道明寺地図

 道明寺は、古墳造営に携わった土師氏の氏寺(土師寺)として7世紀代に建立さ
たと考えられます。土師氏の子孫の菅原道真公ゆかりの寺で、道真公の別名
道明から
道明寺と呼ばれるようになりました。

 当寺はもとは道明寺天満宮の南側にありましたが、明治時代の神仏分離により
天満
宮と分離され、現在地に移転しました。

 江戸時代の境内図から、四天王寺式伽藍配置であったことが知られます。

 本尊の十一面観音菩薩立像は、檜の一木造で、細部にいたるまで緻密な彫技
が施さ
れた、代表的な檀像彫刻として国宝に指定されています。

     
 
  
 
 
十一面観世音菩薩
(国宝)   

道明寺略縁起

 当寺は菅原道真真公が信心をこめて手ず|から刻まれた国宝十一面観世音菩薩像を本尊とする。古義真言宗の尼寺です。

仏法に帰依される処深かった聖德太子がこの地に尼僧の寺院を建立されるに当り代々仏教文化導入に精接的であった
土師という人が邸宅を寄進し東西三百二十米北六百四十米の広本大な境內に五重の塔金堂等をはじめとする七堂伽藍
の完成見ました。これが当寺の前身土師寺て、その後菅原道真公に依って道明寺と呼な改められる処となり、数多くの仏像、
教典美術工芸品,薬品等宝蔵しておりました。土師氏の後裔管原道真公が太宰府に下向されたるとき、叔母覚寿尼を訪れ
て当寺に立寄ら科一首を残され一首を残されています。:

    啼けばこそ別れもうけれ鶏の音の 鳴からむ里の暁もかな

 戦国時代に入リ、高屋の兵乱に当寺も烧失しましたが、之を惜しむ織田信長、豊臣秀吉、德川代々 の将軍家等の庇護に

よって復興成り朱印地に認められました。

 明治五年神仏分離令に徒って堂宇一切を天滿宮境內よリ移し境肉の拡張を经て大正八年には本堂の落成をみ多宝塔を
加え建立以来千三百年法燈絕ゆることなく少ない尼寺として現在に至っております。

       道明寺