興福寺地図

東寺に次いで高い五重塔(国宝)。
⇒⇒⇒

国宝の仏塔一覧⇒⇒⇒
 初層には、塔が再建されて間もなく造られた、
薬師三尊像(国宝・東)・釈迦三尊像(国宝・南)・
阿弥陀三尊像(国宝・西)・
弥勒三尊像(国宝・北)が安置されている。
太い柱を囲むような配置は、奈良時代に四方仏の浄土変
(浄土の様子)があったのにならっている。
 室町時代に再建された6代目。
高さ50.8mで天平創建時の塔より約4m高い。
天平2年(730)4月28日に光明皇后(藤原不比等)
の娘が発願し、同年内に壮大な塔が完成したという
驚くべき早さで完成した。
現在の塔は、5回の焼失・再建をへて、室町時代の
応永33年(1426)に、隣接する元興寺にあった奈良時代の
塔を参考に建立当時の姿を目指し再建された。
 1998年世界遺産登録
 奈良・世界遺産⇒⇒⇒
 建物中心部から屋根の四隅へ斜めに延びる垂木の上に、
上の階の柱を立ててある。古代建築の特徴。室町時代の
建築なのに新時代の技術を取り入れず、古代を守ろうとした。
 初層は大きく重い構造物を支えるため、組み物ががっちり
組み込まれている。
北円堂(国宝) 伽藍配置図 三重塔(国宝)
大法寺三重塔⇒
 和銅3年(710)から造営された境内は、平城京三条大路から少し北に控えて南大門が達ち、北に中門、中金堂、講堂、
その左右前方に経蔵と鐘楼、また東、北、西の三方を僧房が囲んでいた。
さらに東側には南から南円堂、西金堂、北円堂が建ち並んでいた。
北円堂 
 本尊弥勒菩薩坐像(国宝・運慶作)、四天王(国宝)を中心に無著・世親両菩薩(国宝)など9体の仏像が安置されている。
運慶の工房が仏像製作にあたった。静かにたたずみつつ今にも動き出しそうな迫力を兼ね備えた国宝中の国宝ともいえる仏像といわれる。
 養老五年(721)興福寺を創建した。藤原不比等の一周忌に菩提を弔うため元明太上皇元正天皇の命を受けた長屋王が創建した。
その後、二度の火災(永承4・1049、治承4年・1180の戦乱)で焼け、承元2年(1208)ごろ今の建物が再建された。
 興福寺現存中最古の建物。日本に現存する八円堂の中でも最も美しいと言われ、広大な境内の西の角に位置する。
それは、天皇がいる平城京を最も見下しやすい場所である。
 八角円堂は霊をなぐさめるための建物。
三重塔
 平安時代の終盤の康治3年(1143)に建ったが、治承4年(1180)に平氏による南部焼き討ちで焼けた跡、再建された。優美な線を醸し出す平安時代の建築様式を伝える。
 初層内部には、弁財天が安置されている他、千体仏が描かれてている。7月7日弁財天供(べんざいてんく・弁才天)の法要。知恵の神弁財天をたたえる。頭部には鳥居や宇賀神を載せている。周囲の壁には千体仏が描かれている。年に一日だけ三重塔が開扉される。
 弁財天は17世紀、高さ38.5cm、8本の手に剣や矢を握る。ふっくらとした表情。北円堂の諸像の迫力と対照的。
 屋根の重みを下支えする組み物である肘木(ひじき)と台座となる斗(ます)のセットは、2・3層が三段重ねなのに初層は一段だけ。仏塔は一般に人が中に立ち入らない建物だが、
ここでは初層内部を広くして法要などに利用するために組み物を減らした。 組み物が簡素なため、白壁がきれいに見え、軽やかな印象を与える。
 興福寺の起源は、天智天皇8年(669)に中臣鎌足の夫人鏡女王が、鎌足の病気平癒を願って建立した山背国、
現在の京都市山科区にあった山階寺にある。その後飛鳥に移されて廐坂寺、和銅3年(710)の平城遷都に際して、
鎌足の息子の不比等が左京三条七坊に移し、興福寺と称した。
やがて藤原氏の興隆にともなって、我が国の宗教界はもとより政治、経済、社会、文化に大きな影響を及ぼした。
長い歴史の中で度重なる罹災と復興を繰り返し、現在に至る。
 最盛期には175もの建物が軒を並べ、多くの僧侶が教学し、また仏像や経典、工芸品などが盛んに造られ、文化の華が咲き誇ってきた。
伽藍配置比較⇒⇒⇒
 南大門の基壇の復元工事が進められている。(2009-9-26現在)
 南大門は二重の瓦屋根を持つ建物で、東西に金剛力像(木造)が安置されていた。
 南大門は710年創建後7回焼失し、6度再建された。7度目の大火は享保2年(1717)。
 治承4年(1180)東大寺・興福寺の反平氏勢力を抑えるため平清盛が命じた南都焼き打ちでは、大火災の末、奈良(南都)の多数の仏教寺院が消失した。
 南都復興の中心になったのが、慶派と呼ばれる奈良仏師一門。慶派は鎌倉幕府の擁護を受け、仏像は奈良だけではなく日本各地に残ることになった。
北円堂 講堂 食堂 東金堂 五重塔(国宝) 南円堂 三重塔(国宝) 中金堂 中門 南大門 西金堂 鐘楼 経楼 西室 中室 回廊 回廊 北室
東金堂(国宝) 講堂
東金堂
 薬師如来坐像(重文)日光月光菩薩立像(重文)文殊菩薩坐像(国王)維摩居士坐像(ゆいまこじ・国宝)
十二神将立像(国宝)四天王立像(国宝)
後堂(裏正面)
 正了知大将立像(しょうりょうち) 阿弥陀如来像の板絵
 本尊の薬師如来を挟んで対象の位置に維摩居士、文殊菩薩の両坐像が安置されている。
向かって左が眼光鋭い老人の維摩居士で、激しい表情で語りかけている。文殊像は若く品格があり、話に耳を
傾けている。大乗仏教の重要な経典「維摩経」の中で、在家信者の維摩と英知にとむ文殊とが法論を戦わせて
いる場面となっている。
 神亀3年(726)に聖武天皇が元正天皇の病気回復を願って造立された薬師三尊像を安置するお堂である。
 創建以来6回の焼失の後、応永22年(1415)に再建された。
 現在の本尊薬師如来坐像は、このとき新しく鋳造された。日光・月光菩薩立像は、もと山田寺の像である。
10月4日夜塔影能がある。塔影能は東金堂の薬師如来へ能を奉納する目的。
 治承4年(1180)源平争乱期に平重衡(しげひら)の南都焼き打ちによって興福寺はほぼ全焼し東金堂も
本尊薬師如来とともに焼失した。東金堂は数年後に復興したが本尊を山田寺から薬師三尊を持ちさり
新東金堂に据えた。
 東金堂最後の被災は室町時代応永18年(1411)に、五重塔に落雷があり類焼した。4年後に復興したのが
現在の東金堂である。本尊もこの時も破損し仏頭が残った。(銅造仏頭・国宝・高さ98cm、顔幅55cm、国宝館)
この銅造仏頭は東金堂解体修理中本尊の台座内に正面向きに納めてあった。
現本尊の脇侍日光・月光菩薩旧山田寺の像。
国宝館安置仏像
 阿修羅像(国宝)
 金剛力士立像(国宝)
 千手観音立像(国宝)
 板彫十二神将立像(国宝)
 龍燈鬼(国宝)天燈鬼(国宝)
 銅造仏頭(山田寺から運ばれたもの。応永の火災で頭部だけが残った)
仏頭について⇒⇒⇒
不空羂索観音菩薩坐象(ふくうけんさく)
国宝ポスターより 
南円堂(重文)
南円堂
 本尊 不空羂索観音菩薩坐像(国宝ふくうけんさく)本尊の四方に四天王立像(国宝)
広目天立像・多聞天立像・増長天立像・持国天立像、が安置されている。
当初安置されていた法相六祖像は今は国宝館にある。
  10月17日には大般若経転読法要がある。転読は600巻ある大般若経を略読する作法。八角円堂は霊をなぐさめる建物であり、
弘仁4年(813)藤原冬嗣(ふゆつぐ775〜826)が父内麻呂の追善のために建てた。和銅3年(710)に始まった寺の整備の最後を飾る建物である。
 4度再建された。
 南円堂の本尊不空羂索観音菩薩坐象は、手に持つ羂索(網と綱)で衆生を救いあげるという。運慶の父康慶による再興像、
文治5年(1189)。四天王立像は、弟子の定慶か息子の運慶によるとされる。
像高336cm、木造。
康慶⇒⇒⇒
南円堂は西国33観音霊場の第9番札所でもある。
概要と特徴
 奈良公園の中に千年の歴史を持った興福寺の堂塔が点在する。南円堂ご本尊は網、糸を持ち万人を救い、願いを叶えてくれる。
中金堂 中門・回廊復元図 東回廊から、中央は南円堂 中金堂の柱
中心の金堂であを中金堂は、和銅3年(710)に
藤原不比等により創建されたが、享保2年(1717)に焼失した。
同じ場所に再建される。
 中央手前が中門、奥に中金堂、東面回廊(右)、西面回廊(左)、南面回廊(手前)、北面回廊(奥)
 平成10年(1998)に策定された「興福寺境内整備構想」に基づいて実施された発掘調査や古絵図から、
中門は単層、屋根は切妻造り、東西5間23m、南北2間8.4mで、正面中央3間を扉とし、その南面と北面に階段をつける。
この基壇は東西27m、南北14mであった。
また、回廊は中門から東西に張り出し北に延びてそれぞれ中金堂に取り付くかたちで巡っており、基壇の規模は東西87m、
南北10mであった。
中金堂は8世紀初めの建立。以来7度の火災に遭い、江戸時代の炎上焼失以降平成に至るまで再建されずにきた。今回は創建当時の、天平回帰のデザインという。単層裳階付正面37m、側面23m、高さ21mの規模で本瓦葺き。長さ10m、直径77cmの母屋柱は36本必要。樹齢400年のアパの木をアフリカから調達。他に直径62cmの柱30本も輸入材。


sarusawa
猿沢の池に映る五重塔 中門の基壇
日本三大名月観賞地
 2月3日節分行事として、病気平癒を願う追儺会(ついなえ)
の法要が営まれた後、東金堂前の特設舞台で3匹の鬼と
毘沙門天が激しい戦いを繰り広げる鬼追い式がある。
 豆まきは安全を考えて手渡しで行われる。
 日本三大会(え)のひとつ維摩会(ゆいまえ)があった。
猿沢の池
 殺生を戒めるために興福寺が魚など放つ放生会(ほうじょうえ)
の池として
奈良時代に人工的に造られた。
 猿沢の池は興福寺の広大な境内の表玄関に位置してきた。
 帝の寵愛を失った采女が入水する際に柳に衣を掛けた伝説があり、
柳が名物。
 澄まず濁らず出ず入らず蛙はわかず藻は生えず魚が七分に水三分。
 龍が住むという伝説があり、芥川龍之介が短編小説「龍」の題材にした。 

海住山寺⇒
















.