出土した絵画土器には寄棟造りの大型建物に加えて、楼閣の高層建築物

が描かれている。場面をイメージして描かれたものだとすると今後の発掘

で楼閣の建物が出てくることも考えられる。石製の銅鐸の鋳型や土型銅鐸

鋳型外枠も出土している。これら銅鐸の制作場所が公害や火災を予防する

などを考慮した場所にあり、すでに都市計画的なことがなされていたよう

だ。青銅の原料を持ち込むことができ、その鋳造を専属にする高い技術の

銅鐸製造集団を抱えていることからも、唐古·鍵はかなり力を持っている

集落であったといえよう。さらにヒスイ勾玉の褐鉄鉱容器が出土している。

一部が欠け、ヒスイ大型勾玉2個と土器片が詰められていた。

この褐鉄鉱は中空で良質の粘土を核として周囲に鉄分が凝結し、その
粘土が収縮することにより
生成されるもので、中の粘土は中国では
「禹余糧(うよりょう)」と呼ばれ、
薬として用いられた。道教の中に「殻の中
の粘土を食すると不
老不死になる」という教えがある。実際、奈良の正倉院
の「種々
薬帳」の中には薬として保存されている。つまり、唐古の弥生人が
中国の道教を知っていて埋納した可能
性が考えられるのである。楼閣の建物
をはじめ、道教の思想などの精神的
なものまで中国のものを取り入れていた
集落であったのではないか。集落
が地域の中心というばかりでなく、中国大陸
と交流していたことも推測さ
れる。

 唐古·鍵の集落が近畿と大陸とを結んでいた集落であり、やがて、

時代、奈良時代へと繋ぐ役割も果たしていたのではないか。

 いずれにせよ、唐古·鍵遺跡は大和政権の生まれる直前の時代の遺跡と

いうことができよう。

  山の辺文化会議 文化講座(第28号:平成19年度) 
   田原本町教育委員会課長補佐藤
田三郎