元興寺極楽坊地図
元興寺塔跡地図

   
 極楽堂―曼荼羅堂(国宝)  高さ約5.5m五重塔(国宝)奈良時代
2015-5-8朝日新聞より
  国宝の極楽堂(本堂)と禅室には飛鳥時代建立当初の瓦や柱が残る。
蘇我馬子が建立したといわれる日本最古の本格的伽藍である法興寺(飛鳥寺)がその前身。
ならまち中心部に位置し、かつては南部七大寺の一つとして現在のならまちは全て境内地であるほど広大な寺院であった。 
 日本最古の寺である飛鳥寺(国内初の仏教寺院、法興寺)を前身とし、平城遷都(710)に伴って平城京に移された。
移転当時の元興寺には広大な土地と伽藍があり、猿沢の池を挟んで北の興福寺、南の元興寺と呼ばれていた。
現在の「ならまち」がかっての元興寺境内であった。 
 日本書紀崇峻天皇3年(590)10月、「山に入りて寺の木を取る」とある。寺とは法興寺(飛鳥寺)のこと。
 毎年2月3日には境内で紫燈大護摩供(さいとうおおごまく)がある。
修験者が護摩木を本堂前の護摩壇にくべると、炎が燃え上がり下火になると護摩壇が崩され、
素足で火渡りが行われ無病息災などを願う。
 一般参拝者も参加できる。 
 
  奈良・世界遺産⇒⇒⇒

 蘇我馬子が建立したといわれる日本最古の本格的伽藍

である飛鳥寺(法興寺)がその前身。ならまち中心部に位置し、
かつては南都七大寺の一つとして奈良市街の南西部を境内
とする広大な寺院であった。

 東門(重文)  極楽堂―曼荼羅堂(国宝)
本堂(国宝・鎌倉時代) 
     元興寺の僧房だった北室の東端にあたり、北室の一部を改造して独立させたもの。
     6間に6間という正方形のお堂。柱と柱との間隔がまんなかほど大きく、両端はしだいに狭くなっている。
     屋根は行基葺きという葺きかたがしてあり、円瓦の一方がすこしずつ細くなっているのを段々に重ねて葺く方式。
     飛鳥寺創建時の瓦の一部が今でも使用されている。
     瓦が作られた年代により色が異なり、赤褐色・黒系は飛鳥時代、白系は奈良時代、グレーは昭和時代となっている。
     法隆寺の玉虫厨子もこの方式。
     本尊 木造阿弥陀如来坐像(重文・平安時代)、本尊のうしろに着色曼荼羅(重文・鎌倉時代)、厨子(国宝・鎌倉時代)
     厨子の裏板にも智光が描いて礼拝した曼荼羅図があり、一般の信仰を集め、極楽坊という名もここからおこっている。 
   
     
 東門(重文)  五重塔(国宝)
東門
  この門は鎌倉時代の建物として、雄大な気風と、すぐれた意匠を持つ切妻つくり四脚門である。
もと東大寺西南院にあった門を、元興寺の極楽坊正門として応永18年(1411)この場所に移築されたものである。
 東門の設置により極楽坊本堂を中心とする一画が元興寺旧伽藍から独立した中世寺院7として再生したことをしめしている。 
五重塔(国宝)
 建造は奈良時代後期と考えられている。1層ごとに分解可能で持ち運びに適している。奈良時代に全国各地で建設された
国分寺五重塔のひな型だったという。
 国宝の仏塔一覧⇒⇒⇒ 
 
 禅室(左)と極楽堂(右)いずれも国宝の屋根
  この堂は元興寺東室南階大坊(僧坊)の一部であり、
本邦浄土六祖の第一祖である。
 智光法師が感得した浄土曼荼羅を本尊とし寄棟造りに大
改築された極楽坊本堂である。
 極楽堂、曼荼羅堂とも呼ばれ、智光の住房が前身という。
 古来浄土発祥の聖堂として名高く、内部柱に念仏講の
寄進文がある。
 堂の外観は寛元2年(1244)改修時の姿であるが、内陣
に奈良時代僧坊の身舎部を残し、西流れの屋根に見る
 行基葺古瓦は当時の前身飛鳥寺から移建の際に運ばれた
ものである。
 屋根の一部に、飛鳥、奈良時代の瓦が残る。飛鳥寺の
瓦は、百済の専門職人が技術を伝えできた日本最古の瓦。
縄を巻き付けた棒でたたいて瓦を成形した跡もある。
     
禅室―僧坊(国宝)
 この堂は元興寺東室南階大坊の4房分が残った僧坊で、禅室とも呼ばれ、念仏道場として著名であった。
鎌倉時代に改築され大仏様式の手法を軒廻りによく残している。
主要な構造部材及び礎石は奈良時代の創建当初ものが残り今も用いられている。
 奈良時代の官大寺僧坊遺構を伝え、内部の間取りに奈良ー鎌倉時代僧坊のおもかげをよく残す貴重なものである。
本堂と同様に南流れの屋根の一部に行基葺古瓦が残る。古瓦には最古の丸瓦、平瓦を含め飛鳥時代から奈良時代の
ものも伝世している。 
禅室(国宝・奈良時代) 
     26.6mに6.65mの切り妻づくりの細長い建物。
     柱・瓦・肘木などに天平式のものがあった。僧房北室の一部が鎌倉時代に改造されたと考えられている。
     屋根裏の頭貫(かしらぬき)に、飛鳥時代初頭期の586年ごろに伐採されたヒノキが使われている。
     世界で最も古いと木造建築とされる法隆寺(7世紀末〜8世紀)を約100年さかのぼり、
     世界最古の現役の木造建築部材である。
     奈良時代の718年に建立が始まり、建物は新築とされているが、少なくとも禅室は飛鳥寺からの移築の可能性がある。   
     
 法輪館(収蔵庫) 五重小塔(国宝安置)  

   
 元興寺講堂跡礎石(奈良時代)  仏足石
元興寺講堂跡礎石
 境内西側の中新屋町で平成10年に発掘されたもので、本来の位置は保っていなかったが、
出土場所や礎石の規模などから、元興寺講堂に使用されたものと考えられる。
 礎石は長さ1.5mから1.1m、幅1.2mから1.6m、厚さ0.7mから1.2m、90cmの柱座が造りだされている。
礎石の石材は三笠安山岩で、通称カナンボ石と呼ばれる硬質の自然石を利用している。
 創建当初の講堂は、間口11間で丈六薬師如来坐像を本尊とし、脇侍二躰、等身十二神将が安置されていたと伝えられる。
 元興寺の主要伽藍は境内にのこる僧坊(禅室)を除いてすべて失われたが、礎石から創建当時の元興寺を偲ぶことができる。 
仏足石
 仏足石は、釈尊の足跡で仏陀を顕す古い信仰形態をしめしている。
2千年程前のスリランカで創られた図を基に復元した今の生身仏として、日本・スリランカ友好親善の記念の2012年10月8日に
造立された。 
     
小子房(極楽院旧庫裏・北側)  小子房北向土間不動尊  
  奈良時代の東室南階大坊には北側の梁間(はりま)の狭い小子坊が附属していた。
 僧坊が中世書院化すると、小子坊は北の厨房となった。
 寛文3年(1662)現在の形に改修され台所と呼ばれ、極楽院庫裏として機能した。
 昭和40年に境内整備にともなって現在地に移されたが、今なお古材を伝えている。 
 
 かえる石(大阪城の蛙石)  浮図田(ふとでん)
かえる石
 江戸時代の奇石を集めた「雲根志」に載せられている大坂城の蛙石である。
 河内の川べりにあった殺生石だったが、後に太閤秀吉が気に入って大坂城に運びこまれたという。
 淀君の霊がこもっているとも云い、近代に乾櫓から堀をはさんだ対岸隅にあった。
 大坂城にあったころは堀に身を投げtら人も必ずこの石の下に帰ると云われた。
 縁ががあって、この寺に移され、極楽堂に向かって安置された。
 福かえる、無事かえるの名石として、毎年7月7日に供養される。 
浮図田
 2千5百余基の石塔、石仏類(総称して浮図)は、寺内及び周辺地域から集まったもので、
新たに田園の稲の如く整備した。
 板碑五輪塔を中心とした供養塔、阿弥陀仏地蔵尊等の石仏類からなり、鎌倉時代末期から
江戸時代中期のものが多い。
 中世期に当寺や興福寺大乗院関係の人々、近在の人達が浄土往生を願って、
極楽坊周辺に減罪積徳作善のため造立した供養仏塔である。  

やまと百景 秋号
 作家 中島史子
飛鳥時代の瓦と中世の民の祈りが息づく古寺

奈良町の中心として

 猿沢池の南に広がるのが奈良町。重そうな瓦

屋根、繊細な格子戸、漆喰で塗り込められた虫

籠窓など「初めて訪れるのになぜか懐かしい」

と感想を寄せられる町屋が残っています。奈良

町という行政地名があるのではありませんが

風情のある町として多くの方々を惹きつける町

です。その中心となっているのが元興寺。

元興寺の前身は飛鳥寺です。飛鳥寺は法興寺

とも呼ばれた日本最初の本格的寺院で創建のこ

とは日本書紀にも記されています。五九三(推

古天皇元)年に仏舎利を心礎に置き、完成した

のは五九六(推古天皇四)年のことでした。

日本に仏教が入ってきてから間もなくの頃のこと。

法興寺とは仏法興隆を意味するそうです。そ

の寺院が平城遷都の時に移され、元興寺となり

仏法の元を興すという意味が込められ

たのでした。歴史をたどれば、古墳時代後期か

ら連綿と続くとんでもない歴史を持つ古刹なの

ですね。

原野だった平城京の下京に建つ元興寺は広大

な境内を持つ大寺でした。

今でも元興寺にちなむ町名によってその規模

の大きさがしのばれます。元興寺町はもとより、

福智院町、地蔵町、納院町、高御門町などなど。

かつては元興寺境内にあった建物の名前が残っ

ているといいます。

それほどの大寺だった元興寺も律令制度の崩

壊、災害や兵火などで堂塔が焼かれ、復興もま

まならぬままに衰退してしまいます。やがて、

境内に人々が住みはじめ、町ができていったの

です。中新屋や芝新屋という町の名前はその名

残ですが、それは今から五百年ほども昔、新"

も奈良では五百年の歴史があるのですから大変

な町ですね。

元興寺には奈良時代の学僧智光が描かせた智

光曼荼羅と呼ばれる阿弥陀浄土図があったそう

です。平安時代末の末法思想が広まるにつれて、

来世での往生を願う浄土信仰が広まっていきま

した。元興寺は官寺としての存在から民間信仰

に支えられる寺として新たな歴史を刻み始めて

いったのです。原本の智光曼荼羅は土一揆で焼

失しますが、あらたに描かれ、今に伝えられて

います。

元興寺の伝説

 奈良時代、元興寺には、智光と禮光という優

れた学僧が修行の日々を送っておられました。

ある時から禮光は修行を怠るようになり、間も

なく亡くなられます。不思議に思っておられた

智光は、極楽へ行った夢を見られたそうです。

それはまさに阿弥陀経に説かれた極楽浄土その

ままの壮麗な世界でした 。その世界で、智光は

禮光に会ったのです。智光は「あなたは亡くな

られる前、修行も怠りがちだったのにどうして

こんな素晴らしい所に生まれ変わられたのです

か」とお聞きになりました。すると「私は晩年、

雑念をすべて捨て、浄土へ行けることだけを念

じていたのです。」と答えられ、そこで智光は

目覚めました。今見てきた極楽浄土の様子を画

師に描かせたのが智光曼荼羅だったのです。

もうひとつは鬼のお話。

 昔、御所馬場の長者の家に賊が入ったので長

者は捕えて山から谷底へ投げ落としました。そ

の後、賊の霊は鬼となって毎夜、元興寺の鐘楼

に現れて、人々を驚かしたり、捕えたりするよ

うになったのです。当時、元興寺にいた小僧が

待ち伏せして鬼と格闘します。勝負がつかない

まま夜明け近くになりました。朝日を浴びると

鬼は消えるので慌てて逃げます。小僧はもちろ

ん追いかけます。今の不審ヶ辻子まで追うと鬼

の姿が見えません。不審ケ辻子の名前はこの時

についたとか。小僧は後に高僧となりました。

この時の鐘は今新薬師寺の鐘楼にあり、鬼と

格闘した時についた鬼の爪痕が残っているそう

です。

節分会に配られる絵馬は、杉本健吉画伯の筆

になる鬼の絵が描かれています。厄除けには

効果があるそうですよ。同じ鬼の話でも少し違

ったお話しも伝えられています。それは、「昔、

元興寺の鐘楼に悪霊の変化である鬼が出て、都

の人たちを随分こわがらせたことがあります。

その頃、尾張国から雷の申し子である大力の童

子が入寺し、この鬼の毛髪をはぎとって退治し

ました」というものです。

この話から、邪悪な鬼を退治する雷を神格化

して、八雷神とか元興神と称することになり、

鬼のような姿で表現するようになったとか。元

興寺にまつわる鬼はガゴゼとかガゴジとかガン

ゴなどと呼ばれ、日本全国にも伝わっているよ

うです。奈良町では、今でも親の言うことをき

かない子供に「ガンゴが来るよ』と言っておと

なしくさせたり、わんぱく小僧のことをガンボ

ウと君ったりするそうですが語源はこの鬼伝説

からでしょう。ガンゼない子というのは、ガン

ゼを呼ぶ必要のない子という意味だと話してく

ださった方もありました。

石仏の間には桔梗の花が揺れ

 歴史の波に激しく洗われた元興寺は、明治時

代、ついに無住寺となり八重葎に覆われるほ

ど荒廃したそうです。第二次世界大戦中、住職!

として入られた辻村泰圓さんは,荒れ果てた寺

院の復興と共に戦災孤児のための社会福祉事業

にも尽力されました。戦後、本堂解体が行われ

ると屋根裏から数万点にのぼる庶民信仰の資料

が発見されたのです。そこで、資料の整理と修

復のために元興寺文化財研究所が設立されまし

た。泰圓さんの後を継いだご子息の泰善さんは

一層の復興に尽くされています。元興寺は中世

以来庶民信仰の中核でしたから、さまざまな石

仏が極楽往生を願って持ち込まれていました。

たくさんの石仏は浮図田と呼ばれる形に並べ

られ、その間を夏の間桔梗が彩ります。鎌倉時

代から江戸末頃のものだという石仏は所を得て

清らかです。風が桔梗を揺らし、佇んでいると

時間を忘れてしまうほど、心が落ち着きます。

見上げると飛鳥時代の瓦が今も尚現役で本堂を

守って、美しいモザイク模様。こんな寺院が身

近にある幸せを感謝するばかりです。

八月二十四日は地蔵盆。境内には沢山の灯明

皿が並べられ、灯りが点されます。灯明皿には

それぞれの願い事。千万の願ごとを預かった石

仏のお顔はきりりと見えます。今年もまたあの

夢のような灯を見に出かけましょう。



























塔跡

 基壇と17個の礎石を残す。高さは約50mで興福寺の塔とほぼ同じ高さであった。その巨塔が安政6年(1859)
に、近隣の民家火災で全焼した。本尊であった薬師如来は辛うじて救出され、奈良国立博物館に寄託、公開されている。
 北側に仮堂の本堂がる。
 飛鳥にある飛鳥寺(法興寺)が平城遷都と共にここに移され、名を改めた。
 南都の七大寺の一つとして、法相宗の学問所となり、広大な寺域に金堂、講堂、宝塔、僧坊が建ち並び、中世以降は興福寺
東大寺と並ぶ勢力を持っていた。
 室町末期の宝徳の土一揆と幕末安政の火災ですっかり廃絶した。
























.