宀一山 室生寺地図
 主な年中行事、本尊、開山、開創年、御詠歌、電話などは こちら 宝印

太鼓橋から表門 仁王門 石段ー鎧坂
 「女人高野」として名高いこの寺は、古くから女人の入山を許していた。天武天皇九年(白鳳年間・681)天武天皇の仰せにより
役行者によって開かれ、
後に弘法大師(平安時代)の手で伽藍の整備がおこなわれ、真言密教の道場とした。
境内には多くの国宝、重文が残されている。
 高野山は明治初期まで女人禁制だったが、室生寺は女性に開かれて「女人高野」の名が高まった。
 山林修行の霊地だった。寺が建立されたのは奈良時代の末に、
皇太子山部親王(後の桓武天皇)の病気平癒祈願がきっかけだった伝わる。
 奈良時代末期ごろ興福寺別院として創建された。
江戸時代に奈良・興福寺の配下を離れて真言宗の寺院として独立。
 奈良、京都に比べると建物が小さく、屋根は和風の檜皮ぶきや?(こけら)ぶき。堂塔のこじんまりした雰囲気と和風色は女人高野らしいが、
これは地形に制約さているためで、女人高野と呼ばれる以前からである。
金堂(国宝) 梵字池 本堂(灌頂堂)国宝
釈迦如来立像(国宝)
十一面観音菩薩立像(国宝)
薬師如来立像(国宝) 地蔵菩薩像(重文)
十二神将(重文) 文殊菩薩(重文)
が安置されている。
くわしく⇒⇒⇒
 檜皮葺、ここの本尊は木造如意輪観音菩薩坐像(重文)で空海の作と伝え、
春日厨子内に安置されている。
神呪寺
(第17番)及び観心寺(第13番)とを日本三如意輪という。
弥勒堂(重文)  五重塔(国宝) 国宝の仏塔一覧⇒⇒⇒ 本堂から塔へ
 参道の石段を上がると左手にある最初の建物。
金堂前庭の左手にある三間四方コケラ葺の堂内部の須弥壇には
弥勒菩薩立像(重文)が、脇壇には釈迦如来坐像(国宝)が安置されている。
室生寺の五重塔⇒⇒⇒
 五重塔は本堂の上手、奥の院に行く登り口、緑の木立の中にある。
方三間、高さ16.2mで、現存する五重塔のうちもっとも小さいものであり、弘法大師の一夜造りといわれる。
塔内には、百回忌本尊である五秘密菩薩(額)がある。
 建立は800年頃(平安初期)とされる。
 平成10年(1998)の台風で半壊したが、修復されている。
 五重塔から奥の院へ 
原生林にかこまれた石段を登る。
七重石塔 位牌堂
護摩堂   奥の院 御影堂(重文) 天神杉
 五重塔から約400段上がったところにある。
弘法大師の像が安置してあるので
大師堂ともいう。
仁王門 北畠親房之墓 五重塔