横大路(よこおおじ)地図

 奈良盆地の中央を東西に横断する直線の官道。名称の初見は建久四年(1193)の文書であるが、道そのものの造営は「日本書紀」推古天皇二十一年(613)十一月の条「難波(なにわ)より京に至るまでに大道を置く」とある大道をこの横大路にあてるのが通説である。
 京は、推古天皇の宮居のあった小墾田宮ととれる。桜井市付近にあった磐余の諸宮の位置など考えると、横大路は推古朝以前から通じていたと推定する説もある。もしそうならば、推古紀の記事は、すでにあった道路を修復したか、道幅を広げ、官道として整備したと解釈もできる。 
 奈良県内のルートは當麻町の長尾神社付近から大和高田市、橿原市の中心部をとおり、桜井市仁王堂の小西橋に至る約13km。この道を西行すると當麻道となり、竹之内峠を越えて太子町から天王寺に至る。
 一方東進すると名張から伊賀、鈴鹿方面に至る道と伊勢神宮に至る伊勢道に分かれる。

 チマタ⇒⇒⇒
下ツ道 中ッ道 上ッ道⇒⇒⇒
丸山古墳⇒⇒⇒
太子道(筋違道)⇒⇒⇒
横大路⇒⇒⇒
竹ノ内街道⇒⇒⇒
奈良盆地の古道と都⇒⇒⇒ 
日本遺産⇒
 レンガの下1.2mのところに藤原京の
横大路北側溝跡(幅2m)。
横大路は30〜40m程の幅をもつ
幹線道路であったと考えられている。
   
  地図  藤原京横大路北側溝跡
 
 江戸時代札の辻(八木札の辻)⇒⇒⇒
 地図

下つ道に残る建物。
 下つ道と横大路が交差した
場所で札の辻といわれる。
この一帯の水は、
金気のある水であったが、
この辻に良質の水が出る
井戸があった。
 さらに、一つ南(下つ道)の辻
にもあった。⇒⇒⇒
 横大路と下つ道の交差点から、
下つ道を南に見たところ。
この延長に、おふさ観音寺
さらに下つ道の突き当たりである
丸山古墳
がある。
  地図
   
  太神宮 : 天照大神をまつる神宮,すなわち皇大神宮、また、皇大神宮と豊 受大神宮とをまとめた,
        伊勢神宮の称。
明和8年(1771)に建立されたと考えられ
太神宮灯籠としては、最もふるいものの
ひとつとされている。
 地図

横大路にある民家 横大路から耳成 太子駒つなぎの石
 「太子は、単に通勤のためにのみ太子道を歩まれたのではなく、百姓たちの耕作や生活など民情視察のため、
慈悲の心から時には回り道(香久山の方を通られるのは、
確かに筋違道よりも遠回りとなる)をしてでも、日によっていろいろな道を通られたのではないでしょうか。
そういうことを考えさせられる芹摘姫説話である。
この膳夫(かしわで)から北西耳成山の南東の麓に一本水という村がこの地です。
 太子が通勤の途次馬をとめてつながれたという。
太子駒つなぎの石である。
太子が御乗馬をつながれたと伝えられています。」
 
 太子道⇒⇒⇒
祭神 
 菊理姫命
地蔵寺にあった白山神社も合祀されている。

地図
祭神
 大物主櫛甕玉命
(おおものぬしくしみかたまのみこと)
当社は直ぐ南側を横大路が通り、
西側を壬申の乱でも知られる中つ道が通る
分岐点に位置し、また三輪郷の西南の隅
にもあたる。

 三輪神社西南隅の礎石、祠の裏側にある。
ここは中つ道地図)と横大路の交差した場所にあたる。
 現在の定説では、藤原京域の北東角に位置する。
 この礎石は(写真下)、直径140cm、円座直径110cm、厚み40cmの花崗岩製で、
藤原京内の寺院のものを持ち出したかもしれない。
三輪神社西南隅の
礎石
中つ道北方面 中つ道南方面
かすかに見える
山は香具山
横大路東方面
左には三輪神社
横大路西方面
 この地点の中つ道は、民家が迫り道幅も狭くなっている。
三輪神社神殿 境内は掃き清められ
ている
大欅 2009-9-23
彼岸花
 江戸時代の「おかげ参り」には伊勢街道として多くの人々の目印にもなった大欅が
「大和名所図絵」にも描かれている。今は御神木として地域の人に崇められている。
   
醍醐町環濠址   地図
   
伝藤原宮海犬養門跡(あめのいぬかいもん) 地図

寺川にかかる小西橋、このまま東進すると名張、
または、伊勢方面に行く。
仁王堂、小西橋を渡り西に向いたところ。
地図
 寺川に三角の形で磐余橋(いわれ)と
小西橋(奥)がかかる。

橿原考古学研究所付属博物館⇒


























.