大原の里地図

大原神社
大原の里 藤原鎌足誕生地
大織冠誕生の碑 大原神社
 藤原鎌足は、「大織冠伝」によると、推古天皇22年(614)、大倭(大和)国高市郡の人として、
藤原の第(邸宅)に生まれたと記されている。藤原は現在のここ明日香村小原の地である。
 鎌足は、中大兄皇子(後の天智天皇)を助けて、「大化の改新」を推進する。
669年臨終の床で、天智天皇から、最高位の「大織冠」の冠位を与えられ、その後、
一千年以上も続く藤原氏の祖となった。
 飛鳥坐神社より通じるこの道は、ここから東へ上ること約4kmの山頂にある、
鎌足を祀る「談山神社」への表参道である。
 阿武山古墳⇒⇒⇒
 律令制と天皇⇒⇒⇒
 石の女帝⇒⇒⇒
 中大兄皇子とともに蘇我本宗家の打倒を計画、実行した中臣鎌足。乙巳の変の後に即位した
孝徳天皇、皇太子の中大兄皇子のもとで内臣(うちとみ)となり、新制度の立案を指揮して皇太子
を補佐するなど、政治改革に尽力した。中大兄皇子が天智天皇として即位してからも、礼儀、
律令の撰定に着手したといわれる。天智8年(669)10月鎌足が病に伏すと、天智天皇は
大海人皇子を鎌足の邸宅につかわして大織冠と大臣の位を授け、藤原の姓を賜ったが、
鎌足はその翌日に邸宅で息を引き取った。
 多武峰縁起によれば、鎌足の墓はのちに大和国の多武峰に移されるが、初めは摂津国
の阿威山にあったという。大阪府高槻市と茨木市にまたがる阿武山古墳がその墓とみられ
ている。
横口式石槨には夾紵棺(きょうちょ)が納められており、棺には40〜60歳の男性が葬られ
ていた。天皇に準ずるような身分を示す玉枕(たままくら)や最上位の識冠とみられる冠帽が
出土したことから、被葬者は56歳で亡くなった中臣鎌足だと考えられている。
 
 産湯の井戸
大伴婦人の墓
 大原神社左手の森には、鎌足の母「大伴夫人」の墓がある。
墓は東西11m、南北約12m、高さ2.4mの円墳である。
また、藤原鎌足の誕生地とも伝えられている。
大原神社の奥の竹田川のほとりには、藤原鎌足産湯の井戸がある。