蘇我入鹿首塚 地図

西方に甘樫丘を望む。
飛鳥寺の西隣に花崗岩製の五輪塔が立っている。「入鹿の首塚」とよばれるものである。飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)で切られた蘇我入鹿の首が飛んできたと伝わるが、負傷した入鹿が邸宅のあった甘樫丘(正面奥)に逃げ帰る途中、ここで絶命したとの見方もある。更に⇒⇒⇒
中大兄皇子と藤原鎌足はこの蹴鞠(けまり)の場で出会い、645年に大化改新をなしとげた。この時、二人は飛鳥寺に陣をかまえ、西門から甘橿(樫)丘の蘇我入鹿・蝦夷の館をにらんでいた。672年の壬申乱の時には軍隊がうめつくした。その後は、外国使節や遠方の使者を歓迎する宴会の場所となり、噴水がおかれ、歌や踊りが満ちあふれた。西門はそんな歴史をみまもってきた。
 五輪塔は二つあった。この塔を合わせて入鹿の首塚となっている。
塔は高麗の慧慈・百済の慧聰二人の僧のもので、仏教をひろめて三寶の棟梁となった。