第26代 継体天皇(けいたい)地図

彦主人王(第一皇子)
三国振媛(垂仁天皇の七世の孫)
誕生 …450年(允恭天皇39年)       
御名・異称 男大迹(オオド)尊・彦太(ヒコフト)尊
皇后 手白香皇女(仁賢天皇の皇女で武烈天皇の姪)
皇妃 尾張目小媛 
立太子 … ―――
即位 507年(継体天皇元年)2.
在位年数 …24年
崩御 …531年(継体天皇25年)2.7(年齢82才)
皇居 樟葉宮、筒城宮、乙訓宮、磐余玉穂宮   年号 … ―――

先代の武烈天皇には子供はなく、後嗣がないので、応神天皇の五世の皇孫男大迹三国より迎え入れたといわれている。
朝廷では後嗣問題が深刻化していたので、大伴金村連は周囲と相談し、仲哀天皇の五世の孫にあたる倭彦王を迎え入れる方針をとり、兵士を遣わしたところ、倭彦王は兵士に畏怖し遁走してしまった。そのため候補にあがったのが男大迹尊(おおと)である。
情け深く堂々とした風格をもっているので、皇統を嗣ぐにふさわしいと考え、大伴金村は物部麁鹿火(モノノベノアラカヒ)大連や許勢男大臣に諮って合意を得三国に迎えに行った。最初は即位について固辞したが、河内馬飼頸荒籠が間を取り持ちようやく申し入れを受諾し、樟葉宮(楠葉宮)で即位した。その後筒城宮(綴喜宮)、乙訓宮(弟国宮)を経由して磐余玉穂宮に入り、大和入りを果たした。即位して約20年かかった。
治世中、筑紫国造磐井が新羅の勧めをうけ謀反した。これに対し物部麁鹿火大連を遣わして磐井を討った。
○磐井の乱は、古墳時代最大の内戦といわれる。大和王権の継体天皇(大王)と北部九州の首長・磐井が激突した。磐井の乱に勝利し3年後に没した。
○磐井は継体の大和入りの翌年、朝鮮半島に渡ろうとする大王軍の渡海を妨害し、継体が派遣した物部麁鹿火(あらかい)と戦って敗れた。この戦いで、大王による地方支配が確立したとされる。
天皇と宮の名⇒⇒⇒
手白香皇女⇒⇒⇒
衾田陵(西殿塚古墳)⇒⇒⇒
陵墓名 三島藍野陵  大田茶臼山古墳   前方後円墳
所在地 大阪府茨木市太田三丁目

御陵は富田台地上に造営され、応神天皇陵陪墳とされる墓山古墳等と築造企画がほぼ同一である。墳丘の規模や形態等から五世紀前半代に比定出来るものであり、その年代観から明らかに不適当である。これより東方約1kmの高槻市に所在する今城塚が最もふさわしい古墳と思われる。西向きの前方後円墳で二重濠、全長190m、周濠を含めると約350mにも達する。出土埴輪からも大王陵と考えられている。

御陵は東南面する巨大前方後円墳で、全長226m、後円部径135m、高さ19m、前方部幅147m、高さ20mの規模で、三段築成、くびれ部が両側に造り出しを付加する。整美な馬蹄形周濠がめぐっている。八基の陪墳があり、人物・馬形埴輪・須恵器もあり、五世紀後半の時期に比定され、北摂最大の前方後円墳である。 
 考古学者が真の継体天皇陵と考えているのが、隣接する高槻市の今城塚古墳(全長約190m、6世紀前半)。現地には歴史館と古墳公園からなる「いましろ大王の杜(もり)」がある。
 今城塚古墳の石棺の一部とみられる大きな石材が近くの寺跡で見つかっている。熊本産の石をくりぬいて作った家形石棺の側壁か底部とみられている。熊本産は熊本特有のピンク色の凝灰岩。長さ110cm、幅66cm、厚さ25cmの板状で重さ約250kg。

 陵墓以外にもゆかりの地は多い。出生地と目される滋賀県高島市にあるのは一族の墓の可能性がある鴨稲荷山古墳。一方、福井市足羽山の足羽神社は継体天皇を祭る。同山頂には継体天皇像がある。 



























,